イーサリアム(ETH)とは?優れた3つの仕組みと今後・将来性を明快に解説

アイキャッチ画像

取引所人気ランキング(上位3社)

人気の仮想通貨イーサリアム(ETH)について、その優れたシステムと高い将来性を解説いたします。

イーサリアムが、「人気で時価総額も高い、将来性もある仮想通貨である」と認識している方は多いと思いますが、その理由までしっかりと答えられる方は少ないのではないかと思います。

この記事では、なぜイーサリアムが人気なのか、なぜ将来性が高いと言われているのか、どんな仕組みやシステムを持っているのか、という疑問にすべてお答えいたします

実際に理解するのが難しい部分もあるかもしれませんが、図などを用いてなるべく分かりやすいように説明していきますね。

この記事を読んで分かること

  • イーサリアムの全く新しい優れた仕組みと高い将来性
  • 実はもう既に様々な分野において実用化されているイーサリアムを利用したDAppsの例
  • イーサリアムが今後さらに実用化を進めるに当たって見逃せないイベント

イーサリアム(ETH)とは

これだけは知っておこう

  • 現在時価総額3位の仮想通貨であり、非常に将来性があると言われている
  • 分散型アプリケーション(DApps)を作るためのベースとなる機能を備えている
  • スマートコントラクトにより「自動かつ改ざん不可能」という新たな契約の形が実現できる

イーサリアムは、現在時価総額3位で非常に将来性があると言われている仮想通貨です。

イーサリアムの仕組みはビットコインなどと比較して難しいですが、基本となるシステムや技術が大まかにでも理解できればその全体像も見えてくると思います。

以下でイーサリアムの仕組みをできるだけ分かりやすく説明していきますね。

サービスやアプリ開発に特化したシステム

リップルが「送金・決済に特化した仮想通貨」と言われるように、イーサリアムを一言で表すならば、「サービスやアプリケーション開発のためのプラットフォーム」という言葉が当てはまると思います。

イーサリアムブロックチェーンは、ビットコインのブロックチェーンを拡張することによって開発されました。
ビットコインのブロックチェーンでは、各ブロックに主として取引データのみしか記述されませんが、イーサリアムブロックチェーンでは、各ブロックに取引データ以外の内容も記述することができるのが特徴です。

イーサリアムブロックチェーンのイメージ
上の図はイーサリアムのブロックチェーンのイメージです。

後ほど説明する分散型アプリケーション(DApps)やスマートコントラクトでは、すべて上記のようなイーサリアムのプラットフォームを活用しています。

分散型アプリ(DApps)のプラットフォーム

DAppsの定義

  • アプリが自動で動き、完全にオープンソースであること。すべての変更においてユーザーのコンセンサスを得る仕組みであること。
  • アプリのデータや記録が暗号化され、公開されたブロックチェーン上に保存されていること。
  • 独自の暗号化トークンを持ち、アプリの利用やユーザーへの報酬にはそのトークンを用いること。
  • アプリへの貢献度を証明する暗号化アルゴリズムによってトークンが生成されること。

参考:「DavidJohnstonCEO/DecentralizedApplications(github)

DAppsの定義は上のようになります。より分かりやすいように説明していきますね。

DAppsとはDecentralized Applicationsの略のことであり、非中央集権で自律的に動くアプリケーションのことを言います。

従来のiPhoneアプリDApps
プラットフォームiOSイーサリアム
管理者アプリ運営会社いない
データ・記録運営会社のサーバーが保有ブロックチェーン上に記録
ルール・仕様運営会社が決定するユーザーの同意により変更できる

中央管理者がいなくてもアプリの運営が行われるのがDAppsの最大の特徴であり、代わりにブロックチェーンを利用することでアプリの信用と安全性を担保しています。

DApps説明
ブロックチェーンのメリットと同様になりますが、DAppsの最大のメリットは上の図のように分散してアプリの管理を行なっていることです。

分散して管理することで、サーバーが落ちにくい、中央管理者に入っていた手数料などがかからない、取引に透明性がある、ハッキングなどのリスクが低い、などの多くのメリットがあります

