ハードウェアウォレットとは?メリット・デメリットから必要性を解説!おすすめも2選も紹介

取引所人気ランキング(上位3社)



「ハードウェアウォレットって自分が使うべきウォレットなの?」

と考えているアナタのためにこの記事を作りました。

ハードウェアウォレットは仮想通貨を最も安全に保管できるウォレットです。

ですが同時に欠点もあります。

実際どのような方におすすめなのか、メリット・デメリットを鑑みて解説します

人気でおすすめのハードウェアウォレット2つも紹介しています。

おすすめは
Ledger Nano S

ハードウェアウォレットとは

こんな人におすすめ|こんな人におすすめしない

ハードウェアウォレットは

  • 資産を安全に長期的に保管したい人には圧倒的におすすめ!!
  • 決済や送金のためにスムーズに資産を動かしたい人には向いていない

常にオンラインで資産が管理されるホットウォレットは、常にハッキングのリスクを伴っています。

ハードウェアウォレットは、オフラインで資産を管理するのでハッキングのリスクが全くありません。

安全性はウォレットの中で最も高く、投資している仮想通貨を長期的に保有したい方は使ったほうがいいです

一方、オフラインで保管しているので決済や送金などのためにすぐに資産を取り出すことはできません。

資産をスムーズに動かしたい方にはモバイルウォレットが向いています。

概要、仕組みを解説

ハードウェアウォレットは、ウォレット端末に秘密鍵をオフラインで保管する仕組みをもつものです。

USBメモリに画像データが入っているようなイメージとは違い、ハードウェアウォレットにはビットコインなどの資産は実際は入っているわけではありません。

資産にアクセスするための秘密鍵が保管されており、ウォレットの所有者だけがそれを知ります

この秘密鍵に資産を移しオフラインに切り替えると、ハッキングのリスクなく安全に管理できる仕組みになっています。

他のウォレットとハードウェアウォレットを比較

作りやすさ使いやすさセキュリティ独自の特徴
ハードウェアウォレットハッキングのリスクなし
取引所のウォレット◎口座開設で作成完了
ウェブウォレット管理が簡単
デスクトップウォレット大容量PCが必要
モバイルウォレットアプリで簡単に使える
ペーパーウォレット紙に秘密鍵を書いて保存

ハードウェアウォレットのメリット

ハッキングされるリスクが全くない

ハッキングによって秘密鍵が流出すると、その秘密鍵と紐付いたアドレスに保管してある資産へのアクセス権が渡り、結果資産が奪われてしまいます。

ハードウェアウォレットなら秘密鍵をオフラインで保管できるコールドウォレットなので、ハッキングの入り口を完全に塞いでおりリスクが全くありません

資産の安全な管理への意識が高まっている仮想通貨界ですが、ハードウェアウォレットを使うのはその手段の一つとしてかなり有効です。

手軽に持ち運べる

ハードウェアウォレットは軽くて小さく、見た目はUSBメモリとあまり違いはありません。

いつでもどこでも持ち歩いて自分の手元で管理しやすいので安心です。

対応通貨が多い

他の種類のウォレットは対応通貨が少ないものが多いです。

1つのウォレットにつき1つの通貨しか対応していないものもあります。

ハードウェアウォレットは対応通貨が多いものが多く、最大で30種類以上の通貨に対応させることができます

たくさんの通貨を保有したい方にもおすすめです。

ハードウェアウォレットのデメリット

資産をスムーズに動かせない

モバイルウォレットなどのオンラインで保管するホットウォレットは、インターネットに接続しているためすぐに資産を動かすことができます。

一方ハードウェアウォレットは、オフラインに切り替えて保管するので取り出して決済や送金をするのは非常に手間がかかります

初期費用が他のウォレットに比べて高い

ハードウェアウォレットは手に入れるのに1万円ほどかかります。

他のウォレットは基本的に無料で手に入れられるので、それに比べると高いです。

私たち個人では、多額の資産を安全に保管するためならあまり高くないと思います。

ただ、高いと感じるのであれば代わりにペーパーウォレットを使うことをおすすめします。ハードウェアウォレットと同じくオフラインで秘密鍵を保管するタイプで、初期費用がかかりません。

【厳選】おすすめハードウェアウォレット2選

1番人気:Ledger Nano S(レジャーナノエス)


私たちが最もおすすめするLedger Nano Sは、30種類の通貨に対応しているハードウェアウォレットです。

特に次に紹介するTrezorが対応していないリップルに対応しているので、リップルを保管したい方におすすめのウォレットです。

参考記事:『リップル(Ripple,XRP)とは?優れた仕組みと将来性や今後の予定も解説します

運営のLedger社は、仮想通貨ウォレットを中心とした事業で世界的に有名な企業なので、製品の高い質が保証されています。

価格は約15000円です。

Ledger Nano S
購入はこちらから

Trezor(トレザー)


TrezorはLedger Nano Sと同じくハードウェアウォレットで、同じくらいの人気を誇っています。

大きな違いは対応通貨の種類で、Trezorはリップルに対応していませんが、デスクトップウォレットであるMyEtherWalletと連携させるとイーサリアム系のトークンを保管できるようになります。

複数種類のトークンを保有したい方にはおすすめです。

Trezor
公式サイトはこちら

まとめ

ハードウェアウォレット

  • 資産を安全に保管するのに最適
  • Ledger Nano Sが最もおすすめ
  • 実際に仮想通貨を使うのには不向き

ハードウェアウォレットはこのようなウォレットであることがわかりました。

将来性を見込んだ通貨を長期保有して大きな利益を得るためにも、安全に保管できるハードウェアウォレットを使いましょう。

Ledger Nano S
購入はこちらから

初心者の方はまずこの記事を読もう

私たちが仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。