コインチェック貸仮想通貨を利用して金利で稼ぐ方法

コインチェック 貸仮想通貨 使い方
seiya

どうもこんにちは、seiyaです。

今回は貸仮想通貨について解説します。

貸仮想通貨とは

画像の13銘柄を貸し出すかわりに、金利収入を得るというサービスをコインチェックが行っています。

国内取引所ではコインチェックでしか貸仮想通貨を行う事はできません。

利率は下記の通りの4パターンから選択できます。

長期保有を考えている銘柄であれば、手元に置いておくだけでは増えませんからね。

今回は私が実際貸し出してみた結果と、貸し出し方法について解説します。

貸出方法

まずはパソコンでコインチェックにログインします。(スマホアプリでは不可)

トップページ右上に取引アカウントの文字がありますので、カーソルを文字上に移動します。

すると貸仮想通貨アカウントという文字がありますので、これをクリック

これで貸仮想通貨の画面に移動します。

しかしこの状態では資金は取引アカウントにある為、何も貸し出せません。

コインチェックでは取引アカウントと貸仮想通貨アカウントはログインパスワード等は同じですが、通貨を購入した際に入るのは取引アカウント側なのです。

ですので取引アカウント⇒貸仮想通貨アカウントへ振替を行う必要があります。

振替の手順

トップページから先ほどと同じ手順で、今度は振替を選びます。

下記画面に移動しますので、振替先を取引⇒貸仮想通貨に変更

あとは移動したい通貨の量を入力

残高を移動するをクリックして移動が完了します。

☟実際に移動した結果がこちら☟

私は最初どうやればわからず困った覚えがありますが、実際やってみると振替も一瞬で終わりますので簡単です。

貸出申請方法

貸出方は非常に簡単ですので下記手順の通りに進めて下さい。

  1. コインを貸すを選択
  2. 貸し出したい通貨を選択
  3. 貸し出し期間を選択
  4. (銘柄名)を貸すをクリックして完了

貸出申請をしてもすぐ貸出が開始するわけではありません。

このように貸し出し注文一覧に表示され、実際に貸し出しが始まると上の欄に移動します。

貸し出しは日本円換算で10万円以上から可能です。また、長期間貸出されない場合も多いですのでご注意ください。 

これで貸出方法は理解頂けたかと思います。

実際に貸し出してみた

少し前になりますが、実際にこのサービスを利用してみました。

私が利用したのは30日間年率2%です。

その結果がこちら

10万XRPを貸し出して一か月で150XRP増えました。

150XRPって現在(1XRP=20円)で3000円くらいです。2%が年率ですから、実際全然儲かりません(笑)

取引所が潰れた場合のリスクが大きい

一年間貸し出せは5%の金利収入が得られますから、どうせ長期保有なら貸し出しも有りかと考えました。

ですが、万が一取引所が亡くなった場合に誰も保証してくれないリスクは付き物です。

しかし、現状コインチェックが倒産するような運営状態とは考えづらいですし、資産の内の10%を貸し出しに回してみる運用方法も有用です。

様々な運用方法の選択肢の一つとして貸仮想通貨を利用するのが良いかと考えます。

まとめ

  • 貸し出しは日本円換算で10万円以上から可能
  • 年率での計算なので一か月程度ではあまり儲からない
  • 運用方法の選択肢の一つとして貸仮想通貨を利用するのが吉

貸仮想通貨を利用している人は特にXRP保有者に多くいます。

銘柄的に長期ホルダーが多いですから、このサービスを利用している方が私の周囲にもいらっしゃります。

しばらく手放す気がない通貨があれば是非チャレンジしてみて下さいね。