上記で説明したようなDAppsはクリプトキティ(ゲーム)やETHERISC(保険)など様々な形で実用化されており、今後も実用化が進むと思われます。
多くのDAppsはイーサリアムのプラットフォーム上で開発が行われているので、DAppsの利用例が増えていけばイーサリアムの需要も増加し、ETHの価格も上昇してくる可能性はあります。

そんなDAppsですが、イーサリアムのスケーラビリティ問題という大きな課題を抱えています。現状あまりDAppsが広まっていない原因としてこの問題が考えられます。スケーラビリティ問題に関しては後の項目で説明します。

新たなトークンを作るベースとなる

ERC20イメージ
上で述べたように、イーサリアムはDAppsを作るプラットフォームとなります。そのため、イーサリアムのプラットフォーム上にDAppsで用いられるトークンを作ることができます。

このようなイーサリアムをベースとしたトークンの中に「ERC20トークン」というものがあります。

「ERC20トークン」とはイーサリアムのプラットフォーム上でのみ利用されることを目的として設計されたトークンのことであり、「ERC20」という規格に即したトークンの総称です。

ERC20トークンは一定の基準を満たしているため、共有、他のトークンとの交換、送金、ウォレットでの保管などが行いやすくなります。ERC20という規格とERCトークンがあることによって皆が様々なDAppsをより利用しやすくなるというメリットがあります。

イーサリアム(ETH)の仕組みを解説

イーサリアムの通貨Ether(ETH)の役割

イーサリアムの通貨単位はETH(イーサ)です。

厳密には、イーサリアムとはプラットフォームの名前のことであり、通貨自体はEther(イーサ)と呼ばれますが、実際は通貨もまとめてイーサリアムと言うのが一般的です。

Etherの役割

  • マイナーへの報酬として支払われる
  • セキュリティ対策として用いられる

Etherは主に上の2つの役割を果たしています。

ETHを決済や送金を行う際には、少量のETHが手数料(Gas)として徴収され、このETHは、取引データの検証・承認を行うマイナーへの支払いに用いられます。(Gasに関しては後で説明します)

また、イーサリアムでは、ETHを手数料として徴収することで悪意ある参加者からシステムを保護しています。ネットワークへの攻撃者がシステムに大量に負荷をかけようとしても、それを行うには高額な手数料が必要になるので攻撃がしづらくなるという理屈です。

自動で契約を実行するスマートコントラクト

スマートコントラクトとは

  • 自動かつ正確に契約を実行するシステムのこと
  • イーサリアムブロックチェーン上に契約を記録して残すという電子的な契約書である
  • 契約にかかる費用や時間が節約でき、改ざんなどのリスクも抑えられる

「スマートコントラクト」とは、直訳すると「賢い契約」という意味になります。その名の通り、従来の契約のシステムを大きく変える可能性を持っているのがスマートコントラクトです。

スマートコントラクトでは、契約内容をイーサリアムブロックチェーン上に記録するという方法をとります。イーサリアムのプラットフォームがスマートコントラクトには必要不可欠と言えます。

以下で1つ具体例を用いて説明します。

スマートコントラクトの説明
AさんがBさんに1万円を送金し、同時に、「1年後にBさんがAさんに2万円を返済する」という契約を結んだとします。
この際、ビットコインのブロックチェーンでは黒文字の「AさんがBさんに1万円を送金」の部分を記録することしかできませんが、スマートコントラクトでは、同時に赤文字の「1年後にBさんがAさんに2万円を返済」の部分も契約として記録することができます。

ブロックチェーンは改ざんすることが非常に難しいので、一旦契約を残してしまえば改ざんすることも消滅させることもできなくなります。

このようにスマートコントラクトでは契約の際に第三者機関を必要としません。今まで契約の際にかかっていた時間や費用を削減できる上に、契約をいつでも確認できる透明性や改ざんの難しさがメリットと言えます。

スマートコントラクトを動かす燃料|Gas(ガス)

