↓↓当サイト1番人気はGMOコイン↓↓

リップル(XRP)の価格が今後1000円になる予想の根拠を紹介。読めばガチホがおすすめだとわかる

リップル(XRP)の価格が今後1000円になる予想の根拠を紹介。読めばガチホがおすすめだとわかる

取引所人気ランキング(上位3社)

「リップルが1000円を超えるってほんと?」

と期待する方は非常に多いと思います。

2018年始にリップルは一時400円と突破しましたがその後は下落の一途を辿り、現在は30円ほどです。

しかしリップルは将来性が非常に高いため、「また価格が上昇してほしい!」と思うところでしょう。

この記事では、リップルが1000円になると言われている根拠から、専門家による価格予想を紹介していきます。

読み終わった頃には、リップルはホールドし続けるのがおすすめだとわかると思いますよ。

GMOコイン
公式サイトへ

リップルが1000円にもなると言われている理由

国際送金にリップルが採用されるかも

リップルの開発目的は、国際送金にかかる手数料や時間を削減することです。

現行の国際送金インフラは複数の銀行を経由する仕組みであるため、その分手数料と時間が増えています。

リップルネットワークや仮想通貨XRPが使われることでスムーズなシステムになることが期待されています。

そうなると、リップルの需要が増大し価格は1000円を超えるのではないかと言われています。

多くの金融機関との提携

2019年の現時点でリップル社は数多くの金融機関と提携を済ませています。


(公式サイトより)
公式サイトでは提携している54つの金融機関が紹介されており、その中にはSBIや三菱など日本の大手金融機関もあります。

提携会社の数は100を超えると言われており、その中にはイギリスをはじめ複数の国の中央銀行、さらにはグーグルも含まれているなど、リップルネットワーク構想への期待の大きさが伺えます。

この期待から、リップルの価格が上がることは間違いなし、1000円すら余裕で突破する、というような意見が多くなっています。

アジアの送金市場の規模

リップル社はSBIと共同で「内外為替一元化コンソーシアム」を組み、まずアジアでリップルによる送金網を確立しようとしています。

この「内外為替一元化コンソーシアム」は2018年10月、「Money Tap(マネータップ)」という個人間送金を格安手数料かつ一瞬で送金が完了するアプリをリリースしました。

このようにリップルネットワークはアジアで実用化が進んでいます。

アジアの送金市場が約5000ドル、XRPの流通枚数が約500億枚なので、XRPがアジアにおける送金をすべて担うようになると1XRP=10ドルで1000円になるという計算です。

仮にアジアの送金市場約5000億ドルがすべてリップルによって行われるようになると、市場に流通しているXRPは約500億枚なので、1XRPは

5000億ドル÷500億枚=10ドル=1000円という計算になります。

この計算が、リップルは将来的に1000円を超えると言われる根拠の1つでもあります。

実際リップルは1000円になるの?価格予想を紹介

正確な価格予想は誰にもできないので、当てにならないことがほとんどです。

SBI北尾社長の予想


2018年4月、SBIホールディングス社長の北尾氏はリップルが2018年末に10ドルを超えると予想しました。

SBIホールディングスはリップルへの積極的な投資が有名なことからも、この予想はむしろ宣言のようにも捉えられ、期待感は非常に高まりました。

しかし実際リップルの年末価格は30円前後で、予想は外れました

SBI北尾社長の他にも、リップルの大胆かつ楽観的な価格予想が外れるケースは非常に多かったです。

Finderの予想

イギリスの比較サイトFinder.comによると、リップルは2019年末に約48円になっているという予想を発表しました。

値上がり幅は小さめで、現実的な予想に思えます。

NASDAQ(ナスダック)の予想


NASDAQ(ナスダック)はアメリカの新興企業向け株式市場で、日本だとジャスダックやマザーズと似た立ち位置です。

NASDAQは自らが提携する仮想通貨取引所の設立を発表するなど仮想通貨市場に関心を寄せています。

2017年9月の予想では、リップルが数年以内に5ドルに到達するとしています。

その直後にリップルは一時400円に到達していますし、価格予想はかなり現実味があります。

私の意見

リップルネットワークが実用化されたら、XRPが1000円に到達する可能性は十分にあると思います。

しかしこれはXRPが国際送金に使われることによる需要増大が主な要因ではないでしょう。

リップルネットワーク実用化とXRPが送金に主に使われるようになることは必ずしもイコールではないのです。

まず、法定通貨による国際送金網が仮想通貨によるものになる可能性が現状あまり高くありません。

そして仮に仮想通貨による送金が主流になったとしても、ビットコインのイメージが強いのでXRPが使われる可能性は低いと思っています。

ではなぜXRPの価格が上昇するかと言うと、投機マネーが流れ込むからです。

リップルの動きに期待する投資家がリップルに投資していく流れと、それを予想する投資家によってXRPにバブル時以上の投機マネーが流れ込む可能性があります。
決して高くはありませんが大いに考えられることです。

Seiya
リップルは確実に1000円になるとは言えませんが、将来的に価格が上がる可能性は高いです。
このままホールドし続けるのがおすすめですよ。

まだ持っていない人は1000円になる前に買おう|リップルおすすめ取引所

GMOコイン

GMOコイン
おすすめポイント

  • 超大手企業が運営なので安心して資金を預けることができる
  • リップルを安い手数料狭いスプレッドで国内最もお得に取引できる
  • セキュリティが非常に強い

GMOコイン
詳細を見てみる

GMOコインは、国内の超大手企業GMOインターネットグループによって運営される仮想通貨取引所です。

大手企業による安心の運営に加えて2019年1月、取引所形式でのリップルの取り扱いを開始しました。

安い手数料と狭いスプレッドが実現され、国内で最もお得にリップルを取引できる取引所となりました。

セキュリティもGMOインターネットグループが培ったノウハウがあり、またこれまでハッキングで資金が流出したことがないので安心と考えられます。

現在、口座登録だけで20,000satoshiプレゼントのキャンペーン中です!このキャンペーンは突然終わる可能性があるので、早くから登録する方が多いです。

GMOコイン
キャンペーンを受け取る

リップルの取引所比較表

使い勝手セキュリティ取引手数料運営の信頼度キャンペーン紹介記事
GMOコイン非常に良い非常に強いMaker:無料
Taker:0.01%
非常に高い口座開設で20,000satoshiこちら
BITPoint(ビットポイント)良いある程度強い無料ある程度高い口座開設と5万円入金で3000円こちら
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)普通強い現物取扱なし非常に高い口座開設で1000円こちら
bitbank.cc(ビットバンク)普通非常に強いMaker:-0.05%
Taker:0.15%
あまり高くないTaker手数料の20%キャッシュバックこちら
Liquid by Quoine(リキッド)普通強い0.25%あまり高くない最大23,000円こちら

この表を見るとわかりますが、GMOコインが最もお得に取引できるかつ他の性能も高いですね。

まとめ

この記事のまとめ

  • リップルネットワークは国際送金に採用されるなど将来性が高い
  • 1000円になる可能性は高くないがゼロではない
  • リップルはホールドし続けるのがおすすめ
  • 価格が上がる前にGMOコインでリップルを購入する人が多い

リップルには高い将来性があり、動向を注目している投資家は非常に多いです。

私の予想では価格は将来的に上がりますが、理由が多くの人の予想と異なります。

国際送金のすべてにXRPが使用されたら、という皮算用には気をつけたほうがいいと思いますよ。

GMOコイン
公式サイトはこちら

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。