コインチェックでレバレッジ取引をするメリット・デメリットは?ロングとショートを上手く使って短期トレードをしてみよう

sponsored link


 Coincheck レバレッジ取引 ロング ショート

コインチェックでは、ビットコインFXと同じようにレバレッジをかけてビットコインの取引が出来ます。

ビットコインFXは要所で使え!いま勝てない人はやり方を見直そう。という記事を以前書きました。

例えば『ビットコインが大きく暴落しそうな時』や『良い情報が出て価格上昇が見込めそうな時』に使用するだけでも十分に利益を上げる事が出来ます。

ビットコインのレバレッジ取引という引き出しを持っておく事で、暴落時・暴騰時の立ち回り方に幅が出ますし、利益を得る機会を損失せずに済みます。

今回はほとんどの方が登録されているであろうコインチェックで『レバレッジ取引』をする方法をご紹介します。

仮想通貨のレバレッジ取引とは?

少ない資金で数倍の取引を可能にするシステム

レバレッジ(信用取引)とは簡単に言うとテコの原理です。

少ない資金でも数倍の資金を投資する事が可能になり、FXといえばレバレッジというくらいに有名なシステムですね。

参考例

1万円を原資にFXをスタートし、10倍のレバレッジをかけたとします。

9万円を借りて、原資と合わせて10万円で取引が出来ます。

1BTCが10万円の時に10万円分買い、1BTCが11万円に上がったとすると

11万円になりますね。借りた9万円と原資1万円を引いた残りの1万円が利益になります。

ビットコインが80万円時に10万円分買って、ビットコインが81万円になったら1万円の8分の1の1250円が儲けです。

これを利用して少ない原資でも稼ぐ事が出来ます。

GMOコイン でビットコインFXをしよう!追証なし・アプリも使いやすくて便利。にて記載

仮想通貨でロング(買い)・ショート(売り)を使い利益を生む手法

レバレッジ取引は通常通りの『安い時に買って高く売る』という普通のビットコイントレードとは別に、『高い時に売って安く買い戻す』という事で利益を出せます。

  • 『安い時に買って高く売る』をロングポジション
  • 『高い時に売って安く買い戻す』をショートポジション

この二つの言い方とは別に、売りポジション・買いポジションというような表記をされる事もあります。

ポジションについてはこちらを参照ください。

ポジションとは、株式などの金融商品において、買いや売りの建玉((未決済になっている契約総数)を抱えることを意味する言葉です。その両方を保有するケースもあり、そのような場合には両建てと表現しますが、それらを包括してポジションを建てると表現します。買いや売りの一方的な建玉を持たない理由としてリスクヘッジがあり、異なる業種や金融商品などを組み合わせてヘッジすることによるポジション建てもよく見られます。これを手放す時は解消すると言う表現を用います。

東海東京証券より引用

ロングポジションを取っているという事は、『安い時に買って高く売る』を目指してレバレッジをかけた資金(建玉)を持っている状態を表します。

例:ビットコインが85万円になると予想して、16万円の原資に5倍のレバレッジをかけて80万円の時にビットコインを1枚買った

これがロングポジションを取っていて、建玉(未決済になっている契約総数)が1BTCという状態ですね。

ショートポジションは真逆で、『高い時に売って安く買い戻す』を目指してレバレッジをかけます。

例:ビットコインが75万円になると予想して、16万円の原資に5倍のレバレッジをかけて80万円の時にビットコインを1枚売った

こちらがショートポジションを取っている状態ですね。

レバレッジ取引は持っていないビットコインを売買する事が出来るのが特徴です。

コインチェックでレバレッジ取引をするメリット

少ない資金でも大きくポジションを持つ事が出来る

ビットコインが大きく伸びそうと予想したとしても、手持ちの資金が10万円しかなければ利益は少額しか出せませんよね?

原資の少ない人でもレバレッジを掛ける事で、大きなポジションを取る事が可能です。

仮にビットコインが80万円から90万円になったします。この場合、10万円分のビットコインを買っていても1万円程度の利益しか出すことが出来ません。

しかし、コインチェックでレバレッジを掛ける事でこの利益を最大5倍に伸ばす事が可能になります。

これを使って常にトレードする方もいますが、最初は『ビットコイン価格が大きく伸びる時・大きく下げる時』のみ使ってみるか、少額で取引の練習をしてみる事をおすすめします。

『売り注文』を使って売りから入る事が出来る

レバレッジ取引は持っていないビットコインを売る事が出来ます。

前述した通り、『高い時に売って安く買い戻す』を目指してレバレッジをかけられるという事はかなりのメリットになります。

ビットコインの暴落時に何にも出来ずに含み益や原資が減っていくのを傍観している方は多いと思いますが、ショートポジションを取って売りから入る事で暴落時でも利益を上げるチャンスがあるのです。

Twitterにヨーロピアンさんというショートポジションを要所で使うのが非常に上手い有名な方がいらっしゃります。

この方は資金も潤沢にあるから高額な利益が出ていますね。

ショートポジションを取れるという事は、この様に暴落時でも利益を上げる事が出来るのです。

私もビットコインが93万5000円付近をウロウロしていた時に、94万円は超えずにまた92万円台に落ちるだろうと予想し、ショートポジションを取って利益を上げました。