スマートコントラクトを実行するために必要不可欠なものが「Gas」です。

スマートコントラクトの正確性や安全性を保つためには、マイニングのための膨大な計算量と攻撃から守るためのシステムが必要となります。これらの課題を解決するために設けられた仕組みがGasです

Gasは簡単に言うと、1つの計算の単位です。GasとETHの間には為替レートのような交換のレート(GasPrice)が定められています。

各マイニング作業には特定の仕事量(Gasの量)が定められており、「仕事量」×「GasPrice」の計算によってマイナーへの報酬(GasFee)が定まるという仕組みになっています。

そのため、マイナーにとってはGasが計算量と報酬の目安にもなります。

スマートコントラクトを始めとするイーサリアムの「システムを動かす燃料」であるために、Gasと言われています。

イーサリアム(ETH)の今後の予定

4段階のハードフォーク

ハードフォークとは、簡単に言うとブロックチェーンなどのシステムをアップデートするために仕様の変更を施すことです。

主な目的はシステムの修正・強化、処理スピードの向上、マイニング方法の変更などです。

イーサリアムのハードフォークアップデートにおいては、開発者全員の同意の元で行われるので、ビットコインのようにブロックチェーンが分岐して新たな通貨が誕生するといったことはありません。

イーサリアムは、そもそも4段階のハードフォークアップデートを前提として開発が進められてきました。

4段階のハードフォーク

  • Frontier:イーサリアムを公開するためのアップデート
  • Homestead:イーサリアム上でのアプリ開発を促進するためのアップデート
  • Metropolis:スマートコントラクトの利用拡大と匿名性強化のためのアップデート
  • Serenity:Proof of Stakeへの移行のためのアップデート

このうちFrontierは2015年7月に、Homesteadはは2016年3月にそれぞれ行われました。

また、Metropolisはアップデートの内容が多いのでByzantiumとConstantinopleの2つに分かれており、このうちByzantiumに関しては2017年10月に実施されました。

残りのConstantinopleに関しては2019年1月の実施を予定しており、Serenityに関しては時期未定となっています。

スケーラビリティ問題の解決

現在のイーサリアムの重要な問題点として、スケーラビリティ問題が挙げられます。

スケーラビリティ問題を簡単に説明すると、イーサリアムが普及してトランザクションの量が膨大になってきた時に、取引の承認速度が追いつかなくなってしまい、送金の遅延や手数料の高騰といった問題が起こってしまうということです。

送金詰まりの説明
このことは、1つのブロックに取り込めるトランザクションの量が決まっているために起こります。通常イーサリアムの新たなブロックは15秒ほどで生成されますが、その15秒の間により多くのトランザクションが生じてしまうと、ブロックに入りきらなかったトランザクションは次のブロックを待つことになります。これが酷くなると何十個、何百個も先のブロックを待たなければ行けなくなり、數十分も待つことになってしまうのです。

このようなスケーラビリティ問題ですが、解決に向けた複数の手法が現在も開発中です。ここでは主な技術を4つ取り上げて紹介します。

4つの解決策

  • Plasma:トランザクションのうち不必要な部分を記述するサイドチェーンを生成し、メインチェーンの情報量を削減しようとするもの
  • Raiden Network:取引の途中経過を記録せず、最終的な結果のみをメインのブロックチェーンに記述することで高速化を図ろうというもの
  • Casper:承認の仕組みをPoSにすることで検証作業にかかる時間を削減し、ブロック生成時間を早めようというもの
  • Sharding:処理すべきトランザクションをいくつかのシャードに分割し、並列処理をすることで処理速度を上げようというもの

かなり大雑把に説明しましたので、気になる方はご自身で調べてみてください。

これらの技術はまだ開発途中ですが、実装されればイーサリアムの処理能力が大いに向上することになると思います。今後も開発の動向に注目していきましょう。

イーサリアム(ETH)によって世界はどう変わるのか|将来性を解説

ここまで見てきたように、イーサリアムの技術は非常に画期的で素晴らしいものと言えると思います。

現状では抱えている問題もありますが、それらが解決されればイーサリアムが高い評価を受けるようになるかもしれません。

ここではイーサリアムの高い将来性を解説していきたいと思います。

イーサリアムの将来性

  • 計画的なハードフォークにより機能の改善と実用性の向上が約束されている
  • DAppsは多くの分野での活用が期待できる
  • EEA(イーサリアム企業連合)に数多くの企業が参加している

