リップル(XRP)の購入におすすめの取引所はどこ?実際に使ってわかったランキングベスト5を紹介

リップルの購入におすすめの取引所

取引所人気ランキング(上位3社)



「リップルを購入するのにおすすめの取引所はどこ?どうやって選べばいいの?」

そのようなお悩みを抱えてはいませんか?

確かに、人気のリップルをどこで購入するのが良いのか気になりますよね!

2019年5月現在、再び価格が上昇してきている為リップルは要注目の仮想通貨です。

この記事では、普段私たちが実際に使っている取引所を、ランキング形式で紹介します!

この記事を読み終わる頃にはリップルの取引をすぐに始められる状態になっているでしょう。

コインチェックは、アプリが非常に使いやすく初心者がすぐ仮想通貨に馴染める取引所です。

ハッキング事件から1年以上経ち、金融大手企業マネックスの下セキュリティや管理体制が見直されているため現在は安心の取引所です

いまなら最大20,000円キャッシュバックのキャンペーン中!

結論、初心者にとって一番良いのはCoincheck(コインチェック)!

Coincheckのここがおすすめ!

  • スマホアプリが使いやすい!
  • ハッキング事件を経て、セキュリティが最強に!
  • 操作がとても簡単で便利な為、初心者の方には特におすすめ!

Coincheck(コインチェック)はマネックスグループが運営する仮想通貨取引所です。

ハッキング事件のイメージがまだ残っている方も多いでしょうが、現在では経営、管理体制ともにマネックスグループにより再建されました。セキュリティ対策も現在では、とても強固なものとなっています。

取引所の中で最高レベルに使いやすいとされているアプリの評判が高く、多くの初心者にはコインチェックで仮想通貨ライフをスタートします。

リップルは販売所形式なのでスプレッドが広く、決してお得ではありませんが、それよりも使いやすさを重視する初心者が多いということなのでしょう。

さらに、いまなら口座開設と取引で最大20,000円キャッシュバックのキャンペーン中です。


最短5分で終わる口座開設はこちらから

リップルの特徴をおさらい

リップル(XRP)の特徴

  • 送金手数料が格安
  • 既に多くの銀行等の金融機関と提携済み
  • 将来性が有望
通貨名リップル(XRP,ripple)
開発リップル社(公式)
公開日2013年9月26日
承認システムProof of Consensus
主な取引所Coincheck(コインチェック)

リップル(ripple)とは、リップル社が運営する国際送金ネットワークの名称で、そこで使われる通貨をXRP(エックスアールピー)といいます。

一般にネットワークと通貨のどちらもリップルと言及することが多いです。

個人というよりは主に銀行に使ってもらうことが最大の目的です。

現行の送金インフラよりも圧倒的に手数料が安く速度が速いので、多くの銀行がプロジェクトに参加していて将来性が期待されています。

詳しい特徴や仕組みが気になる方は『リップル(Ripple,XRP)とは?優れた仕組みと将来性や今後の予定も解説します』という記事もぜひ参照してください。

リップル(Ripple,XRP)とは?優れた仕組みと将来性や今後の予定も解説します

2018.11.28

リップルを今購入するメリット

リップルを購入するメリット

  • 将来的に価格が上昇する可能性がある
  • ネットワークは既に実用化されている

将来的に価格が上昇する可能性がある

リップルは50を超える銀行と提携しているなど、本格利用に大きく近づいています。

アジアでの国際送金すべてがリップルによって行われるようになると、その市場規模の大きさから1XRP=1000円にも価格が上昇するという計算をするメディアもあります。

多くの専門家も価格予想をしており、50円にしか上がらないという意見から、数年後に500円を突破しているというものもあります。

また、最近(2019年5月現在)でも30円台を推移していましたが、50円を超える約150%ほどの値上がりを見しています。

1XRP=1000円とはいかなくても、近いうちにまた大幅な値上がりが期待できます!

専門家の価格予想を含めたリップルの今後に関しては、
リップル(XRP)は今後どうなる?専門家の前向きな価格予想や高い将来性の一方、抱える問題もある
という記事を是非ご覧ください。

リップル(XRP)は今後どうなる?専門家の前向きな価格予想や高い将来性の一方、抱える問題もある

2019.06.13

ネットワークはすでに実用化されている

Money Tap(マネータップ)という銀行口座直結送金、決済アプリはリップルネットワークが実用化された例の1つです。

ネットワークの実用化が今後どんどん進んでいき、そこで通貨XRPが主に使われていくという流れができると、需要が高まり価格上昇が期待できます。

Money Tapの例はこの流れの先駆けと捉えることもできます。

リップルを購入できる取引所おすすめランキング

リップルを購入できる取引所おすすめランキング

  • 1位:コインチェック(Coincheck)
  • 2位:GMOコイン
  • 3位:BITPoint(ビットポイント)
  • 4位:ビットバンク(bitbank)
  • 5位:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

