▼口座開設数急上昇中!リップルの取引も出来る▼

【初心者向け】仮想通貨取引所の登録方法と使い方記事まとめ!国内から海外までおすすめを紹介

仮想通貨取引所 おすすめ 一覧

私がおすすめする仮想通貨取引所の登録方法と使い方記事を一覧でご紹介します。

仮想通貨を買うためには取引所か販売所を利用する必要があります。

取引所と販売所の違い

  • 取引所は個人間で売買の値段を決め、取引する場所
  • 販売所は運営会社から直接通貨を買う場所

販売所は簡単に仮想通貨の売買が出来る反面、運営会社に無駄な手数料(スプレッド)を支払う事になってしまいます。

取引所での取引は初心者向けではありませんが、慣れれば非常に簡単ですから、出来る限り取引所を利用するようにしましょう。

初心者の方は「仮想通貨の取引所は使い分けしよう!初心者におすすめする最優先で登録すべき3つの取引所」を先に読んで頂ければ幸いです。

仮想通貨取引所一覧【日本国内】

GMOコイン

GMOコインはネット企業大手『GMOインターネットグループ』の傘下である『GMOコイン株式会社』が運営する仮想通貨販売所です。

コインチェックと同じく販売所形式で仮想通貨を売買するシステムになっています。

また、ビットコインFXに特化したスマートフォンアプリが非常に優秀ですので、一度利用してみる事をおすすめしますよ。

BITPoint(ビットポイント)

BITPointは、自分でやるのが面倒な税金計算を楽にしてくれるツールがとても人気です。アルトコインも取引所形式で取り扱っているのでお得に取引したい方に登録をおすすめできる取引所です。

ビットフライヤー(bitFlyer)

成海璃子さんが出演しているCMが結構流れているので、ビットフライヤーだけは知っているという方も多いかと思います。

ビットコインを中心に取り扱っており、今はイーサリアム(ETH)やモナコイン(MONA)の取り扱いも始めました。

LISK(リスク)が上場して高騰!購入するメリットと通貨の特徴は?」でも解説していますが、ビットフライヤーに新規上場する事で価格上昇するケースも多いです。

ビットコインの取引量が多いですから、元々FXをしていて取引に慣れている方やデイトレードをしたい方は、ここから始めるのも良いかもしれません。

ビットバンク(bitbank.cc)

ビットバンクは取引所の中でも作りが複雑ではなくシンプルなので、サイトが重くなく非常に快適なトレードが可能です。

上級者向けにテクニカル分析ツールも備わっており、初心者から上級者まで誰でも使い勝手が良く感じる取引所だと思います。

また、日本で特に人気のあるリップルが自分の好きな価格で取引出来る唯一の取引所です。

ビットバンク以外でリップルを購入するのにおすすめの取引所は「リップル(XRP)を最も安く購入出来る取引所とは?おすすめランキングを紹介」で紹介していますよ。

2017年10月16日~2018年9月30日まで取引手数料が無料になるキャンペーン中ですから、私は使用頻度が普段より上がっています。

ザイフ(Zaif)

ザイフ(Zaif)はコインチェックと違い取引所形式ですから、自分で買いたい値段・売りたい値段を決めて取引をします。

売買時に無駄な手数料がほとんどかからないので『短期でどんどん売り買いしたい』という方には相性が良い取引所ですね。

取り扱い通貨はビットコインを含め5種類+ザイフがオリジナルで発行している通貨(トークン)の取り扱いもあり、コインチェックとは違った通貨を購入出来ます。

また、仮想通貨の積立投資が出来るのはザイフ(Zaif)のみとなっており、私もイーサリアムを毎月積立で購入しています。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)という取引所が2018年1月に新たに開設されました。

DMMと言えば、オンライン英会話教室からゲーム・FXまで広範囲で手掛けている有名企業ですね。

ローラをCMに起用しており、渋谷のスクランブル交差点にも広告を出していますから、見た事がある人も多いのではないでしょうか?

