ビットコインの購入ならマイナス手数料のZaif(ザイフ)がおすすめ!maker/takerを利用して安く買おう

sponsored link


ビットコインがテレビや雑誌で頻繁に取り上げられるようになってきており、その影響から仮想通貨投資を始めた方も多いと思います。

今回はそんな仮想投資初心者の方に向けて、ビットコインを一番安く購入する方法をご紹介します。

取引に慣れている方も意外と知らない情報でもありますから、一度読んでみて下さいね。

この方法は国内取引所のZaif(ザイフ)を使用しますので、登録がまだの方は先にアカウントを作成しておきましょう。

登録はメールアドレスを入力する程度ですので、1分もあれば完了します。

後ほど記載しますが、積立投資やアルトコインの取引などで長く使う事になりますから、これを機にアカウントを持っておく事をおすすめしますよ。

ビットコインの購入方法

ビットコインの購入でおすすめの取引所

フォロワーさん
ビットコインを購入したいんですが、どこの取引所を使えばいいでしょうか?seiyaさんは普段どの取引所を使っていますか?

TwitterのDMにこのような質問を頂きました。

私はビットコインを取引する際は、コインチェックという国内取引所を使用しています。

一番最初に開設した取引所という事と、ビットコインのレバレッジ取引を頻繁にしているのも大きな要因の一つです。また、購入する際の手数料が無料である上にサイトも使いやすく便利なので、初心者の時から使い続けています。

しかし、いまから仮想通貨投資を始める方には、先述した国内取引所のZaif(ザイフ)がおすすめです。

Zaif(ザイフ)がおすすめの理由とは?

取引所と販売所について

ビットコインを購入すると普通は手数料が発生します。

ビットコインを購入する為に使用する国内取引所には取引所と販売所があり、販売所で購入する場合はかなり大幅な手数料を取られる事があります。

取引所と販売所の違い

取引所は個人間で売買の値段を決め、取引する場所

販売所は運営会社から直接通貨を買う場所。

例えばビットフライヤーでビットコインを購入する場合は、下の画像のように売値と買値の価格差が11万円近く発生してしまうわけです。

販売所形式は提示された価格で何枚でもすぐに購入する事が出来る反面、運営者に支払う手数料が非常に高額になってきます。

スプレッド差の画像

それに比べてZaif(ザイフ)では同じ価格で何枚も購入する事は出来ませんが、個人間で売買する事が出来ますので、手数料により価格差が発生する事はありません。

126万円で購入したいと注文を出して、同じ価格で売ってくれる人が現れれば取引が成立します。

Zaif(ザイフ)ではビットコインの取引手数料がマイナスになる

通常は仮想通貨の取引に対して0.1%程度の手数料がかかるのですが、Zaif(ザイフ)では寧ろお金が貰えるのです。

Zaifの手数料一覧

Zaif(ザイフ)公式サイト・手数料一覧より引用

maker/takerについては後述しますが、購入時・売却時どちらのケースでも条件を満たすことで、手数料がマイナスになるのです。

これは国内取引所でZaif(ザイフ)でのみ受けられるサービスで、他の取引所は手数料0%が最安値となっています。

1BTC=120万円として購入した場合は0.05%の600円が支払われますから、頻繁に取引をするようであれば大きな金額が貯まりそうですね。

ビットコインの取引手数料0.05%還元キャンペーン中

Zaif(ザイフ)公式サイトより引用

今はキャンペーン中でmaker手数料の0.05%を還元してくれます。

ビットコインの価格は非常に高額になって来ていますので、このサービスは嬉しいですね。

スポンサーリンク

maker・takerとは?

ここから先の解説は以前に書いた『Zaif ( ザイフ )で指値取引をする方法』という記事を先に目を通して頂ければ分かりやすいです。

Zaif ( ザイフ )で指値取引をする方法は?取引方法・買い方をNEM( ネム )を使って解説

2017.10.26

makerは板に注文を出して値段を作る人

makerと言われると分かりづらく感じると思いますが、簡単に言えば指値取引です。

画像では売値の最大価格は一番上の赤枠¥1,303,555ですが、もっと高い価格で売りたいので140万円で指値をしておく。これがmakerになります。

『 板(気配値)に注文を並べる= maker 』という事ですね。

これは下の赤枠の¥1,303,355に指値をして取引が成立した場合も勿論該当します。

takerは板に存在する注文で売買する人

takerはmakerの反対で『 板(気配値)にある注文を取りにいく= taker 』となります。

指値を置くのではなく置いてある価格で売買するという事ですね。これはいわゆる『成り行き注文』と同じです。

画像の中央値が現在取引されいる価格ですが、成り行き注文をするとこの中央値で購入されます。

基本的には指値をして購入する事をおすすめします。

指値を上手く使ってmaker手数料でお得に購入しよう

maker手数料は0.05%の還元キャンペーン中ですから、0.01%の還元のtakerよりもメリットがありますね。

成り行き注文ではなく、指値をしてお得にビットコインを購入しましょう。

私も今後、ビットコインを買う機会があればZaif(ザイフ)で指値して購入しようと思います。是非有効活用してみて下さいね。

Zaif(ザイフ)の関連記事はこちらから

その他おすすめの国内取引所

The following two tabs change content below.
seiya

seiya

2017年5月に仮想通貨投資を開始。初心者時代に多くの失敗を経験した為、いまから投資を始める方へ失敗しない投資の始め方・中級者になるまでの手順を記事にしています。Twitterもやってるのでフォロー下さいね。

ビットコインを買うならCMで有名なコインチェック



 初心者向けNo.1の取引所コインチェック

ビットコインFX世界NO.1の取引量bitflyer



世界NO,1のビットコインFX取引量を誇る国内取引所ビットフライヤー

sponsoredlink