1位:コインチェック(Coincheck)


六角チャートに関して

  コインチェック
登録方法記事
 コインチェック
登録方法解説記事

コインチェック(Coincheck)はマネックスグループが2018年4月から運営する仮想通貨取引所です。

メリット

コインチェックのメリット

  • 初心者がすぐ馴染めるアプリの見やすさ
  • 取り扱い通貨数が9種類で国内トップ
  • 運営のマネックスは東証1部上場で安心
  • ハッキング事件への対応が良く、好印象

主にこのようなメリットがあります。

初心者が使いやすいアプリの設計は非常に大きく、コインチェックから仮想通貨ライフを始めるという方は非常に多いです。

また現在、口座登録と一定額の取引で最大20,000円キャッシュバックのキャンペーン中です。

最短5分で終わる口座登録申し込み(無料)はこちらから

デメリット

コインチェックのデメリット

  • 販売所形式なのでお得ではない
  • 細かい手数料を取られる

リップルの取引は販売所形式でしか行なっていないのでスプレッドが広く、取引所形式と比べるとお得ではありません。

また入金、出金、送金手数料が取られるので注意が必要です。
コインチェックのユーザーの声はこちら

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
コインチェックを実際に使うと、その操作の簡単さ・見やすさに驚きます。

スマホアプリもとても便利なのでどこでも簡単に取引できます。

2位:GMOコイン


   GMOコイン
登録方法記事
 GMOコインの登録方法

GMOコインは東証1部上場のGMOグループが運営する仮想通貨取引所です。

メリット

GMOコインのメリット

  • 仮想通貨FXを気軽にできる専用アプリがある
  • 取引所形式なのでリップルをお得に取引できる
  • GMOグループが運営なので安心

『ビットレ君』によって多くの人がハードル高く感じる仮想通貨FXを気軽にできるのが特徴です。

手数料無料かつ取引所形式なのでGMOコインなら国内で最もお得にリップルを購入できます

デメリット

GMOコインのデメリット

  • スプレッドの変動が激しい
  • 買い規制、売り規制が時々入る

販売所を使うとスプレッドの変動が激しいのでお得な取引ができないので注意が必要です。

また、相場の状況によっては取引に規制が入ることがあるので、他の取引所の口座も持っておくと快適にトレードできます。

GMOコインのユーザーの声を見る

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
GMOコインでは、手数料も安くお得にリップルを購入できます。

現在では、買い規制やスプレッドの変動は落ち着いているので、安定した取引ができます。

3位:BITPoint(ビットポイント)

BITPointの登録・使い方記事BITPointの登録方法と使い方とは

BITPOINT(ビットポイント)は、親会社が東証2部上場の仮想通貨取引所です。

メリット

BITPointのメリット

  • リップルがお得に取引できる
  • 自動トレードツール使える
  • 面倒な損益計算を自動でやってくれる

自動トレードツールMT4を唯一使える取引所です。感情に流されずトレードしたい方にはピッタリの機能です。

また面倒な損益計算を自動でしてくれるので、BITPointを普段から使っていると年度末の確定申告が簡単に終わります。

デメリット

BITPointのデメリット

  • ロスカットが早い
  • 取引量が少ない
  • 送金処理が遅い

ロスカットの基準が国内で最も早いです。少しのミスが命取りになるので気をつける必要があります。

また、取引量が少ないことで好きなタイミングでのトレードができなくなります。

BITPointのユーザーの声を見る

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
BITPointではスプレッドが小さく、リップルに加え取扱い通貨がお得に購入できます。

現在では、ユーザー・取引量も増え、トレードの成立スピードに不満を感じることはなくなりました。

4位:ビットバンク (bitbank.cc)


 ビットバンクの登録方法記事ビットバンクの登録・口座開設方法

bitbank(ビットバンク)はリップルの取引高世界一になった実績のある仮想通貨取引所です。

メリット

bitbankのメリット

  • テクニカル分析に便利なTrading View搭載
  • セキュリティが強い
  • 貸仮想通貨サービスが使える

上級者がテクニカル分析でよく使うTrading Viewが搭載されています。これがあればテクニカル分析で困ることはありません。

また貸仮想通貨サービスが使えるため、稼ぐ方法が増えます。

デメリット

bitbankのデメリット

  • 出金、送金手数料が取られる
  • レバレッジ取引ができない
  • いくつかの通貨はビットコイン建の取引のみ

出金や送金で細かく手数料を取られてしまうのはユーザーとしては非常に痛いです。

リップルは日本円入金で購入することが出来ますが、イーサリアムやライトコインは日本円で購入することが出来ず、一度ビットコインを購入してからになる為手間がかかります。

