ビットフライヤー ( bitFlyer )の登録方法|口座開設から入金・購入まで徹底解説!

取引所人気ランキング(上位3社)



bitFlyerの登録が再開したらしいけど、どんな取引所なんだろう?

そのような疑問を抱えてはいませんか?

確かに、長い間登録を停止していたbitFlyerについて気になりますよね!

実は、bitFlyerは資本金が41億円あったり、取引量国内一だったりと、日本最大級の仮想通貨取引所です!

この記事では、そんなbitFlyerの特徴や登録・口座開設方法について解説します!

bitFlyer(ビットフライヤーとは

bitFlyer六角チャート

六角チャートに関して

bitFlyerは、2014年に設立された日本初の仮想通貨取引所です。

日本最大規模の取引量とユーザー数を誇る国内最大級の取引所です!

bitFlyerの取引画面が非常に見やすくて使いやすと、初心者の方にも人気があります。

資産補償制度があったり、ビットコインがもらえるサービスがあったりと独自のサービスが数多くあります。

2018年6月から金融庁の業務改善命令を受け、新規登録を停止していましたが、2019年7月3日より新規登録が再開されました!

bitFlyer(ビットフライヤー)に登録するメリット

取引量が多い

bitFlyer

bitFlyerは、ビットコインの取引量が日本一です!

取引量が多いことは、適正価格での安定したトレードを行う上で重要なポイントとなります。

ビットコインを取引する上ではビットフライヤーは最も人気のある取引所のひとつと言えます。

初心者でも使いやすい

ビットフライヤーの取引所画面

bitFlyerは、取引画面がとても見やすくて使いやすいです!

シンプルなデザインで、初めて取引を行う人でも迷わずにできます。

ビットコイン取引量日本一でもあるので、仮想通貨を始めるうえでbitFlyerはとりあえず登録しておくのも良いかもしれません。

bitFlyerウォレット

また、「bitFlyerウォレット」というスマホアプリをリリースしています。

画面がシンプルで見やすく、初心者でも簡単に使いこなすことができます。

また、取引だけでなくビットコインを使って買い物をすることができます

「ウォレットクラス」と「トレードクラス」がある

「ウォレットクラス」と「トレードクラス」の比較

bitFlyerには「ウォレットクラス」と「トレードクラス」の2つのアカウントクラスがあります。

「ウォレットクラス」では仮想通貨の取引が行えないのに対し、「トレードクラス」では取引だけでなくFX取引なども可能になり使用できる機能の幅が広がります。

以下では「トレードクラス」の登録方法を紹介していきます。

最大500万円までの盗難補償制度がある

bitFlyerには、仮想通貨をハッキングなどで盗難された時の補償制度があります。

bitFlyerのセキュリティは最強ですが、国内・海外のハッキング事件が後を絶たないため心配になりますよね。

こちらの盗難補償は最大500万円まで補償されます。

ただし、二段階認証の設定が絶対条件ですので補償制度の適用を受けるためにも二段階認証は行いましょう!

