▼口座開設数急上昇中!リップルの取引も出来る▼

ウェブウォレットとは?特徴を他の種類と比較して解説!使う必要がないことも発覚!

ウェブウォレットとは
「ウェブウォレットってどういうものなの?」

と思っている方は多いかと思います。

たしかにウォレットは種類が多く名前も似たようなものが多いのでよくわからなくなりますよね。

そんなアナタのためにこの記事ではウェブウォレットがどのような特徴やメリット・デメリットがあるのか、他のウォレットと比較を交えながら解説していきます。

どのような方におすすめなのか、そもそも使う必要があるのか?ということも説明していますよ

ウェブウォレットとは

そもそもあまりおすすめできない

ウェブウォレットは、、、

  • 資産をスムーズに動かしたい人向け
  • セキュリティを重視する人には向いていない

ウェブウォレットは常にオンラインで管理される、ホットウォレットと呼ばれるタイプのウォレットです。

そのため資産をすぐに動かすのには適していますが、ハッキングされて奪われるといったセキュリティの問題が生じます。

取引所のウォレットとの違いは、こちらで説明するウェブウォレットの方がセキュリティが少し弱いということだけです。

資産をすぐに動かすという性能をウォレットに求める方は、よほどのことがない限り取引所のウォレットを使えばいいと私は思います。

取引所のウォレットはGMOコインがおすすめです。GMOコイン
詳細はこちら

概要・仕組みを説明

ウェブウォレットは、サービスの運営者のサーバーの中で管理されるタイプのウォレットです。

実は取引所のウォレットもウェブウォレットのひとつです(解説の便宜上区別していますが)。

資産の管理は全て運営が行うので、セキュリティの強さなど自分の資産が安全かどうかは全て運営次第です。

サービスにアクセスできる環境さえあれば、端末は関係なく操作ができるので使いやすいです。

ウェブウォレットを他のウォレットと比較

作りやすさ使いやすさセキュリティ独自の特徴
ウェブウォレット管理が簡単
取引所のウォレット◎口座開設で作成完了
デスクトップウォレット大容量PCが必要
モバイルウォレットアプリで簡単に使える
ペーパーウォレット紙に秘密鍵を書いて保存
ハードウェアウォレットハッキングのリスクなし

ウェブウォレットのメリット

アカウント管理が簡単

自分で特にセキュリティ対策やサーバーの対策をする必要がありません

メールアドレスとパスワードだけあれば管理できるので、非常にお手軽です。

他のタイプだと、持ち運びができなかったり自分でセキュリティ対策をしなければならないものもあり、なかなか使いづらいです。

入金・送金が素早くできる

常にオンラインなので、資産をすぐに移動できます。

急な価格変動でトレードをしたくなったときや、ビットコインで決済するときも素早く使うことができます。

ウェブウォレットのデメリット

カウンターパーティリスクが大きい

カウンターパーティリスクとは、あるもの(この場合ウォレットの運営会社)に完全に依存することによって発生するリスクのことです。

例えば、私たちがお金を預けている銀行が潰れてしまったら私たちはそのお金を失ってしまいますよね。

普段私たちはカウンターパーティリスクを負いながら銀行を使っているのです。

銀行の例と同じように、ウェブウォレットの運営にトラブルがありもし潰れてしまったら、そのウォレットに預けていた資産を全て失うことになります。

そして、銀行はこのカウンターパーティリスクが小さいのに対して、ウェブウォレットの運営会社は完全に信頼できるほどしっかりしていないのでリスクが大きいです。

ハッキングリスクが大きい

オンラインで管理するホットウォレットなので、オフラインで管理するハードウェアウォレットやペーパーウォレットに比べるとハッキングのリスクがあります。

ホットウォレットの中でも、取引所のウォレットやモバイルウォレットに比べるとセキュリティが弱いので、ハッキングで資産が流出するリスクは小さいとは言い切れません

ウェブウォレットを使うときの注意点

1つのウォレットに資産を集中させない

資産を集中させたウォレットが何かしらのトラブルでなくなってしまうと、資産を完全に失ってしまいます。

その上ウェブウォレットは資産を失うリスクが他のウォレットに比べて大きいので、複数のウォレットに分散させる必要性がより大きいです。

運営会社の情報を追おう

運営会社が安定しているとは限らないウェブウォレットなので、情報は常に気にしておくようにしましょう。

運営の雲行きが怪しくなったらすぐ資産を別のところに避難させましょう

人気ウェブウォレット2つを紹介

Blockchain.info


ビットコインに対応したウェブウォレットの中で唯一日本語に対応しているのがメリットです。

イーサリアムにも対応しているので、どちらも一緒に保管したいという方にはいいかと思います。
Blockchain.info
詳細はこちら

BitGo


BitGoは、マルチシグを導入しセキュリティ対策に力を入れたウォレットです。

23通貨に対応しているため、たくさんの通貨を保管したい人向けです。

また、SBIなどの大企業が出資しているためある程度の信頼感はあります。
BitGo
詳細はこちら

まとめ

ウェブウォレットまとめ

  • 資産をスムーズに動かしたい人には向いてる
  • 資産を失うリスクは大きい
  • 私はあまりおすすめしない

ここまでウェブウォレットの特徴を説明してきましたが、取引所のウォレットの下位互換という印象が強いです。

取引所のウォレットはウェブウォレットと同じメリットを持ち、デメリットのリスクも小さいです。

ウェブウォレットを使うのはおすすめしません。取引所のウォレットを使いましょう。

取引所のウォレットはGMOコインがおすすめです。
GMOコイン
詳細はこちら

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。