仮想通貨の取引所は使い分けしよう!初心者におすすめする最優先で登録すべき3つの取引所


仮想通貨取引所っていくつも使った方が良いのかな…?

そのようなお悩みを抱えてはいませんか?

確かに仮想通貨取引所についてあまり知らないのに、いくつも取引所に登録するのは不安を感じますよね。

実は、仮想通貨に投資をするなら、絶対に複数の取引所を使い分けた方が良いです!

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
本記事では、なぜ使い分けるべきかという理由使い分けにおすすめな3つの取引所を細かく解説します。

仮想通貨の取引所を使い分けするべき理由とは?

取引所の使い分けをするべき理由は、リスクが分散出来て儲けやすいからです。

詳しい理由は以下で説明していきます。

取引所を使いわけするべき理由

  • 複数の取引所を使うことでリスク分散できる
  • 取引できる仮想通貨の数だけチャンスが眠っている
  • 取引所ごとに価格や手数料は違う
  • 安く買い・高く売れる取引所を選べる
  • 稼ぎやすい波にすぐ乗れる

複数の取引所を使うことでリスク分散できる

仮想通貨取引所は、インターネット上のサービスである為、サーバー落ちやハッキングのリスクが少なからずあります。

1つだけ取引所を使用していて、もしその取引所で問題が発生した場合しばらく取引を行えない可能性があります。

実際にZaifでは、2018年に問題が発生して以来、新規登録もストップしています。

複数の取引所を用いて、リスクを少なくしましょう。

取引所ごとに価格や手数料は違う

ビットバンク(bitbank.cc)GMOコインでリップル(XRP)を購入した場合を見てみましょう。(2019年2月時点の価格)

ビットバンク リップル 価格ビットバンクは取引手数料はかかりませんので、現在価格の35.205円で1XRPの購入が可能ですね。

ではGMOコインを見てみましょう。GMOコインでは取引所形式と販売所形式の2通りの方法でリップルを購入することができます。

GMOコイン取引所 リップル 価格まずはGMOコインの取引所です。ビットバンクと同じ取引所形式ですが、現在価格は35.260円でビットバンクより高くなっていることがわかります。

GMOコイン販売所 リップル 価格次にGMOコインの販売所です。販売所形式での購入額は36.692円であり、1円以上も多く支払わなければいけませんね。

仮想通貨の販売所、取引所の違いは?知らないと損する両者のメリット・デメリットを解説!』という記事でも解説しているように、販売所形式では手数料が高額になってしまいます。

中には販売所形式のみでしか通貨を購入できない取引所もありますので、そういった場合は海外取引所や、別の国内取引所で購入する方が安く購入出来るのです。

この様にして、取引所間でも価格差が発生しますし、取引手数料も取引所によって違ってくるのです。

使い分ける事で最安値で購入する事が出来たり無駄な手数料を支払わずに済む為、取引所は分ける必要性があります。

1枚でも多く通貨を買うために使い分けましょう。

安く買い・高く売れる取引所を選べる

取引所ごとに価格差があるという事は前述したとおりです。

つまり、登録している取引所の数だけ安く買える可能性・高く売れる可能性が有るわけですね。

ビットコインの国内取引所の価格差を参考に見てみましょう。

買い手の最高値がビットバンクだけ他より7000円近く高くなっています。

仮にビットコインを10枚売るとした場合、コインチェックしか登録していなければ、ビットバンクで売るよりも7万円も損する事になります。

買う時だけでなく、売る時を考えても取引所は使い分けるメリットがあるのです。

取引出来る仮想通貨の数だけ稼ぐチャンスが眠っている

取引所を一つしか使っていない場合、購入出来る仮想通貨は限られてきます。

一つの取引所しか登録していないという事は、通貨の数だけ稼ぐチャンスが眠っているのに、そのチャンスを掴む機会を自分から放棄している事と同じです。

国内で買えるアルトコインは精々20種類・コインチェックで9種類ですが、海外取引所を使えば200種類以上の通貨に触れらます。

特に国内取引所のBITPoint(ビットポイント)コインチェック(coincheck)ビットバンク(bitbank.cc)などで取り扱っている通貨は、一時期は200倍以上に暴騰した通貨もあったものの今は激しい価格変動は見せないので、短期的に数十倍のリターンを得る事は中々難しいでしょう。

