↓↓当サイト1番人気はGMOコイン↓↓

【2019年の現状】仮想通貨は今後儲かるの?バブルは終わったが市場規模は拡大していく

仮想通貨は今後儲かる?

取引所人気ランキング(上位3社)

「仮想通貨は儲かる」

というイメージをお持ちの方は非常に多いのではないでしょうか。

2017年後半から翌年始まで続いた仮想通貨バブル期には、ビットコインが最大200万円を超えるなど、とりあえず投資しておけばほぼ儲かるという夢のような状態でした。

しかしバブルが弾けてからは、もう簡単に儲かることはなくなりました

じゃあもう仮想通貨は全然儲からないの??

そんなことはありません。仮想通貨の市場規模は今後拡大していくと私は考えています。

ザックリ言うと、、、

  • 仮想通貨バブルは終わった
  • しかし、技術の浸透などで市場規模は今後拡大していく
  • 簡単に儲かる時代は終わったが、戦略的にいけばまだまだ儲かる
  • 儲かるためには、GMOコインをはじめとする複数の取引所への登録が必須

GMOコイン
詳細を見てみる

仮想通貨で簡単に儲かる時代は終わった

バブル期は簡単に儲かった

2017年後半から翌年始、仮想通貨バブルで価格は急騰していました。
仮想通貨バブルでビットコインは一時200万円を突破
この頃、ビットコイン価格の上昇に伴いほとんどの仮想通貨の価格が同じように高騰しており、とりあえず投資しておけばだいたい儲かるというようなお祭り状態でした。

実際私も、過去に行った1000万円チャレンジで資産を1ヶ月で3倍にまで増やしました。

現在と比べると、当時は容易に仮想通貨で儲けることができる時期でした。

仮想通貨バブルは昨年崩壊

2018年始、バブルは崩壊しビットコインをはじめとする仮想通貨の価格は一気に下落しました。
バブル崩壊後、ビットコイン価格は6分の1に
バブル期のように投資すればほぼほぼ儲かるという簡単な時代は終わりました。

これによってライトな投資家が市場から離れ、冷え込みが続いています。

いまの相場で大きく稼いでるトレーダーは、多くがビットコインFXをやっているでしょう。

しかし市場規模は長期的には拡大

じゃあバブルが崩壊したからもう仮想通貨で儲けることは厳しいのかというとそうではありません。

私は仮想通貨の市場規模は今後長期的に見るとどんどん拡大していくと考えています。

市場規模拡大の理由

  • 株式、外貨FX市場の規模の大きさ
  • ITバブル後の株価の動き
  • 仮想通貨の技術は今後世間に浸透していく

株式、外貨FX市場の規模の大きさ

株式市場7500兆円
FX市場1京1000兆円
仮想通貨市場15兆円

仮想通貨を資産運用の手段の1つとして見ると、まだまだ伸びしろはあると感じています。

株式市場やFX市場と比べても足元に及ばない市場規模です。

今後これらの市場より大きくなるかはわかりませんが、少なくともまだ成長の余地はあるでしょう。

ITバブル後の株価の動き

ITバブル後のナスダック株の動き
ITバブルは、2000年代初期にかけて10年ほどアメリカを中心に続きました。

アメリカのベンチャー企業向け株式市場NASDAQ(ナスダック)の平均価格は上昇を続けましたが、最終的には崩壊しました。

しかし現在ではバブル期以上の価格まで上昇しています。

仮想通貨バブルとは細かい性質で異なるものの、新しい技術が世の中に浸透していく中で起こったバブルという点では学べることがあると私は感じています。

バブルの時期のチャートもよく似ています。

仮想通貨バブルとITバブルはチャートの形が似ている

実際、アップル社の株価は2001年につけた最安値と比べて50倍近くにまで上がっています(途中で株式分割をしているので計算がやや複雑ですが)。

いまビットコインを手放してしまうのは、ITバブル崩壊後にアップル社の株式を手放してしまうのと近いことだと私は思います。

仮想通貨の技術は今後世間に浸透していく

仮想通貨の技術はまだまだ実際の生活には活用されていません。

今後、技術の浸透によって市場規模が再び拡大していく可能性は十分にあります。

もう仮想通貨投資で儲けることはできないと諦めるにはまだ早いですよ。

2019年、仮想通貨はどうすれば儲かるの?

