仮想通貨BNB(Binance Coin、バイナンスコイン)とは?特徴や将来性の高さを解説!今後価格は上がるのでしょうか

BNBとは?

取引所人気ランキング(上位3社)



BNB(Binance Coin、バイナンスコイン)ってどんな通貨なの?価格は上がるの?

と考えていませんか?

BNBは仮想通貨取引高世界トップの取引所Binanceが発行した通貨です。

価格が日本円で上場当初と比べ最大200倍にも成長したことでこの存在を知った方も多いかと思います。

現在では価格は落ち着いてしまっていますが、将来性は非常に高いと私たちは感じていて、『【最新版】仮想通貨は分散投資しよう!初心者におすすめの通貨ランキングを発表します』という記事でも紹介しています。

この記事を読んでいただけると、BNBの特徴や将来性の高さをしっかりと把握できるかと思います。

この記事でわかること

  • BNBの特徴
  • BNBの将来性が高い理由、今後の動向
  • BNBの購入方法

Binance
詳細はこちら

BNB(Binance Coin、バイナンスコイン)とは?

BNB(Binance Coin)とは、世界最大級の取引所であるBinanceが発行しているトークンです。

Binanceが年々ユーザー数を増やしており、それと同時にBNBの人気が増えています。

通貨名Binance Coin(バイナンスコイン)
通貨単位BNB
発行開始2017年7月17日
発行元Binance
発行枚数2億枚
取扱取引所Binance、HitBTCなど
その他特徴ERC20トークン

BNB(Binance Coin、バイナンスコイン)の特徴

Binanceでの取引が安くなる

Binanceは元々手数料が安いと評判ですが、このBNBで支払うとさらに手数料が安くなります

【割引率】

1年目50%
2年目25%
3年目12.5%
4年目6.75%
5年目以降0%

上の表を見て分かるように、5年目以降は割引がされなくなります。

ですが、BNBによる割引が無くなってとしてもBinanceの取引手数料は、0.1%と海外取引所の中で最も安いです!

価値が保証される

BNBは、四半期ごとにBinanceに買い戻され、それらは破棄(Burn)されます。

BNBの流通量が減ることによって、相対的にBNBの価値が上がっていきます

Binanceが閉鎖でもされない限り、BNBは定期的に価値が上昇します!

上場初値から価格は最大100倍に


上の図はBNBがBinanceで取り扱われ始めてから現在までのBNB/BTCの価格チャートです。

昨年、BTC建てで最大100倍まで価格は伸びました。JPY建てで見ると、BTCの価格が高騰した昨年初に200倍以上になっています。

Binanceのユーザーが増えたことも価格上昇要因のひとつで、BNBの高いポテンシャルが伺えます。

BNB(Binance Coin、バイナンスコイン)の将来性が高い理由を紹介

Binanceの取引所としての成長が著しい

Binanceで使われるのが主な使い道なので、Binanceのユーザーが増えるとBNBの需要も高まり価格が上がります。

Binanceは設立から1ヶ月半で仮想通貨の取引高で世界トップレベルにまで急成長した取引所なので、今後も順調に成長しユーザーが増え、BNBの需要も大きくなっていくと考えられます

