▼口座開設数急上昇中!リップルの取引も出来る▼

GMOコインの入金について徹底解説!~手数料や反映時間などあらゆる疑問にお答えします~


仮想通貨取引を始めるには、GMOコインの口座に日本円を入金する必要がありますね。

GMOコインの口座への入金方法には大きく分けて2種類あり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

この記事を読めば状況に応じた適切な入金方法を理解することができるようになりまよ。

GMOコインの特徴をおさらい

リップル 買うなら GMOコイン
軽くGMOコインの特徴をおさらいしておきましょう。

GMOコインは、GMOインターネットグループの傘下である「GMOコイン株式会社」が運営している仮想通貨取引所です。金融庁が発表している「仮想通貨交換業認定業者」に登録されているので、安心して利用できます

ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの主要コインは概ね扱っており、仮想通貨FXや最大10倍のレバレッジ取引が利用できるという点も大きな魅力です。

取引画面が簡単で利用しやすいと評判で、非常に人気の高い取引所ですよ!

また私は、ビットコインの取引所としてGMOコインを一番におすすめしています。以下の記事を参照してください。

GMOコインの入金方法は2種類ある


それでは本題に移ります。

記事の冒頭でも軽く触れたように、GMOコインの入金には2通りの方法があります。
1つは「即時入金」という方法で、もう1つは「振込入金」という方法です。

この項目ではそれぞれの入金方法の特徴を説明していきます。

即時入金

「即時入金」というのは、特定のネットバンキングと入金額を指定するだけですぐに入金が行われるという非常に手軽な入金方法です。「即時」という文字通り入金がすぐに反映されるのが特徴です。

次の項目で述べる「振込入金」よりはるかに便利なサービスなので、本来ならばその分手数料が発生するのですが、なんとGMOコインでは即時入金の手数料が無料なんです!
よって、GMOコインでは全ての入金を即時入金で行っても何ら問題はありません。

GMOコインの即時入金に対応している銀行を以下にまとめました。即時入金を利用するにはこれらの中に最低1つは口座を持っている必要があります。

即時入金に対応している銀行一覧
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行
  • Pay-easy(ペイジー)
    ↓↓Pay-easy対応のネットバンキング一覧↓↓
    ・みずほ銀行
    ・三井住友銀行
    ・三菱UFJ銀行
    ・りそな銀行
    ・埼玉りそな銀行
各銀行での入金方法の詳細を以下の表にまとめてみました。

入金方法反映時間受付時間入金手数料最低入金額最高入金額
楽天銀行
住信SBIネット銀行
ジャパンネット銀行
即時
(*1)
24時間
365日
(*2)
無料1,000円1,000万円
Pay-easy
(5行共通)
999,999円

*1:利用環境や状況によって多少の時間がかかる場合もありますが、基本はすぐに反映されます。振込入金よりは確実に早いです。
*2:毎月第3日曜日の3:00~6:00と、各金融機関の利用時間外はサービスが利用できないので注意が必要です。

上記の表のように、即時入金では1回の入金に限度額が設定されているので注意が必要です。

即時入金の特徴

  • 24時間365日、入金がリアルタイムで反映される。
  • GMOコインの場合は手数料が無料!
  • GMOコインが提携しているネットバンキングの口座から入金される。
  • 1度の入金は最大で1,000万円まで。

振込入金

「振込入金」とは、普段利用している銀行口座からの銀行振込によって入金する方法です。

普段から行っている振込と何ら変わらず、GMOコインの口座に日本円を振り込むという単純な作業なので、多くの人にとって馴染み深い入金方法だと思います。

入金限度額は設定されておらず、一度の入金でいくらでも入金することができます。

ただし、GMOコイン側の口座は楽天銀行なので、楽天銀行以外の銀行からの振込には振込手数料がかかってしまいます

また、即時入金とは違い、入金から反映までに時間がかかるのも振込入金の特徴です。
銀行営業日の反映時間の目安は以下の表の通りです。

受付時間0:00~9:009:00~17:0017:00~24:00
反映時間当日10:30までに反映当日90分以内に反映翌営業日10:30までに反映

*あくまで目安です。より詳しくは公式サイトを参照してください。

以上のような理由から、即時入金に対応している銀行の口座を持っていない場合や、1,000万円を超える入金を行う場合のみに利用するのが良いと思います。

振込入金の特徴

  • 楽天銀行以外からは、銀行の振込手数料がかかる。
  • 入金が反映されるまでに時間がかかる。
  • 一度の入金でいくらでも入金できる。

両者の違いがひと目で分かる比較表

入金方法即時入金振込入金
銀行口座特定の銀行のみすべての銀行
手数料無料振込手数料がかかる
入金反映時間即時最低でも約90分はかかる
入金限度額最大で1,000万円までなし

