仮想通貨の税金の払い方を解説!具体的な計算方法とオススメの便利ツールも紹介

仮想通貨税金

取引所人気ランキング(上位3社)



「仮想通貨投資で利益を出せた!」という方、まずはおめでとうございます。

せっかくの利益を全て自分のものにしたいところですが、その一部は税金として納めなくてはなりませんね。

面倒で気が進まない税金計算と確定申告ですが、なるべく手間をかけずに簡単に終わらせる方法を紹介いたします。

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
私たちも初めて確定申告をしたときは税金の計算に非常に困りました。
仮想通貨の税金に関しては複雑な部分も多いですが、本記事でしっかりと解説いたします
様々な税金計算ツールを利用してみた私たちがオススメの方法も紹介しますね。

仮想通貨の税金を支払う一連の流れ

税金支払いのフロー仮想通貨投資で利益を出せたら、上のような手順に沿って税金を納める必要があります。

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
一見難しそうに思えますが、実際やってみると簡単に終わるので心配いりません。

各手順についてはこの後の項目で詳しく説明していきますね。

仮想通貨の税金は確定申告して支払う

仮想通貨で儲けを出した際に、税金が発生する場合があります。税金が発生した際には、確定申告を行って税金を支払わなければいけませんね

以下で仮想通貨の税金と確定申告について説明します。

確定申告が必要な儲け額はいくらから?

税金が発生する条件

  • 会社員などが副業として仮想通貨投資を行い、20万円以上の利益を出した場合
  • 主婦、学生などの被扶養者が仮想通貨投資を行い、33万円以上の利益を出した場合
  • 自営業やフリーランスの方が仮想通貨投資で利益を出した場合

上の条件のいずれかに当てはまる方は確定申告が必要となります。

逆に、上記のいずれにも該当しない方は仮想通貨関連で税金を支払う必要は一切ありません。

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
基本的に利益が確定したときのみしか税金を支払う必要がありません。損失のみが生じた場合や、利益が生じてもそれを上回る損失がある場合には税金は発生しませんよ

仮想通貨による利益がどのように決まるのかは次の項目で説明しますね。

仮想通貨で利益と見なされるのは3つのタイミング

利益が確定するタイミング

  • 仮想通貨を現金に替えたとき
  • 仮想通貨で物を購入したとき
  • 仮想通貨で他の仮想通貨を購入したとき

上記の3つのいずれかを行った際に「利益が確定した」と見なされ、その取引内容を損益計算に含める必要が生じます。

仮想通貨を現金に替えたとき

保有している仮想通貨を売却した場合に、その際の売却金額と購入金額との差額が利益(損失)として確定します。

現金に替えた際の利益計算の具体例

例)1BTC=40万円の時に0.25BTCを購入し、1BTC=50万円の時に0.2BTCだけ売却した場合

50万円×0.2BTC-40万円×0.2BTC=2万円

となり、2万円の利益となります。

仮想通貨で物を購入したとき

仮想通貨で何か物品を購入した場合、その物品の購入金額と仮想通貨の購入時の金額との差額が利益として確定します。

物を購入した際の利益計算の具体例

例)1BTC=40万円の時に0.25BTCを購入し、1BTC=50万円の時に5万円の物を購入した場合

5万円-(5万円÷50万円×40万円)=1万円

となり、1万円の利益となります。

仮想通貨で他の仮想通貨を購入したとき

仮想通貨で他の仮想通貨を購入した場合、その購入時点での他の仮想通貨の購入金額と元から保有していた仮想通貨の購入金額との差額が利益として確定します。

他の仮想通貨を購入した際の利益計算の具体例

例)1BTC=40万円の時に0.25BTCを購入し、1BTC=50万円の時に0.1BTC分のXRPを購入した場合

50万円×0.1BTC-40万円×0.1BTC=1万円

となり、1万円の利益となります。

利益(損失)が確定するのは以上のタイミングで全てです。

仮想通貨を購入して保有しているだけでは利益が生じたとは見なされないので、税金を支払う必要もありません

確定申告を行わないとペナルティが発生する

確定した利益が税金が発生する条件に当てはまった場合には、確定申告を行って税金を支払う必要があります。

期限内に確定申告を完了させないと以下のようなペナルティが課せられてしまうので注意しましょう。

ペナルティは2種類ある

  • 無申告加算税:確定申告の期限を過ぎてしまった場合に追加でかかる税金
  • 延滞税:税金が定められた期日までに納められない場合に自動で課される税金

上記のようなペナルティによってより大きな額の税金を支払うことになってしまうので、確定申告はしっかりと行うようにしましょう。

具体的な利益の額とそれによる税金の額の計算方法は次の項目で説明します。

仮想通貨の税金の計算方法

仮想通貨の利益は総合課税の対象になる

仮想通貨取引による利益は雑所得として分類され、総合課税の対象になります

税率と控除額は他の収入と合算した金額によって決定します。

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円〜330万円10%97,500円
330万円〜695万円20%427,500円
695万円〜900万円23%636,000円
900万円〜1,800万円33%1,536,000円
1,800万円〜4,000万円40%2,796,000円
4,000万円より多い45%4,796,000円
具体例

