↓↓当サイト1番人気はGMOコイン↓↓

イーサリアム(ETH)の今後・将来性を解説!価格予想を含めた今後の展望も紹介

アイキャッチ画像
「イーサリアムの仕組みは今後の世界にどう影響していくのだろう?」「価格上昇の可能性は?」

このような疑問を抱いている方も多いのではないかと思います。

イーサリアムと言えば多くの人がその将来性を期待している仮想通貨であり、一時期は17万円以上の高値をつけたこともある通貨ですね。

2018年はイーサリアムにとっては厳しい年となったかもしれませんが、開発は着実に進められており、2019年1月に予定されているアップデートを筆頭に今後は価格が上昇していく可能性も大いにあります

本記事では専門家の価格予想や価格上昇の根拠をしっかりと解説していますので、スマートコントラクトなどの仕組みや将来性の解説などと併せて読んでみてください。

この記事を読んで分かること

  • イーサリアムの今後の価格上昇の可能性は高く、特にアップデート時に注目すると良い
  • イーサリアムが抱える課題とその解決に向けた取り組み
  • スマートコントラクトの仕組みと世界を変えるかもしれないほどの高い将来性

GMOコイン
公式サイト

イーサリアム(ETH)の価格は今後上昇する可能性が高い

イーサリアムは数多くある仮想通貨の中でも非常に将来性が高いと言われている通貨の1つです。

2018年はICO規制などもあり、時価総額もリップル(XRP)に抜かれて3位に転落するなど、イーサリアムにとってあまり良いニュースがありませんでしたが、2019年はアップデートなども控えており、イーサリアムの価格が一気に上昇するかもしれません

以下でイーサリアムの価格が上昇していくと考える理由を解説していきます。

上昇する理由①|着実に開発が進められている

2018年にイーサリアムの価格は大きく下落しましたが、それとは全く関係なしにイーサリアムネットワークは着実に成長を続けています。

イーサリアムの開発が着実に進められているという証拠は以下のサイトから確認することができます。

イーサリアムの開発状況(CryptoMisoより)

このように、イーサリアムのコードの更新は依然として高頻度で行われており、積極的に開発が進められていることがわかります。

開発が進んでイーサリアムがより良いサービスになればイーサリアムの実需が高まり、それに伴って価格も上昇していくと考えられます。

上昇する理由②|Ethereum 1.xという開発プロジェクト

「Ethereum 1.x」とは、イーサリアムのアップデート案の1つです。現在のイーサリアムネットワークを1.0、セレニティのアップデートによる完成版を2.0とした時に、その間の複数の細かいアップデートを指しています。実施は2019年6月を予定しています。

Ethereum 1.xで特に注目されているのは、次世代EVMであるeWASMの導入です。簡単に説明するとEVMとはイーサリアムのスマートコントラクトを実行する独自の仮想マシンのことであり、eWASMとは新たな仮想マシンのことです。

eWASMの導入により大幅なパフォーマンスの向上が期待されており、より多くの人がスマートコントラクトの開発に参加しやすくなると言われています。

開発が進んでイーサリアムの需要が増えれば価格も上昇しそうですね。

上昇する理由③|残り2段階のアップデートを控えている

イーサリアムは開発当初から全4段階のアップデートが予定されていました。
詳しくはこちらの「4段階のハードフォーク(別記事)」の項目で解説しています。

アップデートの概要

  • Frontier:イーサリアムの公開時のアップデート
  • Homestead:マイニング難易度調整による承認スピードの向上を主とするアップデート
  • Metropolis:Byzantium(前半)とConstantinople(後半)の2つからなるアップデート
  • Serenity:PoSへの移行などを含む最後のアップデート

現在は3段階目の前半に当たるByzantiumまで完了しており、3段階目後半のConstantinopleと4段階目のSerenityの2つを残している状況です。

次回のConstantinopleに関しては2019年1月の実施を予定しており、実施されればイーサリアムの価格が一気に上昇する可能性が高いです。

実際、過去のアップデート時には価格の上昇が確認できます。

①Frontier(2015年7月)
Frontierアップデート時の価格上昇

②Homestead(2016年3月)
Homesteadアップデート時の価格上昇

③Byzantium(2017年10月)
Byzantiumアップデート時の価格上昇
月単位のデータですが、黄枠で囲んだ毎回のアップデート時に陽線を確認できますね。特にByzantiumに関しては、その後3ヶ月に渡る大幅な価格上昇を見て取れます。