ですので、海外取引所で数倍の利益を狙いつつ、国内取引所では10%~50%間の利益を細かく稼ぐという手法がおすすめですよ。

稼ぎやすい波にすぐ乗れる

2018年
1月 コインチェック事件、中国が仮想通貨規制を大幅強化、仮想通貨は全体的に大暴落
2月 ビットコイン価格は100万円前後で乱高下
3月 G20で仮想通貨関連の議題を協議。BTCなどが大きく反発し上昇
5月 全体的に下落相場
7月 ビットコインETF関連ニュースでBTC相場が乱高下
9月 リップルの国際カンファレンスが注目を集め、XRP価格が急騰
11月 BCHの開発メンバー対立によるハードフォークによって仮想通貨市場全体が混乱。BTCなど主要通貨の価格が暴落
COINPOSTより引用

仮想通貨には月々で稼ぎやすい方法が変わっていきます。

この流れに乗っているだけで簡単に利益を上げられるのですが、少なくとも3つの取引所は使えないと乗りきるのは難しいです。

前の話になりますが、2017年11月はビットコインFXがブームになり、特にGMOコインを使ったトレードは初心者でも簡単に稼げる状態でした。

参考:『GMOコインの登録方法を解説!ビットコインFXが出来るアプリも使いやすくて便利

昔の話ですが、私たちも2017年8月にバイナンス(BINANCE)が良いという話を聞いていながら実際に登録をせずに傍観しており、稼ぐチャンスを自ら放棄しました。
この失敗から、すぐに知っている取引所は全て登録を完了させました。

情報に敏感でも、取引所へすぐに送金し取引が出来る状態でないと中々行動出来ないものなのです。ですので、取引所への登録は大切と言えますね。

これから紹介する3つの取引所はそれぞれに特徴がありますので、それに応じて使い分けることをおすすめします。

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
まずは簡単で取り扱い通貨数の多いコインチェックに登録して有名なコインを取引してみて、慣れてきたらGMOコインをメインにして取引所形式や仮想通貨FXも経験し、最終的にはバイナンスでマイナーなアルトコインも投資対象に含める、といったように段階を踏んで取引所を使い分けることもできますよ。

 

コインチェック(Coincheck)

コインチェックの特徴

  • スマホアプリが使いやすくて大人気
  • 操作が簡単で迷わず使える
  • セキュリティが強い
セキュリティ手数料運営の信頼度
非常に強い
(2位)
普通
(3位)
非常に高い
(2位)
取り扱い通貨数キャンペーン使い分け属性
9種類
(1位)
口座開設と取引で
最大20,000円
メイン

(()内は国内取引所の中で編集部独自の基準に従って比較した際の順位です)

コインチェックは当サイトで最も人気の国内取引所です。 2018年1月のハッキング事件によって新規登録を停止していましたが、東証一部上場のマネックスグループが買収し、年末には取引を再開しています。

コインチェックは取り扱い通貨が多く、ネムやリスク、ファクトムなど国内取引所の中ではなかなか取引できない通貨も取り扱っています。

コインチェック 評価六角チャートに関して

コインチェックのメリット

コインチェックのメリット

  • 取引画面が見やすく、初心者でも使いやすい
  • アプリの使い勝手が非常に良く、高い評判を得ている
  • 一度ハッキング事件が起こったことで、セキュリティ面がかなり強化された

取引画面が見やすく、初心者でも使いやすい

Coincheckの取引画面はシンプルなデザインとなっており、とても使いやすいと評判です!

取引する際に難しい操作が全くいらないので、初心者の方でも迷わず使いこなせるでしょう。

アプリの使い勝手が非常に良く、高い評判を得ている

Coincheckのスマホアプリは、仮想通貨系アプリの中でもダウンロード数No.1を誇る人気アプリです。

Coincheckのアプリは操作がとても簡単で、仮想通貨の取引も迷う事なく行えます!

