▼口座開設数急上昇中!リップルの取引も出来る▼

BitMEX(MEX、ビットメックス)の手数料を徹底解説!節約方法を知らないアナタは損してるかも?

「BitMEX(MEX、ビットメックス)を使いたいけど、手数料が結構かかるんじゃないか心配〜」

とお思いではありませんか?

たしかに、手数料が結構高くて知らない間に損をするのは嫌ですよね。

そこで今回、BitMEXの手数料がどれほどかかるのか紹介していきます。

また、手数料を節約するコツも解説していきます。

この記事を読んだアナタは、もう手数料で損をすることはないでしょう。
BitMEX
詳細はこちら

BitMEX(MEX、ビットメックス)の手数料を紹介

手数料一覧表

Maker手数料Taker手数料資金調達手数料入金・出金手数料ポジション決済手数料
-0.025%0.075%-0.375〜0.375%無料0.05%

参考記事『仮想通貨・ビットコイン取引所手数料比較!初心者が最も注目すべきポイントを解説

Maker(メイカー)手数料

指値注文、ストップ指値注文のときにかかる手数料です。

Maker手数料は-0.025%です。取引額に対して0.025%分がキャッシュバックされるという制度になっています。

Taker(テイカー)手数料

成行注文、ストップ成行注文のときにかかる手数料です。

Taker手数料は0.075%です。取引の額に応じて手数料がかかるので、取引額が大きいと手数料で取られる額もその分大きくなります。

資金調達手数料

8時間ごとに、その時持っているポジションに対して取られる手数料です。

-0.375〜0.375%の間で変動します。

資金調達手数料

  • 資金調達率がプラス:ロングは手数料を支払う、ショートは手数料をもらう
  • 資金調達率がマイナス:ロングは手数料をもらう、ショートは手数料を支払う

資金調達率は取引画面左下で確認できます。

入金・出金手数料

BitMEXに取られる手数料は無料です。

しかし、送金の際にマイナーに支払う手数料はかかるので注意しましょう。

ポジション決済手数料

決済した額に対して手数料がかかる手数料です。

決済手数料は0.05%です。

BitMEX(MEX、ビットメックス)の手数料を圧倒的に節約する3つのコツ

資金調達手数料に気をつける

資金調達手数料は、日本時間5時、13時、21時の8時間ごとにかかります。

資金調達手数料がかかるタイミングで、手数料をもらえるポジションに乗り換えるのが一番の手数料対策になります。

しかしどちらのポジションがいいのかを見極めるのは難しいので、手数料がかかるタイミングにはポジションを持たないのがいいでしょう。

指値注文を使う

指値注文のときにかかるMaker手数料はマイナスなので、成行注文よりお得です。

成行注文を使わず指値注文をすることで、手数料の節約になります。

手数料を半年間10%オフにする

弊サイトからBitMEXに登録すると手数料が半年間10%オフになるキャンペーンを行っています。

指値より成行注文のほうがいいという方には特に、手数料を少しでも安くするためにもおすすめです。

まとめ

まとめ

  • 指値注文はマイナス手数料
  • 成行注文は手数料がかかる
  • 手数料を節約する方法は簡単に実践できる

この記事を読んだアナタは、もう手数料負けせずに済むのではないでしょうか。

賢くドンドン手数料を節約できるでしょう!
BitMEX
公式サイトへ

参考記事『ビットコインFXの取引所を紹介!選び方のポイントと一番オススメの取引所を教えます

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。