ウェブウォレットとは?特徴やメリット・デメリットを分かりやすくまとめてみた!

取引所人気ランキング(上位3社)



「ウェブウォレットってどういうものなの?」

と思っている方は多いかと思います。

たしかにウォレットは種類が多く名前も似たようなものが多いのでよくわからなくなりますよね。

そんなアナタのために、ウェブウォレットがどのような特徴やメリット・デメリットがあるのか、他のウォレットと比較を交えながら解説していきます。

ウェブウォレットとは

ウェブウォレットとはウェブウォレットは、サービスの運営者のサーバーの中で管理されるタイプのウォレットです。

常にオンライン上で管理されているため、取引をスムーズに行うことができる長所や、ネット攻撃に弱いという短所などを持ち合わせています。

今回はそういったメリットやデメリットを詳しく解説していきます。

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
取引所のウォレットもウェブウォレットに含まれています。
ウェブウォレットの方が若干セキュリティが弱いという違いがありますが、基本的な性質はほぼ同じです。

ウェブウォレットのメリット

メリット

  • アカウント管理が簡単
  • 入金・送金が素早い
  • いろいろな端末での使用が可能

アカウント管理が簡単

アカウント管理が簡単

ウェブウォレットでは、自分でセキュリティ対策やサーバーの対策をする必要がありません。

ですので、最初にセキュリティ対策の整ったウォレットを選ぶのが重要です。

IDとパスワードさえあれば、資産を管理できるので非常にお手軽ですね。

入金・送金が素早い

入金・送金が速い

ウォレットが常にオンライン状態にあるため入金・送金をスマートに行うことができます。

ビットコインでの決済も素早く行うことができますし、急な価格変動にも対応がしやすいです。

ウェブウォレットは取引を頻繁に行う人に向いていると言えますね。

いろいろな端末での使用が可能

いろいろな端末で使用可能

インターネットに接続できる端末なら、パソコンでもスマホでもウォレットにアクセスできます。

スマホなら持ち運びが可能なので、もし突然自分の持っている通貨の価値が急落してもすぐに対応できるので安心ですね。

ウェブウォレットのデメリット

デメリット

  • 運営会社の倒産の可能性
  • ハッキングによる被害
  • アクセス障害によるリスク

運営会社の倒産の可能性

信用できる会社を見つける

例えば、アナタが利用しているウェブウォレットの運営会社が倒産してしまったとします。その場合、ウォレットに預けていたアナタの資産は戻ってこない可能性が高いのです。

このようなリスクを軽減するには、複数のウォレットを利用して資産を分散するか、運営会社に依存しないハードウェアウォレットペーパーウォレットなどと併用すると良いと思います。

ハッキングリスクによる被害

ハッキングのリスクウェブウォレットはインターネットと繋がっているホットウォレットなので、常にハッキング危険にさらされています。

実際に、マウントゴックス事件コインチェック事件など、巨額の仮想通貨がハッキングによって流出した事件では、このホットウォレットが狙われました。

ですので、ウェブウォレットを選ぶ際には出来るだけセキュリティの厳重なところを選ぶようにしましょう。

アクセス障害によるリスク

アクセス障害のリスクいくらセキュリティが強固なウェブウォレットを利用していても、そのサイトに接続できなければ、アナタは預けている資産を動かすことはできません。

もしその間に急な価格の変動が起きたときに対処できない可能性があるのです。

ですので、1つのウォレットに大金は預けず、必要最低限な分だけ入れておくのが無難でしょう。

対応通貨が少ない

対応通貨が少ない

ウェブウォレットは基本的に対応通貨が少ないです。

1つの通貨のみを保管したい場合は気にならないかもしれませんが、複数の通貨を扱いたい方にとっては使いにくいかもしれません。

ウェブウォレットを使うときの注意点

注意点

  • 資産は一箇所に集めない
  • 運営会社の情報収集
  • 類似サイトに注意
  • 使用端末のウイルス感染に注意

資産は一箇所に集めない

資産は分散する

先ほども説明したように、ウェブウォレットにはハッキングや運営会社の倒産などのリスクがあります。

一箇所のウォレットに集中させていた資産が、ウォレットのトラブルで全部戻ってこなくなった…なんてことになったら一巻の終わりですよね。

そのような事態を避けるためには、複数のウォレットを使って資産を分散させることが重要です。

運営会社の情報収集

情報収集大事

自分が利用しているウェブウォレットの運営会社の情報は常に気にしておきましょう。

「気づいた時には運営会社も自分のお金も全部なくなってた…」なんて笑えませんからね。

もし、運営会社の雲行きが怪しくなってきたら早めに資産を避難させるのが良いと思います。

類似サイトに注意

偽サイトに注意

ウェブウォレットのサイトと酷似した、偽サイトがある場合があります。

もしそのサイトでIDやパスワードを入力してしまうと、その情報を使ってアナタの資産が盗まれてしまう危険があるのです。

ウェブウォレットに登録するときに、あらかじめそのサイトをブックマークして保存しておくのが対策としては有効だと言われています。

使用端末のウイルス感染に注意

デバイスのウイルス感染に注意

アナタが使用している端末がウイルスに感染していたら、いくら偽サイトに注意していても意味がありません。

ウイルス感染した端末でサイトにログインした瞬間に、その情報が第三者に筒抜けになっている可能性があります。

専用のソフトを使って普段からウイルス対策を行っておくことが大切です。

人気ウェブウォレットを紹介

Blockchain.info

blockchain.infoBlockchain.info日本語に対応しています。日本語に対応しているウェブウォレットは少ないので日本人には非常にありがたいですね。

二段階認証バックアップフレーズの設定といったセキュリティ対策をすることが出来ます。

イーサリアムやビットコインキャッシュに対応しているので、どちらも一緒に保管したいという方にはいいかと思います。
Blockchain.infoの
公式サイトはこちら

BitGo

bitgo
BitGoは、複数の秘密鍵でウォレットを守るマルチシグというシステムを導入しており、セキュリティ対策に力を入れたウォレットです。

ビットコインを始め、イーサリアム・リップル・ステラ・ダッシュといった10種類の通貨に対応しています(ERC20トークンを除く)。

また、SBIホールディングスなどの大企業が出資しているため、ある程度の信頼感はあります。
BitGoの
公式サイトはこちら

ウェブウォレット:まとめ

ウェブウォレットまとめ

  • 取引をスムーズに行いたい人には向いてる
  • 資産を失う可能性は高い
  • リスクを軽減することはできる

ウェブウォレットは取引がしやすかったり、資産管理が楽といった利点がありますが、運営会社に依存していることや第三者による不正アクセスなどのリスクがかなり高いということも忘れてはいけません。

これらのリスクを回避するためにも、運営会社の情報収集資産の分散投資はしっかりと行った方が良いでしょう。

また、取引所のウォレットはウェブウォレットの長所も持ちながら、コールドウォレットの導入によって短所の部分もカバーしているので、使いやすく安全性が高いです。

取引所で代表的なCoincheck(コインチェック)のウォレットは、過去の教訓からセキュリティ対策がかなり強固なものとなっています。取引所のウォレットならCoincheckを選んでおけば、まず間違いないと思いますよ!
Coincheckで
ウォレットを作成する!