GMOコイン入金方法の解説


ここでは入金方法を詳しく説明していきます。GMOコインへ入金するには、GMOコインでアカウントを作成し、口座開設をしておく必要があります。

GMOコインでは、クレジットカードから購入する機能やコンビニ振込によって入金するといった機能はありません。以下に紹介する入金方法によって日本円をGMOコインのアカウントへ入れておく必要があります。

即時入金方法


GMOコインの「即時入金」のページから、自身が既に所有している銀行口座に合致する銀行を選択します。この際、本人名義の口座でないと正しく入金が反映されないので注意が必要です。

~楽天銀行・住信SBIネット銀行の場合~


入金額を入力するページになるので、入金したい金額だけ入力し、「入金開始」をクリックします。

「入金開始」をクリックすると、楽天銀行か住信SBIネット銀行かを選択する画面になるので、自身の口座がある方の銀行を選択します。

すると金融機関の画面に映るので、ページの指示に従って支払いの手続きをすれば完了です。

~Pay-easyの場合~


まずは入金額を入力するページになるので、入金したい金額を入力します。

「入金開始」をクリックすると、次のページで再度入金額を確認されます。金額を確認して「進む」をクリックすると3ページ目に移ります。

氏名と電話番号を確認して「入金お手続きへ」をクリックします。

最後に4ページ目で、「Pay-easyに進む」をクリックするとPay-easyのサイトに移るので、利用する金融機関を選択して支払いの手続きをすれば完了です。

Pay-easyで入金した場合、その金額分の出金が7日間制限されてしまうので注意してください。

即時入金方法

  • 対応している銀行の本人名義の口座を持つ
  • 「即時入金」のページから自身が口座を持っている銀行を選ぶ
  • 入金額を入力する
  • 金融機関のページの指示に従って入金を完了させる

振込入金方法

GMOコインの振込入金では、各利用者に個別の銀行口座(楽天銀行の口座)が割り振られています。この口座に振込を行うことで入金が反映されるようになります。


GMOコインの「振込入金」のページを選択すると、振込先の口座の情報が表示されます。自身の銀行口座からこの振込先の口座へ入金したい額だけ振込をすれば完了です。

この際、本人名義の振込でないと入金が反映されないので注意してください。第三者名義では正しく入金できません。

なお、振込入金では出金の制限がかかることはありません。

振込入金方法

  • 「振込入金」のページから振込先の口座情報をチェック
  • 自身の銀行口座から本人名義で入金したい金額だけ振り込む
  • 銀行の営業時間に応じて入金がGMOコインへ反映される

GMOコイン入金の手数料と反映時間

この項目では、入金方法を選ぶ上で肝となる手数料と反映時間について再度まとめています。一目で分かるようにまとめているので、忘れたときにはこの項目に戻って確認してみてください。

入金手数料

入金方法即時入金振込入金
手数料無料楽天銀行は無料
その他は、銀行の振込手数料のみ

入金反映時間

入金方法即時入金振込入金
反映時間数秒平日9~17時は90分以内
その他の時間帯は、翌営業日の10時半

よくある疑問・質問

入金が反映されないのは何で?

1、金融機関の受付期間外である
振込入金では、送金元の銀行の営業時間外に入金しても翌営業日までは入金が反映されません。

またこれは余談ですが、即時入金では、毎月第3日曜日の午前3時~午前6時の間はシステムメンテナンスが行われる為に入金自体ができなくなります。

2、金融機関が混雑している
時間帯や状況によっては、金融機関の混雑によって入金の反映が遅れている可能性があります。

3、名義が一致していない
即時入金では、入金元の銀行口座の名義とGMOコインに登録した名義が一致していないと入金が反映されません。第三者名義の口座からでは入金できません。

また、振込入金では本人名義での振込でないと入金が反映されません。いずれも注意してください。
4、その他
以上の項目をチェックしても問題が見当たらない場合は、GMOコインの問い合わせフォームから連絡してみると良いと思います。

土日も入金できるの?

入金自体はできますが、入金方法によって反映の時間が異なります。

即時入金の場合は入金がすぐに反映されますが、振込入金の場合は翌営業日の10:30まで入金が反映されません

ペイジーって?

ペイジーとは、各種料金の支払いをパソコンやスマートフォン、ATMから支払うことができるサービスです。

GMOコインの即時入金もペイジーで行うことができ、「みずほ銀行」「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」のネットバンキングが対応しています。

ゆうちょダイレクトで入金できるの?

2018年10月現在、GMOコインではゆうちょ銀行経由の即時入金はできません

以前は可能であったようですが、2018年3月15日より不可能になってしまいました。

一部の記事ではゆうちょダイレクトでの入金もできると書いてあるものもありますが、現在はできなくなってしまっているので注意してください。

まとめ GMOコインを利用しよう!


GMOコインの入金について解説してきました。

GMOコインの入金に関しては、手数料が無料かつすぐに入金が反映されるので圧倒的に即時入金の方がメリットが大きいです。即時入金対応の口座がない場合には作ることをオススメします。

↓↓早速、GMOコインを利用して入金してみましょう↓↓

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。