年収500万円の人が仮想通貨投資で100万円の利益を出した場合

(500万円+100万円)×0.20-427,500=772,500

となり、支払う税金の額は772,500円となります。

上記のように、現状では仮想通貨で得た利益に対する税率は非常に高いです。

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
一方で、株やFXで得た利益には「申告分離課税」が適用され、税率は一律で20.315%です。

仮想通貨の税率もこの程度の水準に改善されて欲しいですね。

具体的な利益の計算方法

先ほど利益計算の簡単な例を示しましたが、普通は複数回の取引を行って複雑になる場合の方が多いと思います。

同一の仮想通貨を複数回に渡って購入した場合、保有している仮想通貨の購入金額を算出する方法があります。

「移動平均法」と「総平均法」という2つの方法があり、普通は前者を用いるのが一般的です。

移動平均法

基本的にはこの方法で購入金額を算出します。

移動平均法とは、仮想通貨を購入する度に、その購入額と既に保有している通貨の金額との平均値を出して購入金額を計算する方法です。

例えば、下記のような取引があったとします。

①1BTC=40万円の時に2BTCを購入
②1BTC=70万円の時に1BTCを購入
③1BTC=100万円の時に1BTCを売却
④1BTC=90万円の時に1BTCを購入

移動平均法での計算例

この場合の③で売却する際の利益計算は以下のようになります。

1BTCあたりの購入金額は
(40万円×2BTC+70万円×1BTC)÷3BTC=50万
より50万円となる。

利益は
100万円×1BTC-50万円×1BTC=50万円
となり、50万円の利益となります。

総平均法

継続的に適用するならばこの方法を用いても良いことになっています。

総平均法では、期間内に行われた購入の全ての購入金額を平均して1BTCあたりの購入金額とします。

総平均法での計算例

1BTCあたりの購入金額は
(40万円×2BTC+70万円×1BTC+90万円×1BTC)÷4BTC=60万
より60万円となる。

利益は
100万円×1BTC-60万円×1BTC=40万円
となり、40万円の利益となります。

仮想通貨の確定申告を楽にする方法

BITPoint(ビットポイント)なら自動で損益計算をしてくれる

ビットポイントは税金計算が簡単に出来る

BITPoint(ビットポイント)は、当サイトで人気2位の取引所です。こちらの取引所では、仮想通貨取引で一番ネックとなる税金計算が簡単に出来るシステムを採用しています。

「実現損益円換算合計」を自動的に計算して表示してくれますので、この部分に表示された金額をそのまま確定申告に用いればOKです

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
通常の取引所では、取引履歴をダウンロードして自分で税金計算ツールに入力しなければならないので面倒ですが、BITPointでは手間がかかりませんので、初心者の方でも安心して取引する事が出来ますよ。

BITPoint
詳細を見てみる

便利なツールを利用する

BITPointを利用していない方は、オンラインの税金計算ツールを利用するのがオススメです。

私たちが利用した中で最もオススメなのは、Cryptact(クリプタクト)というサービスです。2017年12月に公開されたオンライン無料税金自動計算サービスであり、国内最大の計18取引所に対応、取り扱い通貨2,000種類以上というカバーの広さが特徴です。

参考記事:『仮想通貨の確定申告にはCryptactを使おう!ビットフライヤーと提携している無料の実現損益計算サービス

専門家に任せる

ガーディアンという仮想通貨の確定申告に特化した専門家のサポートがオンラインで受けられるサービスがあります。

自分で計算するのが面倒だし難しいと感じる方は専門家に任せてしまうのも一つの手ですよ。

仮想通貨の税金対策|節税する方法

年末までに損失も確定させて相殺する

もし仮想通貨取引で損失も生じさせてしまっている場合は、利益と相殺することができます。

仮想通貨の利益に関しては繰越控除の対象外なので、次年度に損失額を引き継ぐことができません。年末までに損失を確定させておくことで節税することができます。

ふるさと納税

ふるさと納税を行うことにより、所得税や住民税の還付・控除を受けることができます

詳しくはこちらのサイトを見てみてください。

まとめ

仮想通貨の税金計算は非常に面倒ですが、今回紹介した取引所や便利ツールなどを用いて早めに終わらせてしまいましょう。

海外では非課税となっている国も多くありますので、今後は日本においてもそうなることを期待したいですね。

参考:『仮想通貨は今後再び価格上昇するのか?専門家の予想と注目ポイント
BITPoint
詳細を見てみる

初心者の方はまずこの記事を読もう

私たちが仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。