リップルはウォレットで安全に保管しよう!爆益必至の選び方を解説!おすすめ2つも紹介

取引所人気ランキング(上位3社)




「リップルにはどのウォレットを使うのがいいんだろう」

そう考えてアナタはこの記事に辿り着いたのではないでしょうか。

リップルは将来性が高く期待されていて、価格が大きく上昇する可能性があります。

価格が上がるまで、安全に保管していなければいけませんね

そんなリップルのためにピッタリのウォレットがあります。

それはGMOコインです。

GMOコイン
詳細はこちら

リップルのウォレットには2つの目的がある

リップルを安全に保管するためのウォレット

リップルが将来的に価格が上昇するまで大事に保管しておいて、大きな利益が出たところで取り出して売るということをするために必要です。

ハッキングなどで資産が流出しないためにも、オフラインのコールドウォレットがぴったりです

リップルを実際に使うためのウォレット

リップルによる実際の決済や送金をスムーズにするためのウォレットです。

インターネットに繋がっているホットウォレットの方が簡単に行えます。アプリで使いやすいモバイルウォレットなどがあります。

リップルは安全なウォレットに保管した方がいい

リップルをウォレットに入れるとき、上の2つの方法があります。

私たちは、リップルは安全なウォレットに保管することをおすすめします。

リップルは現在決済や送金で便利に使えるほど普及していないため、普段の生活で出番はほぼありません。

一方でその将来性は高く評価、期待されていて、長期的に見て価格が大きく上昇する可能性があります

参考記事:『リップル(XRP)は今後どうなる?専門家の前向きな価格予想や高い将来性の一方、抱える問題もある

リップルは、利益が十分になるまでセキュリティのしっかりしたウォレットに保管しておくという持ち方がいいと思います。

ウォレット6種類一覧表

作りやすさ使いやすさセキュリティ独自の特徴解説記事
取引所のウォレット◎口座開設で作成完了
ウェブウォレット管理が簡単こちら
デスクトップウォレット大容量PCが必要こちら
モバイルウォレットアプリで簡単に使えるこちら
ペーパーウォレット紙に秘密鍵を書いて保存こちら
ハードウェアウォレットハッキングのリスクなしこちら

これから紹介する2つのウォレットは、取引所のウォレットとハードウェアウォレットです。

取引所のウォレットは運営会社の信頼度によってそのセキュリティの強さが変わってくるので、一概にイマイチとは言えません。

ハードウェアウォレットはセキュリティが非常に高いですが、初心者には使いづらいかもしれません。

リップルを安全に保管するおすすめのウォレット2選

最もおすすめ:GMOコインのウォレット

リップルのウォレットならGMOコイン
GMOコインのウォレットは、上の表で取引所のウォレットに該当します。

取引所のウォレットというとそのセキュリティを心配する方も多いでしょうが、GMOコインなら安心です。

もちろん常時オフラインのコールドウォレットには劣りますが、GMOグループが運営する取引所なのでセキュリティは十分信頼に値するものです。

GMOコインでリップルを購入してそのまま取引所に置いておくだけなので、手間も費用もかからず初心者の方に特におすすめです。

GMOコイン
詳細はこちら

関連記事:『GMOコインを実際に使ってみた感想と評判を紹介。メリット・デメリットに分けて解説

慎重派向け:Ledger Nano S(レジャーナノエス)

Ledger Nano S
Ledger Nano S(レジャーナノエス)は、世界的に人気のハードウェアウォレットのひとつです。

常にオフラインで保管されるので、ハッキングのリスクが全くありません

手に入れるのに1万円ほどするのと、操作が複雑なので初心者には難しいかもしれませんが、自分の大切なリップルを長期間保有するためにチャレンジしてみてもいいと思います。

Ledger Nano S
購入はこちら

リップルを実際に使うためのおすすめウォレット2選

日本発のモバイルウォレット:Ginco(ギンコ)

モバイルウォレットGincoはリップルを使うのにおすすめ
Ginco(ギンコ)は、日本のベンチャー企業が運営するモバイルウォレットです。

モバイルウォレットとしては貴重で、iOSと日本語両方に対応しています。

また一番大きいメリットは、アカウントのセキュリティを強化するために個人のデータをサーバーでなく各端末のストレージに保管しているクライアント型であることです。

セキュリティが不安視されてあまりおすすめされないモバイルウォレットの中では一線を画す存在となっています。

多くの通貨に対応しているところも特徴です。

Ginco
公式サイトはこちら

オープンソースのリップル専用ウォレット:Toast Wallet!(トーストウォレット)


Toast Wallet!はGincoと同じくモバイルウォレットで、リップルのみに対応している専用のウォレットです。

最大の特徴はオープンソースであることで、誰でも管理、仕様の変更をすることができます。

英語にしか対応していないのがデメリットです。

スペック的にはGincoを使っていれば問題ありません。

Toast Wallet!
公式サイトはこちら

リップルのウォレットに関するQ&A

スマホアプリで安全に保管できないの?

リップルに対応しているスマホアプリのウォレットはありますが、セキュリティは劣ります。

安全に長期間保有するのに十分なスペックを備えているとは言えないでしょう。

リップルが公式に出してるウォレットはどうなの?

リップルはかつて公式にウォレットを出していましたが、現在は配信を停止しています。

公式ウォレットはありません。

まとめ

リップルウォレット

  • リップルのウォレットには、保管するためのものと実際に使うためのものがある
  • リップルは安全なウォレットで保管するのがおすすめ
  • おすすめのウォレットはGMOコイン

リップルは将来性が豊かなので、安全に長期間保有したいですね。

そのためにも、セキュリティがしっかりしたウォレットを使いましょう。

GMOコイン
詳細はこちら

通貨別おすすめウォレットを紹介

初心者の方はまずこの記事を読もう

私たちが仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。