ビットフライヤー ( bitFlyer )の登録方法|口座開設から入金・購入まで徹底解説!

取引所人気ランキング(上位3社)



bitFlyerの登録が再開したらしいけど、どんな取引所なんだろう?

そのような疑問を抱えてはいませんか?

確かに、長い間登録を停止していたbitFlyerについて気になりますよね!

実は、bitFlyerは資本金が41億円あったり、取引量国内一だったりと、日本最大級の仮想通貨取引所です!

この記事では、そんなbitFlyerの特徴や登録・口座開設方法について解説します!

bitFlyer(ビットフライヤーとは

bitFlyerは、2014年に設立された日本初の仮想通貨取引所です。

日本最大規模の取引量とユーザー数を誇る国内最大級の取引所です!

bitFlyerの取引画面が非常に見やすくて使いやすと、初心者の方にも人気があります。

資産補償制度があったり、ビットコインがもらえるサービスがあったりと独自のサービスが数多くあります。

2018年6月から金融庁の業務改善命令を受け、新規登録を停止していましたが、2019年7月3日より新規登録が再開されました!

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

初心者でも使いやすい

bitFlyerは、取引画面がとても見やすくて使いやすいです!

シンプルなデザインで、初めて取引を行う人でも迷わずにできます。

ビットコイン取引量日本一でもあるので、仮想通貨を始めるうえでbitFlyerはとりあえず登録しておくのも良いかもしれません。

最大500万円までの盗難補償制度がある

bitFlyerには、仮想通貨をハッキングなどで盗難された時の補償制度があります。

bitFlyerのセキュリティは最強ですが、国内・海外のハッキング事件が後を絶たないため心配になりますよね。

こちらの盗難補償は最大500万円まで補償されます。

ただし、二段階認証の設定が絶対条件ですので補償制度の適用を受けるためにも二段階認証は行いましょう!

ビットコインが貰えるサービスがある

公式サイトより引用

ビットフライヤーオリジナルのサービスで、買い物をしたりカードを作ったりするとビットコインを貰う事が出来ます。

いま大人気のZOZOTOWNで商品を購入すると商品代の0.6%ほどのビットコインが貰えるので、普段から利用している方はこの為だけでも登録しておくと良いですよ。

仮に3000円分のビットコインを貰ったとして、その後ビットコインの価格が倍になれば6000円がタダで貰える事になります。

これはかなりお得なサービスですので、私たちも普段から利用していますよ。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法

メールアドレスを登録する

bitflyer公式サイトにアクセスして、アカウントを作成します。

セキュリティ面を考えて、Facebookアカウントなどは使わずにメールアドレスでの登録がおすすめです。

メールアドレスを入力後に、『アカウント作成』をクリックするとメールが届きます。

届いたメールに記載されたキーワードを入力して、再度アカウント作成をクリックすれば登録完了ですよ。

利用規約及びその他事項を確認する

利用規約及びプライバシーポリシーについての確認事項が表示されますので、確認して下さいね。

四項目ありますので、それぞれにチェックをつけたら『bitFlyerをはじめる』をクリックしましょう。

 

最後に上記画面が表示されますので、そのまま個人情報の入力に移ります。

個人情報に関しては、銀行口座を登録する際に相違が無いように正確に入力をして下さいね。

個人情報と電話番号を登録する

画面の通りに個人情報の入力をしていきましょう。

この情報は後ほどする本人確認書類の提出に使う『免許証・マイナンバーカード・パスポート』などと必ず同じ内容を記載して下さいね。

間違いがあった場合には、登録が完了出来ないケースがありますよ。

入力が完了したら続けて本人確認書類の提出に移動します。

本人確認書類の提出

こちらでは下記のいずれかが必要になりますので、好きな物を選んで提出しましょう。

身分証明書一覧

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民票の写し
  • 特別永住者証明
  • マイナンバーカード
  • パスポート

提出の際ははっきりと映った写真にして下さい。

こちらも再提出を指示される事があり、二度手間になってしまいますよ。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法と仮想通貨の買い方

入出金はコンビニ入金などが選べる

左のバナーにある『入出金』を選択すると、入金方法を選ぶ画面が出てきます。

この際、『クイック入金』を選ぶとインターネットバンキングやコンビニ入金で最速で入金する事が可能です。

通常通り銀行振り込みを行いたい方は、『日本円ご入金』のタブをクリックしましょう。

ここで銀行口座の登録が出来ますよ。

アルトコイン販売所でアルトコインを買うのは避けよう

アルトコイン販売所から、ビットコイン以外の通貨が購入出来ます。

ビットフライヤーの取り扱いしているアルトコインは下記の通りです。

取り扱い一覧

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラッシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リスク(LSK)

これらの5つの通貨を購入出来ますが、ビットフライヤーは販売所ですので、スプレッド(売買価格に上乗せされる販売所の利益)が非常に高く付きます。

初心者の方はこのスプレッドで損をするケースが非常に高いので、アルトコインを買う際には販売所ではなく取引所を使用しましょう。

具体的にこの二つは何が違うのか?簡単に解説するとこちらになります。

取引所と販売所の違い

  • 取引所は個人間で売買の値段を決め、取引する場所
  • 販売所は運営会社から直接通貨を買う場所。

販売所の形式を取っているのは、国内ではコインチェックとビットフライヤーです。

この二つでのアルトコインの取引はなるべく避ける様にして、取引所での通貨の購入をおすすめします。

ではどこの取引所が良いのかを続いてご紹介しますね。

アルトコインの購入にはBITPoint(ビットポイント)がお得

BITPoint(ビットポイント)は、私たちが普段から使用している国内取引所です。

この二つの取引所がなぜオススメかと言うと、販売所形式ではないので仮想通貨の購入に無駄な手数料がかかりません。

それぞれの登録方法や使い方は記事にまとめてありますので、是非参考にしてみてくださいね。

無駄な手数料を支払わずに、しっかり利益を自分の物にしましょう。

以下からBITPointに登録できます。

BITPoint
公式サイトはこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)登録から入金の仕方:まとめ

アルトコインを買う事に関しては余りおすすめは致しませんが、ビットコインを貰う・ビットコインでAmazonギフト券を買うなどのサービスはかなり利用価値があると思います。

また、今回はご紹介しませんでしたがビットコインFXをするのであれば、ビットフライヤーは非常におすすめですよ。

ビットコインFXに慣れていると、投資の幅が広がりますので少額でもチャレンジしてみて下さいね。

記事内で紹介したその他の国内取引所

【監修者】

seiya氏

2017年当時、ハウスメーカーで勤務する傍ら、副業として仮想通貨投資を始める。独学で仮想通貨投資について猛勉強し利益を上げていき、当サイト「いますぐ始める仮想通貨投資」を立ち上げる。自身のトレード経験を活かしたユニークな記事が話題を呼び、ブログ開設からわずか半年で月間88万pvを達成した。

〜実績〜
いますぐ始める仮想通貨投資監修
27歳でアーリーリタイアした男のブログ監修
超ど素人がはじめる仮想通貨投資」 出版