【最新版】仮想通貨は分散投資しよう!初心者におすすめの通貨ランキングを発表します

仮想通貨おすすめ

取引所人気ランキング(上位3社)



2009年のビットコイン1種類から始まった仮想通貨は、2019年現在2000を超えるまで種類が増えています。

「仮想通貨に興味はあるけど、怪しいものに手を出して失敗するのが怖い」

と思っている方は多いでしょう。

実は、仮想通貨は分散投資するのがもう当たり前となっています。

この記事では、なぜそうした方がいいのか解説した後に、投資するのにおすすめの仮想通貨を紹介していきます

また最後には、おすすめの分散投資例も紹介しているので、読み逃すことがないようにしてくださいね。

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
今回紹介する通貨は怪しいものや詐欺でないと私たちが判断し、保有しているものばかりですよ。

仮想通貨は分散投資するべき理由とは?

通貨ごとにタイプが違う

仮想通貨には、価格が上がる可能性が低いが上がり幅は大きいハイリスク・ハイリターンなものや、価格が上がる可能性は高いが上がり幅は小さい堅実なローリスク・ローリターンなものがなどがあります。

仮想通貨は4つのタイプに分けられる
自分が好きな通貨がどのタイプに当てはまるかによって、分散投資のスタイルを変えていく必要があります

またツイッターで話題の通貨や各メディアで紹介されているやや有名な通貨でも、実は手を出してはだめな通貨(グラフ左下)であることは多いので注意が必要ですよ。

リスクヘッジ

複数の通貨に分散投資することで、1つの通貨が暴落したときに失う資産の量を抑えることができます

「卵は一つのカゴに盛るな」は投資、資産運用では非常に大切なフレーズです。

知っている方も多いかも知れませんが、全部の卵を一つのカゴに盛るとそのカゴを落としたら卵すべてが割れて失われるという、分散投資を勧める教訓ですね。

仮想通貨投資でもこの教訓は同じです。

卵は一つのカゴに盛るな
資金すべてを1つの通貨に投資するのではなく複数の通貨、もしくは仮想通貨以外の資産にも投資するようにしてリスクを軽減しましょう。

価格が上昇するタイミングは通貨ごとに異なる

仮想通貨投資初心者によくある投資のパターンとして、以下に挙げる例があります。

  • 直近で価格が上がりそうな通貨を選んで資産すべてを投資
  • 価格が上がるor他に価格が上がりそうな通貨を見つけて乗り換え
  • これを繰り返す

この方法は狙おうとしても実は難しく、機会損失をしている可能性が高いです。

それぞれの通貨の価格が上がるたびにトレードするのは無理があります。

価格が上昇するタイミングで元から持っていられるように、価格が上がる可能性が高いものはすべて予め持っておくのがベストです。

そのためにも複数の通貨に分散投資することを癖付けておきましょう。

初心者におすすめの仮想通貨4選をランキングで紹介

私たちが実際に持っている通貨の中から将来性、信頼度、価格上昇の幅などを考慮し、最終的には私たちの好みでおすすめランキングを作成しました。

1位:リップル(XRP、Ripple)

仮想通貨おすすめ1位はリップル
通貨名リップル(Ripple)
単位XRP
信頼度(4.5/5)
将来性(5/5)
おすすめ度(5/5)
主な取引所GMOコイン
解説記事こちら

ポイント

  • 海外送金が安く、早くなる
  • 大手企業や金融機関が出資
  • 既存の金融システムとの相性の良さを感じる人におすすめ

送金と決済に特化した中央集権的な通貨で、既存の金融システムをより便利にする特徴があります。

そのため国内外かかわらず大手金融機関と提携するなど、将来性が高いと期待されています

リップルはローリスク・ハイリターンの理想的な通貨リップルはローリスク・ハイリターンの数少ない理想的な通貨の1つです。

ファンコミュニティも多く、リップルにとってプラスなニュースが入ってくると価格が大きく上昇することが多いです。

リップルの今後、将来性については『リップル(XRP)は今後どうなる?専門家の前向きな価格予想や高い将来性の一方、抱える問題もある』という記事でも詳しく解説しているので、併せてご覧ください。

リップルを購入するのに最もおすすめの取引所はGMOコインです。初心者の方にとって易しく操作が簡単です。

GMOコイン
詳細はこちら

2位:イーサリアム(ETH、Ethereum)

仮想通貨おすすめ2位はイーサリアム
通貨名イーサリアム(Ethereum)
単位ETH
信頼度(4.5/5)
将来性(5/5)
おすすめ度(5/5)
主な取引所GMOコイン
解説記事こちら