次回のアップデート前にイーサリアムを購入しておくと儲けられるかもしれませんね。

イーサリアム(ETH)の価格上昇のために解決すべき課題

スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題を簡単に説明すると、イーサリアムの取引量が膨大になってきたときに、取引の承認が間に合わなくなってしまうことを言います。

スケーラビリティ問題の説明
このことによって上記のように送金の遅延が発生したり、手数料が非常に高くなってしまったりするなどの問題があります。

スケーラビリティ問題は今後イーサリアムの実用化を進めるにあたって非常に重大な問題ですが、現在もその解決に向けた開発が進められています。

実際に、先ほど述べた「Ethereum 1.x」やSerenityのアップデートによってスケーラビリティ問題は解決されると言われており、解決されればイーサリアムの需要が増大し、価格上昇に繋がると考えられます。

セキュリティの問題

イーサリアムが抱えるもう1つの課題として、セキュリティ面での問題がよく言われています。

過去2016年の6月には、イーサリアムをベースとしたプロジェクト「The DAO」がハッキングを受け、約65億ものイーサリアムが盗まれたという事件がありました。
詳しくは「DAO事件」で検索していただければ分かると思いますが、イーサリアムはこのような事件が原因でセキュリティ面での問題を指摘されることも少なくありません。

しかし、先述したByzantiumのアップデートでセキュリティ強化が行われており、Constantinopleのアップデートでもさらなる強化が行われる予定となっています。セキュリティ面での問題はかなり改善されてきているようです。

イーサリアム(ETH)の具体的な今後の価格予想

専門家も価格が上昇すると予想

ヴィダリック・ブテリン氏

ヴィタリック・ブテリン
ヴィタリック・ブテリン氏は19歳でイーサリアムを考案し、現在も中心的に開発を進めている若き天才と呼ばれている人物です。

ブテリン氏は2018年12月のインタビュー中に、2019年に来たる仮想通貨の次の大きな波について言及しています。

ピーク時と比較して暴落した現状の仮想通貨領域においては、テクノロジーの「実践的な適用」が必要であると強調しています。

実際にブテリン氏は「次の仮想通貨普及の大きな波は、投機熱の中に築かれるものではない。投機熱はすでに来ているからだ。次の波は利便性のある適用、人々に価値を届けるものによって実現される」という風に語っています。

先述したように2019年1月にはConstantinopleのアップデートも予定されており、それに伴う価格上昇も十分に考えられます

また、ブテリン氏は2018年11月には、「Serenityアップデートによりイーサリアムの価格は急騰する」という旨の発言もしています。

このように長期間に渡って「実践的な適用」のための開発を進めているイーサリアムが次の価格上昇の波を引き起こすかもしれませんね。

マイケル・ノボグラッツ氏

マイケル・ノボグラッツ氏は有名な仮想通貨投資家であり、2018年に億万長者リスト入りした仮想通貨業界の大物です。

ノボグラッツ氏はアメリカの大手メディアのインタビューの中で「イーサリアムは$1,500(約165,000円)を超えるだろう」という予想を示しています。

ノボグラッツ氏は過去にイーサリアムの価格予想を的中させており、ビットコインの暴落なども的中させた人物であることから、その発言には注目が集まっています。

2019年には20万円を超えるという予想も

トーマス・リー
アメリカの株式リサーチプロバイダー「Fundstrat Global Advisors」の共同設立者であるトーマス・リー氏は「2019年にはイーサリアムの価格が$1,900(約21万円)に達する」という予想を示しています。

イーサリアムは2018年の初めに最高値である約17万円を記録した後は大幅な下落トレンドにあり、時価総額でも2位から3位に転落しました。

しかし、このような現状に対してもリー氏は「現在のイーサリアム市場への感情は非常にネガティブだ」と指摘しており、「イーサリアムはトレンドの逆転に向かって進んでいく」との独自の考えを示しています。