使われるシーンが多い

手数料支払い

先ほど紹介したように、Binanceの取引手数料をBNBで支払うと手数料が割引されます。

1年目2年目3年目4年目5年目
割引割合50%25%12.5%6.75%0%

アカウントに登録してからの年数で手数料の割引割合は変わっていき、5年目以降は割引なしとなります。

この手数料割引はユーザーにとって非常にありがたいためほとんどのユーザーがBNBでの手数料支払いを行っており、BNBの需要増加に繋がっています

新規上場通貨の投票

Binanceでは月に1回取引所に新規上場してほしい通貨をユーザーからアンケートを取っています。

その投票権を得るためにBNBを支払う必要があります。

投票期間中は多くの草コインマニアたちの注目を集めます。

投票が盛り上がれば盛り上がるほどBNBの需要が高まります

ホテルの支払い

2018年12月より、ブロックチェーンベースのホテル予約専門サービスTripio(トリピオ)でBNBで決済できるようになりました。

Tripioは日本や中国、欧米で45万件ほどのホテルが登録してあるサービスで、BNBの需要増加が見込まれます。

Tripio以外にも決済手段として採用しているサービスもどんどん増えており、今後もBNBの用途は拡大していくでしょう。

四半期に1度バーンされる

Binanceは四半期に1度その期間の利益の20%をBNBをの買い戻し、破棄(バーン)に使っています。

バーンはBNBの流通量が1億枚になるまで行われます。

バーンが行われるごとにBNBの枚数が減るので1枚の価値が高まります。

バーンは価格が上がるチャンスなので情報を事前に入手しておくといいでしょう

BNB(Binance Coin、バイナンスコイン)の今後

Binanceで取り扱い通貨が増えていく

Binanceの取り扱い通貨が増えていくとBNB建ての仮想通貨取引のために需要も増えると考えられます

Binanceは現在140種類以上の通貨を取り扱っていますが、今後もどんどん増えていくので需要の増加に期待が高まりますね。

分散型取引所の主要通貨に

Binanceのホワイトペーパーによると、Binanceは今後分散型取引所(DEX)を構築していく予定のようです。

分散型取引所とは中央管理者がいない取引所のことで、代わりにブロクチェーンに取引記録がされます。詐欺や内部不正のリスクがなく、今後主流になっていくと見られている取引所のタイプです。

BNBはその分散型取引所において主要な通貨として扱われる予定という記述があります。

いまからBNBを持っておくと、世界最大級のユーザー数を誇るBinanceの分散型取引所で主要通貨となった時に需要が急増して大きな利益を得ることができるかもしれませんね

Binanceの動きに注目

Binanceが発行する通貨なので、Binanceの賑わい度に依存してしまうカウンターパーティリスクがあります

Binanceが不祥事などで潰れるとBNBも価格は暴落してしまいます。

反対に、Binanceにとっていいニュースがあると価格は上昇する可能性が高いとも言えます。

このようにBinanceの評判が価格の変動に関わってくるケースが多いので、ニュースに注目しておきましょう。

BNB(Binance Coin、バイナンスコイン)の取引所、購入方法を解説

Binanceに登録

まずBinanceに登録しましょう。

中国の取引所 Binance (バイナンス) の登録方法を解説』という記事のやり方に従って手順をこなせば簡単に登録することができます。

公式サイトにアクセスすると以下の画面が出てくるので、入力すれば完了です。

バイナンス ログイン画面

Binance
公式サイトはこちら

BinanceにBTCを送金

続いてBinanceにBTCを送金しましょう。

先ほど紹介した記事でやり方を解説していますが、ここでも軽く説明します。

ホーム画面の右上に『Fundsというボタンがありますので、カーソルをあてると『Deposit・Withdrawボタンが表示されるのでこちらをクリック。

バイナンス 入出金方法

『Deposit』で入金アドレスが表示されますので、これをコピーし国内取引所の送金画面にペーストすればオーケーです。


手数料が無料なので、国内取引所から海外取引所への送金に私たちが実際に使っているGMOコインだと画面はこのようになっています。

①〜④に必要な事項を入力しましょう。

BNBをBTCで購入

最後にBNBを購入します。

トップページでBNB/BTCをクリックすると以下の画面が出てきます。

通貨の買い方・売り方「Buy BNB」の欄に必要事項を入力すれば購入完了です。

これで晴れてBNBを購入できました!

BNB(Binance Coin、バイナンスコイン)の保管方法〜おすすめウォレットを紹介〜

Ledger Nano S(レジャーナノエス)


Ledger Nano S(レジャーナノエス)は世界的に人気な仮想通貨ウォレットです。

30種類の通貨に対応しているのが魅力のひとつで、その中には人気のリップルも含まれます。複数の通貨を保管したい人におすすめできます。

完全にオフラインで保管できるハードウェアウォレットなので、ハッキングのリスクが全くないという高いセキュリティが特徴です。

Ledger Nano S
購入はこちら

Trezor(トレザー)


Trezor(トレザー)は、Ledger Nano Sと同様に世界的に人気のウォレットです。

これもLedger Nano Sと共通することですが、BNBを保管するにはMETAMASKというイーサリアム系のウォレットを経由しなければいけません。

価格は少し安く約10000円です。

Trezor
購入はこちら

ウォレットの関連記事はこちらから!

まとめ

BNBまとめ

  • 世界最大級の仮想通貨取引所Binanceが発行する仮想通貨
  • カウンターパーティリスクがあるので注意が必要
  • 豊かな将来性で価格は上がる可能性が高い

BNBはBinanceでの手数料割引など現在すでに使い道が多く需要はBinanceのユーザー数拡大に伴って大きく増えていますが、今後取引所以外のところでも使われる場面がどんどん増えていく兆しもあります。

BNBはもちろん、Binance関連のニュースもしっかり注目しておきましょう。

この記事を読んだのをキッカケにBNBを購入していただけると幸いです。

Binance
詳細はこちら

初心者の方はまずこの記事を読もう

私たちが仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。