一度ハッキング事件が起こった事で、セキュリティ面がかなり強化された

Coincheckは、2018年1月に580億円相当のNEM流出事件が起きてしまいした。この事件が頭に残り未だ不安感を抱えている方もいるとは思います。

この事件に対してCoincheckは3ヶ月間でユーザーに対して補償を完了させました。迅速な対応の早さは信頼回復に繋がりました。

現在では、マネックスグループの下セキュリティを大幅に強化した運営となっていますので、安心して仮想通貨の取引ができます。

コインチェックの登録方法はこちら

コインチェックのデメリット

Coincheckのデメリット

  • アルトコイン取引のスプレッドが広い
  • 入金・出金に手数料がかかる

アルトコイン取引のスプレッドが広い

Coincheckでは、ビットコインのみが取引所形式の取引が可能で、それ以外のアルトコインは販売所形式でしか取引ができません。

そのためアルトコイン取引にはスプレッド手数料が少し多めにかかってしまいます。

入金・出金に手数料がかかる

コインチェックでは入金と出金に手数料がかかってしまいます。

長期的に見ると手数料だけでかなりの額を損してしまう可能性があります。

取引に慣れてきて手数料が気になる方は次に紹介するGMOコインを利用するのが良いですよ。

 

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
コインチェックは使い勝手が非常に良く、以前から高い人気を集めていました。
セキュリティ面の不安も払拭された今、再び高い注目を集めています。
手数料がかかる点以外はオススメできますので、初心者の方がまず利用するにはぴったりの取引所ですよ。

コインチェックでは、新規口座開設と取引額に応じてキャッシュバックキャンペーンを行なっています。

この機会にお得に口座開設しましょう!

 

GMOコイン

仮想通貨取引ならGMOコイン

GMOコインの特徴

  • 手数料が安い
  • 取引所形式でお得に取引できる
  • セキュリティが強い
セキュリティ手数料運営の信頼度
非常に強い
(1位)
非常にお得
(1位)
非常に高い
(1位)
取り扱い通貨数キャンペーン使い分け属性
5種類
(5位)
口座開設で20,000satoshi
がもらえる
アルトコイン、仮想通貨FX

GMOコインは2番目に人気の国内取引所です。 国内の中では、DMM Bitcoinと並んで運営が最大級の仮想通貨取引所です。

GMOコインは販売所・取引所・FXと豊富な取引方法がある為、初心者から上級者の方までオススメの取引所です。

GMOコイン 評価

GMOコインのメリット

GMOコインのメリット

  • 入出金や送金の手数料が無料で気にせず取引できる
  • 取引所形式でお得に取引できる
  • セキュリティ対策が万全で信頼できる

入出金や送金の手数料が無料で気にせず取引できる

GMOコインでは現物取引にかかるの手数料が全て無料です。

自己負担が普通である送金手数料もGMOコインでは無料となっています。

手数料がかからないので気にせず仮想通貨の取引が行えます。

取引所形式でお得に取引できる

GMOコインは、全通貨が取引所形式で取引できるようになりました。

取引所形式のためスプレッドが小さくお得に取引できます。

セキュリティ対策が万全で信頼できる

GMOコインは、東証1部上場企業であるGMOインターネットが運営しています。

大企業であるGMOインターネットならではの強固なセキュリティで安心して仮想通貨の取引が行えます。

GMOコインの登録方法はこちら

GMOコインのデメリット

GMOコインのデメリット

  • 取り扱い通貨が少ない
  • たまに売買の規制が入ることがある

取り扱い通貨が少ない

GMOコインのデメリットを強いてあげるとしたらこの取扱い通貨が多くない事です。

人気通貨を取り扱っているので、そこまでは問題はないと思います。

他の通貨も取引してみたいと思ったら次に紹介するBinanceを利用してみましょう。

たまに売買の規制が入ることがある

GMOコインでは過去に、ビットコイン高騰時に「買い規制」が起こることがありました。

ですが、現在ではビットコインも落ち着いてきたこともあり、買い規制は起きていないようです。

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
GMOコインは仮想通貨FXの評判が非常に良く、特に、仮想通貨FXの専門アプリ「ビットレ君」は高い人気を集めています。
私たちも利用していますが、チャートが見やすくて注文も簡単なので、非常に便利だと感じています。

今ならGMOコインに登録するだけで、20000Satoshi分のビットコインがもらえます!