ここで大事な事は、自分で予想した上で外した場合の損切りするラインを決めておく事です。こういったトレードに関する事はまた別記事にてまとめますね。

最大レバレッジが5倍に制限されている

コインチェックのレバレッジは最大5倍までしかかけられません。

これはビットフライヤーGMOコインに比べてかなり小さい設定です。

練習を始めてすぐに勝ってしまうと、5倍を10倍に、10倍を15倍にという感じでレバレッジをどんどん大きくしたくなってきます。

大きなレバレッジを使う事で、少額の値動きで大きく利益を上げたくなるものです。

しかし、これが大損への入口になっており、気づけば資金が全部焼けてしまった人を多く見てきました。

これに比べコインチェックは5倍で制限されていますから、よほど無茶な勝負をしない限りは資金が無くなるという事は無くなりますね。

スポンサーリンク

コインチェックでレバレッジ取引をするデメリット

大損する可能性が十分にある

レバレッジを掛ける事で大きなポジションを取る事が可能というのは、大きく損する可能性が内在するという事です。

  1. ビットコインが85万円になると予想
  2. ビットコインが80万円の時に16万円の原資に5倍のレバレッジをかけてショートポジションを取る
  3. 予想が外れビットコインが75万円に下落
  4. この場合、損益がマイナス5万円になる

16万円で現物のビットコインを買っていると、80万円が75万円になったとしても1万円の損で済みます。

しかし、レバレッジを5倍でかけている事で損失も5倍になります。

この様に予想を外した場合は大損する可能性がありますので、必ず損切りするラインを決めてポジションを取る事が必要です

ハイレバレッジ症候群になる可能性がある

レバレッジ取引は倍率を上げれば上げる程、ビットコインがたった5000円動いただけでも5万円~50万円以上利益を出す事が可能になります。

レバレッジを掛けて大きく利益を上げると、もの凄い万能感に満たされてしまい、普通の取引が馬鹿らしくなってくるのです。

前述したようにコインチェックは5倍が限界なので、取引所側からハイレバを掛ける事を制限されているような状態ですが、ビットフライヤーGMOコインを使えば最大25倍まで掛ける事が出来ます。

初心者の間は、可能な限り5倍のレバレッジで我慢して練習をしてみましょう。

どうしても最初から15倍のレバレッジで勝負がしたいという方はビットフライヤーを使えば良いですよ。

『売りから入る事が出来る』という事は諸刃の剣

ショートで利益を上げる事は、ロングで利益を上げる事よりも快感です。

これはやってみれば分かります。人は素直に値上がっていく方に賭けるよりも、反対に賭けて当たった方が気持ちが良いんです。

私の友人のアラタさんもこのようにショート快感の沼に片足を突っ込んでますね。

売りから入って利益を上げてしまうと、この快感に飲まれる人が多いのです。

これに飲まれてしまうと常にショートポジションを取ろうと考え出してしまい、結果として損を積み重ねる事になります。

ビットコインは基本的に上昇相場なのですから、ロングポジションを取っている方が勝率が高くなるものです。

長期的に見てもビットコインは上げ相場の状態にあり、レバレッジ低めでショートをして大きく利益を上げるチャンスは全体で見ても数回です。

賭ける資金が大きければショートのタイミングは細かくありますが、初心者の方は基本はロングでだけ利益を取っていきましょう。

全体で見た時の陰線(赤色の線)の時のみショートポジションを取る事を心がける事で、大きな損失を防ぐ事が出来ますよ。

コインチェックでレバレッジ取引をするメリット・デメリット:まとめ

ここまで読んで頂いた方はお分かりの事と思いますが、レバレッジのメリットはそのままデメリットにも直結します。

しかし、これはしっかり自分で手法を考察し、ロングポジション(買いポジション)を基本とした立ち回りを身につければまず負けません。

負けるのはショート(空売り)の魅惑に飲まれ、本来ロングするべきところでショートをポジションを取ってしまった時が一番多いのです。

最近はビットコインFXでどうやれば勝てますか?といった質問も多くいただきますが、まずは少ない額をコインチェックの5倍レバレッジで賭けてみて取引する事から始めてみましょう。

そして要所でショートを使うという事だけ念頭に入れて立ち回ればまず大丈夫です。

特に今はBCH(ビットコインキャッシュ)と逆相関なチャートになっており、ビットコインの動きもわかりやすいですよ。

*上がビットキャッシュ・下がビットコイン

この様に、様々な視点からチャートを分析する事も大事ですから、研究してみて下さいね。

その他おすすめの国内仮想通貨取引所

The following two tabs change content below.
seiya

seiya

2017年5月に仮想通貨投資を開始。初心者時代に多くの失敗を経験した為、いまから投資を始める方へ失敗しない投資の始め方・中級者になるまでの手順を記事にしています。Twitterもやってるのでフォロー下さいね。

ビットコインを買うならCMで有名なコインチェック



 初心者向けNo.1の取引所コインチェック

ビットコインFX世界NO.1の取引量bitflyer



世界NO,1のビットコインFX取引量を誇る国内取引所ビットフライヤー

sponsoredlink