イーサリアム(ETH)の今後の展望|将来性を解説

スマートコントラクトの未来

スマートコントラクトを簡単に言うと、自動で契約を行える仕組みのことです。

スマートコントラクトの概念自体は20年以上前から存在し、既に自動販売機(お金を入れてボタンを押すと飲み物が自動で出てくる)などに導入されています。

このスマートコントラクトをイーサリアムのブロックチェーンと組み合わせることで、取引内容をプログラムとしてブロックチェーン上に記載し、執行条件が満たされたら自動で契約が執行されるという画期的な仕組みを作ることができるようになります。

主なメリット

  • 自動化することで仲介業者の手間や手数料を省くことができる
  • ブロックチェーンにより、相手への信頼が十分になくとも契約が行える
  • 契約の改ざんが実質上不可能であり、取引の透明性も高くなる

このようにメリットは非常に大きく、今後の世界を大きく変える可能性があると言っても過言ではありません。

そんなスマートコントラクトの将来性ですが、非常に多くの分野での活用が期待できます。

主な活用例

  • DApps(分散型アプリケーション)
  • DAO(分散型自動化組織)
  • IoT(モノのインターネット)

それぞれについて軽く説明していきますね。

DAppsとDAOはそれぞれ中央集権者や管理者がいないアプリや組織のことを指します。スマートコントラクトによって運営や経営を自動化することで、中央集権者が居なくともアプリや組織が正常に機能することができます。

IoTに関しては知っている方も多いと思います。実際にスマートコントラクトがどのように活かされるのかのイメージとして、例えば「冷蔵庫の卵がなくなったら自動で注文をして支払いまで済ます」「車にガソリンを入れた分だけ自動でお金が支払われる」などのことが考えられます。

ここまでの説明でスマートコントラクトの将来性は計り知れないほど大きなものであるということがお分り頂けたかと思います。

EEA(イーサリアム企業連合)に多くの企業が参加している

EEA(イーサリアム企業連合)とはEnterprise Ethereum Allianceの略であり、イーサリアムを企業向けに活用することを目的として設立された企業連合です。

2018年12月現在では約300の企業が参加しており、マイクロソフトやJPモルガンなどの超有名企業も参加しています。

EEAの目的
EEAの具体的なタスク

  • オープンソースである標準化規格の構築
  • さまざまな企業の要望への対処
  • 公開イーサリアムブロックチェーンの進歩と並行した進化
  • グローバルな相互運用性を実現するための開発努力

このように、イーサリアムの開発と並行して、企業がイーサリアムを利用するためのサポートを充実させていこうという姿勢が伺えます。

EEAの試みが順調に進んで上手くいけば、イーサリアムを利用したサービスが今後一気に増えていくことも十分に考えられます。

イーサリアム(ETH)の購入におすすめの取引所

イーサリアム 買うなら GMOコインここまでの内容を読んで「イーサリアムを購入したい」という方もいらっしゃるかと思いますので、イーサリアムの購入にオススメの取引所を1社紹介しておきますね。

私が普段から利用するのはGMOコインです。GMOコインは東証一部上場のGMOインターネットグループ傘下である「GMOコイン株式会社」が運営している取引所であり、大手が運営しているので安心して取引を行うことができます。

取引画面も見やすく、手順がわかりやすいので、特に初心者の方にはGMOコインの利用をオススメしています。

GMOコイン
詳しく見てみる

まとめ|イーサリアム(ETH)の今後

イーサリアムの今後

  • 価格は上昇していくと考えられ、特にアップデート時などには一気に上昇する可能性もある
  • 現時点では課題や改善点もあるが、開発チームやEEAが解決に向けて取り組んでいる
  • スマートコントラクトの将来性は非常に高く、世界を変える可能性もある

以上、イーサリアムの今後について解説してきました。

イーサリアムに関連するスマートコントラクトなどの仕組みは非常に素晴らしいものであり、多くの企業や著名人がその将来性を高く評価していることからもそのことが分かると思います。私もイーサリアムの今後にはとても期待しています。

イーサリアムを購入したいと考えている方は、長期的な価格上昇を見据えた投資を行うか、アップデート前のタイミングで購入しておくのが良いのではないかと思います。

イーサリアムを簡単に購入するにはGMOコインがオススメです。
GMOコイン
公式サイト

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。