ポイント

  • スマートコントラクトが世界を変える
  • 計画的にハードフォークが進んでいる
  • 長期的に仮想通貨投資をしたい人

スマートコントラクトにより生活のあらゆる部分を自動化できます。

スマートコントラクトは、冷蔵庫の中から卵がなくなったら自動で次の卵を注文されるというように、さまざまな場面で自動化を実現します。

イーサリアムはローリスク・ハイリターン型の通貨イーサリアムは将来性豊かで通貨としての信頼性も高いのでリップルと同じくローリスク・ハイリターン型に分類しました。

また開発も順調で、計画的なハードフォークによりアップデートが進んでいるため将来的に実生活に使われる可能性は高いでしょう。

直近の2019年1月14日〜18日にもアップデートが行われます。

イーサリアムの今後、将来性については『イーサリアム(ETH)は今後どうなる?高い将来性に基づいた専門家の価格予想を紹介』という記事でも詳しく解説しているので、併せてご覧ください。

イーサリアムを購入するのに最もおすすめの取引所はGMOコインです。最も信頼して自分のお金を預けることができる取引所です。

GMOコイン
詳細はこちら

3位:ビットコイン(BTC、Bitcoin)

仮想通貨おすすめ3位はビットコイン
通貨名ビットコイン(Bitcoin)
単位BTC
信頼度(5/5)
将来性(4.5/5)
おすすめ度(4.5/5)
主な取引所GMOコイン
解説記事こちら

ポイント

  • 送金、決済、投資のあらゆる場面で活躍
  • 価格の安定度が高い
  • 安定した投資をしたい人におすすめ

最初にできた最も有名で最も時価総額が高い仮想通貨です。

ビットコインはローリスク・ローリターンで堅実な通貨ビットコインは伸び幅は他の通貨の方が大きいですが、投資対象としてのリスクは仮想通貨の中で最も小さいでしょう。

現在の貨幣制度はその中心となる銀行や国への信頼が前提ですが、ブロックチェーン技術によりだれも信頼する必要がなくなったのが大きな特徴です。

そのため送金や決済が現行のインフラより手軽かつ手数料が安くなるというメリットがあります。

また多くの人に取引されているため価格の安定度が高く、投資対象としても危険ではありません

取引するならGMOコインが最もお得なのでおすすめです。

GMOコイン
詳細はこちら

4位:バイナンスコイン(BNB、Binance Coin)

仮想通貨おすすめ4位はバイナンス

通貨名バイナンスコイン(Binance Coin)
単位BNB
信頼度(3.5/5)
将来性(5/5)
おすすめ度(4/5)
主な取引所Binance
解説記事こちら

ポイント

  • 流通枚数がだんだん減っていく
  • 使い道は多く、これからさらに増えていく予定
  • Binanceの取引所としての成長に期待する人におすすめ

世界最大級の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が発行する仮想通貨です。

バイナンスコインは上位3つよりリスクはあるが将来性豊か上位3つの通貨よりリスクは大きいですが、以下の理由で十分な将来性があると判断しました。

Binanceでの手数料支払いや新規上場通貨の投票など現在の時点で使い道は多く、取引所のユーザー数が増えるとともにBNBの需要も高まるのがわかりやすい特徴です。

四半期に一度Binanceが流通しているBNBの一部を破棄するシステムを取っているので流通枚数が減り、そのたびに価値が高まります。この制度は今後もしばらく続くので価格上昇を期待できます。

Binanceが問題を起こしたらBNBの価格にも悪い影響を及ぼすというのが懸念点です。BNBを購入するということは、Binanceを信頼しなければいけません。

取引に最もおすすめの取引所はBinanceです。

Binance
詳細はこちら

タイプ別おすすめの分散投資例を紹介

とにかく安全に投資したい方

理想的な通貨(ローリスク・ハイリターン)✕理想的な通貨(ローリスク・ハイリターン)の分散投資がおすすめです。

私たちがおすすめした通貨の中では、リップルとイーサリアムという組み合わせがいいと思います。

取るリスクを極力小さくする配分を心がけましょう。

ある程度のリスクはあっても大きく稼ぎたい方

草コイン(ハイリスク・ハイリターン)✕堅実な通貨(ローリスク・ローリターン)の分散投資がおすすめです。

私たちがおすすめした通貨の中では、バイナンスコインとビットコインの組み合わせがいいと思います。

大きなリターンを求める際に負うリスクの分、もう片方はそれとバランスを取り小さなリターンでもいいのでリスクを最小限に抑えるよう意識することが大切です。

仮想通貨ってどうやって始めるの?という方へ│購入方法はこちら