この機会を逃さないように登録しちゃいましょう。

BINANCE(バイナンス)

初めての海外取引所はバイナンス

BINANCEの特徴

  • 取扱い通貨が100種類以上
  • 取引手数料が安い
  • アプリが便利
セキュリティ取引手数料運営の信頼度
強い非常にお得高い
取り扱い通貨数キャンペーン使い分け属性
100種類以上草コイン

バイナンス(BINANCE)は2017年7月に開設された中国の取引所です。

現在世界1位の取引量となっています。

日本人利用者が多い事から、通貨の値上り幅が大きくなる傾向が強く、利益を上げやすいのも特徴の一つです。

バイナンスのメリット

バイナンスのメリット

  • アルトコインの取り扱いが100種類を超えている
  • 海外取引所の中でも取引手数料が激安
  • アプリがとても便利

アルトコインの取扱いが100種類を超えている

バイナンスは100種類以上ものアルトコインを取り扱っています。

中には、今後価値が暴騰するような通貨も眠っているでしょう。

そのような通貨を狙って購入してみるのも面白いかもしれません。

海外取引所の中でも取引手数料が激安

バイナンスの取引手数料は、取引額の0.1%と激安です。

さらに、バイナンスが発行するBNB(バイナンスコイン)を使って取引すると取引手数料は0.075%とさらに安くなります。

アプリがとても便利

バイナンスのスマホアプリはデザインがシンプルで見やすく・使いやすくなっています。

ただし、こちらも日本語には対応されていません。

このアプリは非常に便利ですから、ダウンロード必須です!

バイナンスの登録方法はこちら

バイナンスのデメリット

バイナンスのデメリット

  • 取引所が日本に対応していない
  • 日本円を入金することができない

取引所が日本語に対応していない

バイナンスは海外の取引所ということもあり、日本語に対応していません。

Google翻訳での日本語表示のみが可能です。

日本円を入金することができない

バイナンスは日本円を直接入金することができません。

取引を行う場合は、日本の取引所でビットコインやイーサリアムを購入しバイナンスに送金しなければいけません。

難しそうに思われるかもしれませんが、慣れれば簡単なので、積極的に利用してみることをオススメします。

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
有名でないコインも数多く扱っているので、草コインやマイナーな通貨が欲しくなった際はバイナンスを利用しています。

 

仮想通貨取引所の違いがひと目でわかる比較表

使い勝手セキュリティ取引手数料運営の信頼度キャンペーン使い分け属性紹介記事
コインチェック非常に良い非常に強い無料非常に高い口座開設と取引で最大20,000円メインこちら
GMOコイン非常に良い非常に強いTaker:0.01%非常に高い口座開設で20,000satoshiアルトコイン、仮想通貨FXこちら
BITPoint(ビットポイント)良いある程度強い無料ある程度高い口座開設と5万円入金で3000円アルトコイン、仮想通貨FXこちら
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)普通強い無料非常に高い口座開設で1000円アルトコインFXこちら
bitbank.cc(ビットバンク)普通非常に強いMaker:-0.05%
Taker:0.15%
あまり高くないTaker手数料の20%キャッシュバックアルトコインこちら

国内の主要な取引所に関して項目ごとに一覧にしています。取引手数料に関してはビットコインのものを載せています。

仮想通貨の取引所は使い分けするべき:まとめ

仮想通貨の取引所は、使い分けする事でリスクを分散できるかつ儲けやすくなります。

今回は私たちも普段から使用している3つの取引所をご紹介しました。

知識が増えてトレードに慣れてきても、これらの取引所は変わらず使い続けています。

初心者から中級者になる最短のルートは、色々な通貨を知る事で興味を持った通貨を勉強し、購入してみる事が一番だと私たちは考えます。

ですから、少額でも構いませんのでトレードに挑戦してみましょう。1ヵ月もすればすぐに初心者から脱却出来るはずですよ。

3つの取引所を使い分けるのに慣れた方は『仮想通貨取引所の登録方法と使い方記事まとめ!国内から海外までおすすめを紹介』の記事を続けて参照してくださいね。

今回紹介したおすすめの仮想通貨取引所

その他の国内仮想通貨取引所

【監修者】

seiya氏

2017年当時、ハウスメーカーで勤務する傍ら、副業として仮想通貨投資を始める。独学で仮想通貨投資について猛勉強し利益を上げていき、当サイト「いますぐ始める仮想通貨投資」を立ち上げる。自身のトレード経験を活かしたユニークな記事が話題を呼び、ブログ開設からわずか半年で月間88万pvを達成した。

〜実績〜
いますぐ始める仮想通貨投資監修
27歳でアーリーリタイアした男のブログ監修
超ど素人がはじめる仮想通貨投資」 出版