ビットコインが貰えるサービスがある

公式サイトより引用

ビットフライヤーオリジナルのサービスで、買い物をしたりカードを作ったりするとビットコインを貰う事が出来ます。

いま大人気のZOZOTOWNで商品を購入すると商品代の0.6%ほどのビットコインが貰えるので、普段から利用している方はこの為だけでも登録しておくと良いですよ。

仮に3000円分のビットコインを貰ったとして、その後ビットコインの価格が倍になれば6000円がタダで貰える事になります。

これはかなりお得なサービスですので、私たちも普段から利用していますよ。

bitFlyer(ビットフライヤー)登録の5ステップ

ビットフライヤーの登録の流れ

STEP1:メールアドレスを登録する

bitflyer公式サイトにアクセスして、アカウントを作成します。

セキュリティ面を考えて、Facebookアカウントなどは使わずにメールアドレスでの登録がおすすめです。

ビットフライヤーのメールアドレス入力

メールアドレスを入力後に、『送信』をクリックするとメールが届きます。

届いたメールに記載されたキーワードを入力して、『次へ』をクリックするとメールアドレスの登録は完了となります。

ビットフライヤー登録時のキーワード入力画面

STEP2:利用規約及びその他事項を確認する

ビットフライヤー同意事項

利用規約及びプライバシーポリシーについての確認事項が表示されますので、確認して下さいね。

四項目ありますので、それぞれにチェックをつけたら『同意する』をクリックしましょう。

STEP3:二段階認証を登録する

ビットフライヤーの2段階認証

次の画面では二段階認証を設定する画面が現れます。

セキュリティの観点から二段階認証は強くおすすめします。

認証コードはアプリで受け取る方法と携帯電話のSMSで受け取る方法があります。

ビットフライヤー二段階認証のチェック項目

認証コードを受け取る方法を選んだら実際に二段階認証を使う場面を設定して二段階認証設定は完了となります。

STEP4:個人情報と電話番号を登録する

ビットフライヤー確認書類入力

二段階認証の登録が完了すると上記画面が表示されますので、そのまま個人情報の入力に移ります。

個人情報に関しては、銀行口座を登録する際に相違が無いように正確に入力をして下さいね。

ビットフライヤー個人情報入力

画面の通りに個人情報の入力をしていきましょう。

この情報は後ほどする本人確認書類の提出に使う『免許証・マイナンバーカード・パスポート』などと必ず同じ内容を記載して下さいね。

間違いがあった場合には、登録が完了出来ないケースがありますよ。

入力が完了したら続けて本人確認書類の提出に移動します。

STEP5:本人確認書類の提出

ビットフライヤー身分証明書アップロード

こちらでは下記のいずれかが必要になりますので、好きな物を選んで提出しましょう。

身分証明書一覧

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 各種年金手帳
  • 各種福祉手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国公的書類(海外外国人用)

提出の際ははっきりと映った写真にして下さい。

こちらも再提出を指示される事があり、二度手間になってしまいますよ。

STEP6:銀行口座の登録

最後に銀行口座の登録を行いましょう。

銀行名・支店名・口座種別・口座番号・口座名義を正確に入力し、登録します。

これで日本円の入出金や仮想通貨取引が可能となります。

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方

日本円の入金

ビットフライヤー入金方法

左のバナーにある『入出金』を選択すると、入金方法を選ぶ画面が出てきます。

日本円』を選択し続いて『入金』を選択します。

入金方法は「銀行振込」「インターネットバンキングで入金」「コンビニから入金」の3種類があります。

それぞれの入金方法によって手数料や入金のタイミングが異なるので注意しましょう。

日本円の出金

ビットフライヤーの出金方法
入金の時と同じように『入出金』タブをクリックします。

出金』を選択すると、登録した銀行口座が現れるので、出金したい銀行口座を選択します。

銀行口座を登録していない場合は『銀行口座を登録する』を選択して出金したい銀行口座を登録しましょう。

仮想通貨の預入

仮想通貨をbitFlyerのウォレットに預入する場合は、左のメニューバーから『入出金』のタブを選択し、手続きしたい通貨を選択します。

預入』を選択すると、画面にQRコードとアドレスが現れるので、QRコードを読み取るかアドレスをコピーすることでビットコインをbitFlyerウォレットへ預入することができます。

仮想通貨の送付

ビットフライヤーの送付を説明

仮想通貨を他のウォレットへ送付する場合は、『入出金』タブより手続きしたい通貨を選択した後、『送付』を選択します。

送付先のアドレスが登録されていない場合は新しく登録する必要があるので『アドレスを登録する』をクリックします。

ビットフライヤーの外部アドレスの登録

すると上のような画面が表示されるので、必要事項を入力して登録します。

登録が完了すると仮想通貨の送付が可能になります。

bitFlyer(ビットフライヤー)を使うときの注意点

最大レバレッジが15倍から4倍に

最大レバレッジの変更

bitFlyer(ビットフライヤー)のビットコインFXのレバレッジ倍率はこれまで15倍でしたが、2019年4月より4倍に変更されました。

そのため、より高いレバレッジ倍率で取引したいという方は注意が必要です。

仮想通貨のレバレッジ取引について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

仮想通貨のレバレッジ取引とは?メリット・デメリット、儲けるコツなど完全解説!