アルトコインのレバレッジ取引が出来るのが特徴の取引所ですので、アカウント作成をしておいて損はないでしょう。

仮想通貨取引所一覧【海外】

バイナンス(BINANCE)

2017年7月に開設された中国の取引所で、いま最も勢いのある取引所です。

開設から僅か半年で取引高が世界1位になり、海外取引所で日本語に対応している数少ない取引所ですから、日本人ユーザーの割合が高くなっています。

バイナンス(BINANCE)は海外取引所の中でも、スマートフォンからの取引が最もしやすい所も私がおススメする理由の一つです。

当ブログではバイナンスへの送金方法やアプリの使い方解説の記事も充実させていますから、初めて海外取引所を使う方は最初にバイナンスから始めましょう。

ビットレックス(BITTREX)

私が以前に挑戦していた「1000万円チャレンジ」でメインの取引所として利用していました。

バイナンスよりも取り扱い通貨が多く、2017年夏頃では最も人気の取引所となりましたが、現在はバイナンスへ流れた方が多い印象です。

ビットレックス(BITTREX)のみで取り扱いしている通貨も多いですし、日本発祥のモナコインも上場していますよ。

クリプトピア(Cryptopia)

約400種類以上(2018年3月現在)の通貨を取り扱いしており、ICO終了後の通貨を最速で上場するケースも多く、10倍銘柄がよく生まれている仮想通貨取引所です。

しかし、中にはプロジェクトが全く進行していない仮想通貨も多くいので、購入する際はかなりのリスクが伴う事も忘れないようにする事が必要です。

クリプトピアは前述したビットレックス・バイナンスに比べると取引量も少なく、大きな金額を取引するのには向いていません。

しかし、少額から投資を始めるのであれば大きく利幅を取れる可能性がある取引所ですから、登録しておいて損が無いと思い紹介しています。

クーコイン(Kucoin)

比較的マイナーな取引所でしたが、2017年12月にバイナンスの新規登録停止が発生した際に、日本人の注目が集まった取引所です。

クリプトピアと同じくICO終了後の通貨を最速で上場する事が多く、ビットレックスやバイナンスに上場しそうな通貨を仕入れる際に利用します。

取引高はそこまでありませんので、大きな資金がある方では中々使いづらい取引所になりますので、仕込みに利用する事がおすすめですよ。

リクイ(Liqui)

リクイ(Liqui)は今はほとんど利用者がいない取引所ですが、以前はクリプトピアやクーコインと同じく仕込みに使う事が多い取引所でした。

取引高も低いですが、定期的にアクセスしてみると掘り出し物がある可能性がありますよ。

おすすめ仮想通貨取引所一覧:まとめ

今回は国内と海外合わせて11ヶ所のおススメ取引所をご紹介しました。

これから投資を始める方に対して私が言える事は、取引所の登録は出来る限り多くしておいた方が良いという事です。

例えばツイッターなどで通貨の情報を見つけたとして、その通貨が登録していない取引所での扱いだとすぐに動けずに買い逃し、その通貨が伸びた後で後悔する。という事を私は過去に何回もしてきたからです。

こういった機会損失が取引所を登録しておくだけで防げると考えれば手間では無いはずですね。

私は海外取引所を使う事に抵抗があったので投資を始めてから2か月以上使いませんでしたが、その期間だけでも多くのチャンスを失ったと実感しており、これから投資を始める方には是非使って貰いたいと思い開設方法の記事を多数書いています。

海外の取引所を使う事でより多くの通貨を取引出来るようになりますので、国内での取引に慣れたらすぐに海外での取引にチャレンジする事をおすすめします。

初心者の方はまずこの記事を読もう

私が仮想通貨投資を始めてから経験した事や、実際にトレードをして得た手法などの記事をまとめました。

このまとめを読めば、初心者の方でもすぐに中級者になれるようになっています。

かなり長い記事にはなりますが、しっかりと読み込んで頂ければ今後の仮想通貨投資に生かせる物があると思いますよ。