上で説明した通り、ただテキトーに投資していれば儲かる時代は終わりました。

これから仮想通貨で儲けるにはどうすればいいのでしょうか。

儲かる人はどういう人か

これまでの仮想通貨で儲かる人は、世の中の人たちが気づけなかった価値に気づき早くから通貨に投資していた人でした。

今後の仮想通貨では、新しい価値への気づきのパターンは減っていくでしょう。

いかに戦略的に投資を行えるかが大事だと思います。

自分の資産の量や状況によって短期投資と長期投資を使い分けるなどが必要になってきます。

短期投資と長期投資を使い分ける

短期投資

数秒から、長くて1週間単位でトレードを行うのが短期投資です。

短期投資には仮想通貨FXがおすすめ:『仮想通貨FXの仕組み・メリット・安全性を解説!おすすめの取引所と取引手法も紹介

短期トレードは時間的な制約や技術的な難しさからハードルが高いので基本的には長期投資をおすすめしています。

しかし、原資が1万円ほどの少なさであればリスクを取り挑戦してもいいのではないでしょうか。

長期投資

仮想通貨は今後長期的に見ると、技術の浸透により市場規模は拡大していくと思います。

そのため、長期投資の方が成功確率が高いと私は考えています。

ある程度資金がある方には安全に長期投資をおすすめしています。

複数の通貨に分散投資することを心がけましょう。

仕組みを使って儲ける

取引所ごとに仮想通貨の価格が違うことを利用して儲けるアービトラージという投資手法があります。

アービトラージの実例

取引所ごとに通貨の価格は微妙に違います。

短期投資の一種ですが、この違いを利用して細かく儲けていくのがアービトラージです。

リスクが低いのが大きなメリットですが、その分リターンが小さくなります

実際に1ヶ月で原資の3倍儲かった私の手法

私はテクニカル分析などの投資手法の勉強を一切したことがない状態で仮想通貨投資を始めました。

ですが、結果として1ヶ月で資金を3倍に増やすことに成功した独自のトレードへの向き合い方があります。

以下の記事で解説しているので、こちらも併せて参考にしていみてくださいね。

仮想通貨で儲かるために使いたいおすすめ取引所

取引所は複数登録していることでそれだけたくさんの通貨にアクセスできるので儲けるチャンスを逃すことが少なくなります。

取引所はうまく使い分けましょう。登録におすすめの3社を紹介していきます。

GMOコイン

GMOコイン
GMOコインは、ビットコインが最もお得に取引できる仮想通貨取引所です。

運営がGMOインターネットグループなので企業としての信頼度が非常に高く、また独自の技術でセキュリティも強いと考えられます。

長期的に資産を預けていられる安心の取引所です。

短期トレードにも向いている取引ツールがアプリをはじめ揃っているので仮想通貨投資全般におすすめしている取引所です。

GMOコイン
詳細を見てみる

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)
BITPoint(ビットポイント)は、アルトコインをお得に取引できるのが特徴の取引所です。

自動トレードツールMT4によって感情に左右されない取引が可能なので、自分でトレードする自信がない方が多く利用しています。

税金の計算に備えるために損益を自動で計算してくれる機能もついているので、便利な取引所という評判が多いですよ。

BITPoint
詳細を見てみる

Binance(バイナンス)


Binance(バイナンス)は140種類以上の通貨を取り扱う、仮想通貨取引高世界最大級の取引所です。

海外取引所の中では手数料が安くお得に取引できます。

またたくさんの通貨があるので、どれかマイナーな通貨1つの価格が急騰したとしてもそれに反応してついていける可能性が高まります

登録は無料なので、しておくだけお得ですよ。

Binance
詳細を見てみる

まとめ

記事まとめ

  • 仮想通貨バブルは終わったが長期的に見たら市場規模は拡大する
  • 今後、儲かるにはある程度しっかりとした方法でなければならない
  • 取引所はGMOコインをはじめ複数に登録しよう

仮想通貨で簡単に儲かる時代はもう終わりました。

ブームが去り、これからは実需に伴う市場の成長が見込まれます。

自分なりに戦略を考えて投資することで儲けていきましょう。
GMOコイン
登録はこちら

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。