2019.10.10

販売所でアルトコインを購入するのは避けよう

アルトコイン販売所から、ビットコイン以外の通貨が購入出来ます。

ビットフライヤーの取り扱いしているアルトコインは下記の通りです。

取り扱い一覧

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラッシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リスク(LSK)

これらの5つの通貨を購入出来ますが、ビットフライヤーは販売所ですので、スプレッド(売買価格に上乗せされる販売所の利益)が非常に高く付きます。

初心者の方はこのスプレッドで損をするケースが非常に高いので、アルトコインを買う際には販売所ではなく取引所を使用しましょう。

アルトコインの購入にはCoincheck(コインチェック)がお得

コインチェックバナー

Coincheck(コインチェック)は、私たちが普段から使用している国内取引所です。

Coincheck(コインチェック)がなぜお得かと言うと、取り扱い通貨が9種類と、国内で最も多いからです。

それぞれの登録方法や使い方は記事にまとめてありますので、是非参考にしてみてくださいね。

▼Coincheckの登録方法について詳しくはこちら▼

コインチェック(coincheck)の登録・二段階認証・使い方を初心者にも分かりやすく解説!

2019.12.18

Coincheck公式サイトはこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録に関するQ&A

登録にかかる時間はどれくらい?

ビットフライヤーの登録にはおよそ3〜5日かかります。

本人確認書類の精査が完了するまで少々時間がかかってしまうので注意しましょう。

一週間経っても登録が完了しない場合はメールで連絡することをおすすめします。

アカウントが凍結してしまった

一定回数以上パスワードの入力を間違えてしまうと、一定時間ログインできなくなってしまいます。

これは一定時間経つとログインできるようになるので心配する必要はありません。

ただ、セキュリティ上口座が凍結されてしまう場合もあるので、その場合はこちらのURLから凍結解除の申請を行う必要があります。

登録口座を変更したい場合どうすればいい?

登録した銀行口座を変更したい場合は、変更後の銀行口座情報をメニューの「入出金」から「日本円出金」のタブにて追加登録することで口座変更することができます。

口座を削除したい場合は、別の銀行口座を追加した後にこちらのお問い合わせフォームから依頼することで可能となります。

二段階認証は登録中に行う

二段階認証とは、アカウントのログインパスワードに加え確認コードによる認証を行うことでよりセキュリティを強化する仕組みのことです。

セキュリティ上の観点から二段階認証は必ず設定しましょう。

bitFlyerの場合初期登録の段階で設定することができますが、設定画面よりいつでも設定内容について確認することができます。

設定内容を確認したい場合は、左のメニューバーから『設定』を選択し、続いて『セキュリティ設定』を選択します。

ビットフライヤー2段階認証設定画面

すると上のような画面が現れます。変更したい場合は『二段階認証を変更する』をクリックして内容を変更しましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)登録から入金の仕方:まとめ

アルトコインを買う事に関してはあまりおすすめは致しませんが、ビットコインを貰う・ビットコインでAmazonギフト券を買うなどのサービスはかなり利用価値があると思います。

また、今回はご紹介しませんでしたがビットコインFXをするのであれば、ビットフライヤーは非常におすすめですよ。

ビットコインFXに慣れていると、投資の幅が広がりますので少額でもチャレンジしてみて下さいね。

【監修者】

seiya氏

2017年当時、ハウスメーカーで勤務する傍ら、副業として仮想通貨投資を始める。独学で仮想通貨投資について猛勉強し利益を上げていき、当サイト「いますぐ始める仮想通貨投資」を立ち上げる。自身のトレード経験を活かしたユニークな記事が話題を呼び、ブログ開設からわずか半年で月間88万pvを達成した。

〜実績〜
いますぐ始める仮想通貨投資監修
27歳でアーリーリタイアした男のブログ監修
超ど素人がはじめる仮想通貨投資」 出版