▼口座開設数急上昇中!リップルの取引も出来る▼

Zaif ( ザイフ )で指値取引をする方法は?取引方法・買い方をNEM( ネム )を使って解説

Zaif 指値 取引方法 成行注文

Zaif(ザイフ)で指値取引をする方法について解説します。

コインチェックで仮想通貨投資を始めた方は、トレード板を使っての取引に慣れていないと思いますので、ここで指値取引の方法を学んでいきましょう。

ビットコインやNEM( ネム )・モナコイン(MONACOIN)のようなアルトコインを手数料がほぼかからずに購入出来るようになりますから、読むだけで手数料で損する事がなくなります。

こちらは以前記事にした口座開設方法の続きになりますので、Zaif(ザイフ)の口座開設がまだの方は登録方法の記事を先に参照下さい。

ZaifはNEM( ネム )・MONACOIN(モナコイン)といった、日本で人気の仮想通貨が指値取引出来るのが何よりの利点です。

日本円でこの2銘柄が手数料ほぼ無しで購入出来るのは Zaifだけ。
両銘柄ともコミュニティも大きいですから、これから仮想通貨投資を始めようと考えている方が最初に選ぶべき通貨ですね。

Zaif(ザイフ)で仮想通貨の指値取引をする方法

Zaif(ザイフ)取引所にログイン

公式サイトにアクセスして取引所にログインします。

ログイン後、『アカウント』をクリックすると『取引』ボタンがあるので、ここをクリック。

この画面で指値取引をする事が出来ます。

買いたい仮想通貨(NEM)を選択する。

ログイン後の画面はデフォルトでビットコイン(BTC)を購入する状態になっています。

私は以前に間違えてビットコインを購入しかけましたので、注意が必要です。

中段の左の方に『BTC/JPY』というタブがありますので、そこをクリックするとNEM(XEM)を選ぶ欄が出てきます。

NEM(ネム)はNew Economy Movementの略称で、プロジェクトの名前です。

実際に発行されている仮想通貨の名前はXEM(ゼム)と呼ばれていますので、今回は『XEM/JPY』を選択すれば大丈夫ですね。

補足
『XEM/JPY』のような表記をペアと呼びます。これはXEMと日本円のトレードが可能という意味です。

これで日本円でNEMを買う画面に切り替わりました。

出典:Zaif公式サイト

取引画面の見方

画面の内容はシンプルで初心者の方でも分かりやすくなっています。

ざっくり抑えておけばいい情報は画像の通りです。

私がチェックするポイント

  • 価格変動の表示で1日の値動きをチェック
  • チャートを見て全体の値動きを確認
  • 買い希望・売り希望がどれくらい入っているか

この3点を抑えておけば初心者の方は大丈夫です。

これは以前に記事にした、ビットバンク(bitbank)の使い方でリップルの買い方を解説した際にも同じ説明をしています。

全体的な値動きを見て、『過去と比べて現在は高いのか安いのか』をしっかり見極めて購入しましょう。

XEM(ゼム)の場合は、時価総額も高く価格も20円~30円の間で安定して推移していますから、20円以下になるようであれば買いかと私は考えます。

買い注文・売り注文を出す

先ほど解説した画面の『注文を出す』欄に、情報を入力していきます。

買い注文の手順

  1. 指値を選択
  2. XEMを買いたい値段を入力(20円で買いたいなら20円)
  3. 買いたい枚数を入力(60万円分なら3万枚)
  4. 購入後に幾らで売るか入力(入力なしでもOK)

ここまで入力したら、『買い注文』をクリックすれば20円で30,000XEMの買い注文が『現在入っている売買注文』の欄に表示されます。

あとはXEMが20円に落ちるのを待っていれば、20円になった時に自動的に購入されます。

成行注文・簡単売買

成行注文方法

例えば、今すぐにXEM(ゼム)が買いたい!という方もいると思います。

その場合は現在価格ですぐに買い注文が出来る『成行』を使うと便利です。

これは買いたい量を入力するだけで、現在取引されている価格ですぐに『買い注文』を出すことが出来ます。

指値をしていなかったけど、ふと価格を確認したらXEM(ゼム)が19円だったのですぐに買う。という事が手数料ほぼ無しで出来るので、私も使うケースは結構多いです。

簡単売買

Zaifはビットコインとモナコインのみ販売所形式も取っています。

参考:『仮想通貨の販売所、取引所の違いは?知らないと損する両者のメリット・デメリットを解説!

どちらも指値取引・成行注文が出来ますから、無駄に手数料を払わないように簡単売買は使用しない事をおすすめします。

初心者の方が簡単売買を結構利用しているようですから、前述した取引方法で手数料をあまりかけずに取引する事を私は推奨します。

Zaif ( ザイフ )で指値取引をする方法:まとめ

Zaif ( ザイフ )で指値取引をする方法はこれでマスター出来ましたでしょうか?

仮想通貨投資はトレード量が多くなればなるほど、無駄な手数料でお金をすり減らしてしまいます。

Zaifのような手数料が安くすむ取引所で、しっかりと取引方法を理解した上で投資をする事が重要ですよ。

その他おすすめする取引所

記事内でも紹介しましたが、私がリップルやビットコインキャッシュを購入する際に利用しているビットバンク(bitbank.cc)も是非利用してみて下さい。

この取引所もZaif(ザイフ)と同じく指値取引が可能な取引所です。

現在は取引手数料が無料になるキャンペーン(2017年10月16日~2018年3月31日)を開催中なので、この機会に利用する事をおすすめします。