ビットバンクの詳しい解説はこちら

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
ビットバンクのTrading Viewは取引を行う上で非常に重要なツールです。

ですが、レバレッジ取引が出来ない為活かしきれないように感じます。

5位:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)


  DMM Bitcoin
登録方法記事
 DMM Bitcoinの登録方法

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は国内最大級のベンチャー企業が運営で、金融の関連事業も複数持っています。

メリット

DMM Bitcoinのメリット

  • 販売所形式の中ではスプレッドが狭い
  • アプリが使いやすい
  • 土日祝を含めて365日LINEでサポート

販売所形式の中ではスプレッドが狭いので、取引所形式に慣れない初心者の方や、販売所形式が好きな方にはピッタリです。

また土日祝を含めた365日のLINEによるサポートが手厚いので、トラブルがあったときにも安心です。

デメリット

DMM Bitcoinのデメリット

  • 販売所形式しかない
  • リップルを実際に購入することはできない

イーサリアムの現物は販売所形式のみでの取り扱いなので、お得に購入できるわけではありません。

またリップルはレバレッジ取引のみの取り扱いなので、送金や決済で実際に使うためにリップルを購入するということはできません。

DMM Bitcoinのユーザーの声を見る

いますぐ始める仮想通貨投資編集部
販売所形式の中では、お得に取引が出来ます。大企業ならではの手厚いサポートが助かります。

現物取引ができるようになると、さらに良くなりそうです

海外取引所も積極的に利用しよう

バイナンスはリップルの取引手数料が安いリップルは海外取引所でビットコインを使って購入する事も可能です。

日本人の多くはバイナンスで海外取引所デビューをします。

バイナンスを使う最大のメリットは、150種類を超える仮想通貨にすぐ手を出せることです。

運営会社の信頼度が国内取引所と比べて低いというデメリットもあります。

リップルの購入方法

国内取引所の場合

リップルを国内取引所で購入する方法この3ステップで購入することができます。

取引所への口座登録申請は最短5分、実際に購入するまでは最短2日で行えます。

詳しい手順は
【画像付き】リップルの購入方法を解説!初心者向けの状況別おすすめ手順を紹介
という記事があるので参考にしてください。

【画像付き】リップルの購入方法を解説!初心者向けの状況別おすすめ手順を紹介

2019.04.23

海外取引所の場合

リップルを海外取引所で購入する方法海外取引所を使うには、上の画像のように先にビットコインを国内取引所で用意しなければいけません。

国内取引所では、送金手数料がかからないGMOコイン

海外取引所では、取引手数料が格安なBinance(バイナンス)がおすすめです!

 

仮想通貨の海外取引所の使い方を解説。送金から取引後の出金までの一連の流れとは?
という記事で、詳しく解説しています。

仮想通貨の海外取引所の使い方を解説。送金から取引後の出金までの一連の流れとは?

2017.12.21

リップルの保管におすすめのウォレット

Ledger Nano S

Ledger Nano Sは、セキュリティが最強なハードウェアウォレットです。

資産をオフラインで保管する為、ハッキングなどのリスクが限りなく低いです。

リップルに対応する数少ないハードウェアウォレットで、価格は約15000円とお高いですが、多くの仮想通貨を保有するならば持っておくのも良いでしょう。

GATEHUB

GATEHUBは、リップルを保管することができるオンラインウォレットです。

メールアドレスを登録するだけで使用できるので、簡単にセキュリティを高めることが出来ます。

ただし、自分で秘密鍵を保管しなければならず、無くしたり盗難された場合はログイン出来なくなってしまいます。

リップル購入におすすめの取引所 まとめ

今回は、私たちが実際に使った感想を元にランキング形式で5つの国内取引所を紹介しました。

リップルを購入するなら、やはりおすすめはCoincheckまたはGMOコインです。

リップルは今後価値がかなり上昇する可能性を秘めているので今のうちに購入するのも良いでしょう!

通貨別取引所おすすめランキング

初心者の方はまずこの記事を読もう

記事内で紹介した取引所
  1. ビットバンク(bitbank.cc)
  2. BITPOINT(ビットポイント)
  3. QUOINEX(コインエクスチェンジ)
  4. コインチェック(coincheck)
  5. GMOコイン

1 個のコメント