なお、『イーサリアム(ETH)の今後・将来性を解説!価格予想を含めた今後の展望も紹介』という記事でより詳細に解説しているのでこちらも併せて参照してくださいね。

計画的なハードフォーク

先ほども述べましたが、イーサリアムは段階的にアップデートを重ねて機能を向上させています。

時期が未定な部分もありますが、アップデートがあること自体が約束されているのは将来に期待が持てる1つの要因になりますね。

実際、これまでもアップデートが実施される度にEtherの価格上昇が観測されており、多くの人がイーサリアムの動きに高い注目を集めていることが分かります

今後もイーサリアムのハードフォークアップデートのタイミングには着目しておくと良いと思います。

多くの分野での活用が期待されるDApps

記事の前半部分でDAppsについて解説しましたが、スマートコントラクトを利用したDAppsは非常に多くの分野での活用が期待されています。

こちらのSTATE OF THE DAPPSというサイトから実際のDAppsを確認することができます。

2018年12月現在においても1000個以上のDAppsがリリースされており、そのジャンルもゲーム、ギャンブルなどの娯楽、ウォレット、ストレージ、さらには健康や保険など実用的なものまで多岐にわたっています。

今後も分散型管理の特徴を活かした様々なアプリの開発が進んでいくのではないかと思われます。

EEA(イーサリアム企業連合)に多くの有名企業が参加

EEAイメージ
EEA(イーサリアム企業連合)とは、2017年2月に設立され、イーサリアムのスマートコントラクトを企業レベルでビジネスに活用していくことを目的としている企業連合です。

2018年12月現在では約300の企業が参加しており、中にはマイクロソフトやJPモルガンなどの有名企業の名前もあります。

このことは有名企業をはじめとする多くの企業がイーサリアムやスマートコントラクトに注目している証でもあると同時に、企業によるスマートコントラクトの実用化が進んで実社会へと次々に応用されていく可能性を秘めていることも窺えます。

このように、イーサリアムは非常に高い将来性を備えています。
今後、アップデートが無事に終了し、スケーラビリティ問題などの課題が解決されれば、イーサリアムが一気に実用化されるようになることもあるかもしれませんね。

イーサリアム(ETH)の購入におすすめの取引所を紹介

イーサリアム 買うなら GMOコイン
ここまでの内容を読んで「イーサリアムを購入したい」という方もいらっしゃるかと思いますので、イーサリアムの購入にオススメの取引所を1社紹介しておきますね。

私たちが普段から利用するのはGMOコインです。GMOコインは東証一部上場のGMOインターネットグループ傘下である「GMOコイン株式会社」が運営している取引所であり、大手が運営しているので安心して取引を行うことができます。

取引画面も見やすく、手順がわかりやすいので、特に初心者の方にはGMOコインの利用をオススメしています。

GMOコイン
詳しく見てみる

まとめ

イーサリアムの仕組みと今後

  • イーサリアムはDApps開発のプラットフォームである
  • スマートコントラクトやDAppsは実用化も進み、さらなる活用が期待されている
  • 計画的なアップデートやスケーラビリティ問題の解決には今後も注目しておこう

以上、イーサリアムの仕組みの説明とスマートコントラクトやDAppsの高い将来性を解説してきました。

イーサリアムの機能や技術は非常に素晴らしいものであると感じており、多くの企業が着目していることからもわかるように、イーサリアムは今後さらに発展していくのではないかと思われます。

特に、ハードフォークアップデートの完了とスケーラビリティ問題の解決が見えた際にはさらに多くの人や企業がイーサリアムに注目するようになる可能性が高いですね。

イーサリアムの購入に関しては、GMOコインで購入することをオススメしています。
GMOコイン
公式サイト

初心者の方はまずこの記事を読もう

私たちが仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。