コインチェック(coincheck)の登録方法を解説。入金からビットコインの購入方法まで学ぼう

コインチェック

出川哲朗さん出演のCMからコインチェック(Coincheck)を知った方は多いのではないでしょうか?

Coincheckはビットコイン取引所として、アプリ利用者数が国内NO.1の初心者向け取引所です。

ビットコインって何?仮想通貨ってどうやって買うの?という方々でも、スマホから簡単に仮想通貨を購入する事が可能ですよ。

今回は初心者の方々に向けて、使い方や仮想通貨の買い方について紹介していきます。

コインチェック(Coincheck)とは?

最初に登録をおすすめする取引所

コインチェック(coincheck)は仮想通貨取引のベンチマークになる取引所です。

ほとんどの方がこの取引所から仮想通貨投資を始めており、実際に私もコインチェックから始めています。

ではなぜコインチェック(coincheck)の登録を最初におすすめするのか?その理由はこちら

おすすめの理由

  • アプリが使いやすく、ウィジェットが優秀
  • 初心者でも分かりやすいサイト設計
  • ビットコインの取引手数料が永久に無料
  • 取り扱い通貨が国内NO.1

最もおすすめの理由はアプリの使いやすさです。

仮想通貨投資歴が長い人達も必ずと言っていいほどアプリをダウンロードしていますし、利用していますよ。

ビットコインの購入手数料も永久に無料ですから、この点もメリットと言えるでしょう。

また、日本円で買える仮想通貨の数も国内NO.1で、コインチェック(coincheck)でしか買えない通貨もあります。

アプリが見やすくて使いやすい


ウィジェットとチャートは初心者がパッと見てもわかりやすい作りになっています。

スマートフォンのウィジェット機能に仮想通貨の価格を表示する事が出来ますから、サラッと価格を確認する時に本当に便利ですよ。

そして投資初心者では分かりづらいチャートも線チャートで表示されているので、価格変動が凄く分かりやすいですね。

コインチェック(coincheck)は取り扱いしている通貨も一番多く、ビットコインの取引量も国内NO.1ですから、このアプリで国内のお金の動きが把握出来ると言っても過言ではありません。

 アプリのダウンロードはこちら

Coincheck ビットコインウォレット
Coincheck ビットコインウォレット
開発元:Coincheck, Inc.
無料
posted with アプリーチ

コインチェック(coincheck)の注意点

仮想通貨を購入するのには取引所か販売所を使う必要があります。

この二つは何が違うのか?簡単に解説するとこちらになります。

取引所と販売所の違い

  • 取引所は個人間で売買の値段を決め、取引する場所
  • 販売所は運営会社から直接通貨を買う場所。

紹介しているコインチェックは販売所ですので、購入する際には手数料が多く取られてしまいます。

ですので、実際に仮想通貨を購入する際には少し難しくはなりますが取引所を使用しましょう。

無駄な手数料は本当に勿体ないですから、この事は必ず覚えておくと良いですよ。

コインチェックは12種類の通貨(アルトコイン)を日本円で購入出来ますが、一部通貨に関してはコインチェックで購入するべきではありません。

『ETC(イーサリアム)・XRP(リップル)・LTC(ライトコイン)はビットバンク』『BCH(ビットコインキャッシュ)・XEM(ゼム)はZaif』で購入すれば手数料がかかりませんよ。

ビットコインのレバレッジ取引も出来る

以前にFXなどを経験した事がある人は、ビットコインのレバレッジ取引に挑戦してみても良いかもしれません。

レバレッジ取引も簡単に出来るので、ビットコインFXをやってみたいけどコインチェック(coincheck)しか登録してないという方でもすぐに挑戦出来ますよ。

コインチェック(coincheck)でレバレッジ取引をする方法は別記事にてご紹介しています。

仮想通貨購入までの流れ

取引所のアカウントを作成する

では実際にコインチェック(coincheck)で仮想通貨を買ってみましょう。

アカウント登録は30秒程度しかかかりませんので、とりあえず登録だけして後日購入しても良いですよ。

まずはコインチェック公式サイトにアクセスしてアカウントを作成します。

画像の『メールアドレス』と『パスワード』を入力して、『登録する』をタップします。

パスワードはあとで変更出来ますので、簡易なもので問題ありません。

メールを確認して登録が完了

アカウント作成をクリックすると、登録アドレスにメールが送信されますのでメールを確認して下さい。

届いているメールに記載されたURLをタップすれば登録が完了します。

これでコインチェック(coincheck)のアカウント作成が完了しました。非常に簡単ですね。

ここからは本人確認の登録をしていきます。

電話番号認証

届いたメールのリンクをタップすると自動的にログインします。

最初の画面で『本人確認書類を提出する』がありますので、これをタップ。

すると電話番号認証のお願いという画面に移動しますので、赤枠部分に電話番号認を入力。

『SMSを送信する』をタップします。

携帯電話に番号が送られてきますので、その番号を入力すれば認証完了です。

重要事項の確認

電話番号認証が終わったら、重要事項の確認があります。

これはそれぞれ確認後にチェックボックスをタップすれば完了です。

本人確認書類の入力と提出

重要事項確認が終わったら、最後に個人情報の入力と本人確認の写真をアップロードして完了です。

スマートフォンから登録すると、カメラを起動するボタンもありスムーズに写真のアップロードが出来て便利ですよ。

登録の際に、顔写真付きの身分証明書が必要になります。

パスポート・免許証・マイナンバーカード のどれかを準備して登録してくださいね。

ハガキが郵送されて来たら登録完了

ハガキがコインチェックから郵送されて来たら準備完了ですよ。

ゴールデンウィークや年末年始、ビットコインが高騰したタイミングでは、登録者が殺到し郵送が遅くなる事も良くあるので、気長に待てば大丈夫です。

これでアカウント作成と本人確認の登録は完了です。

入金と仮想通貨の購入

日本円の入金について:コンビニ入金

前述したように、ハガキが送られて来たら本登録完了となります。

それまでは銀行振り込みでの入金は出来ませんが、『どうしてもすぐに購入したい』という方はコンビニ入金という手段があります。

私も登録してすぐに仮想通貨が買いたかったので、コンビニ入金を使いました。

100万円入れようと思ったのですが、25万円を三回振り込んだ段階で制限がかかりました。

コンビニ入金からですと75万円が限度のようです。

入金方法の手順

スマートフォンの場合、左右どちらかの上部にメニューがありますのでそこをタップ。

サイドからメニューが出てきますので、その一覧から『日本円の入金』選択。


ここから入金手続きが可能です。今回は一番簡単なコンビニ入金を例に説明しますね。

まず『コンビニ入金』をタップします。

必要情報は自動で入力されますので、入金希望額のみ入力すればOKです。

今回はビットコインを0.1枚購入するとして、60000円入金する事にしています。

あとは使うコンビニを選択。

ミニストップかローソンが入金速度が速いのでおススメですよ。

最後に『次へ』をタップすればコンビニ入金用の受付番号が表示されます。

仮想通貨の購入

入金が終わったら『チャート』画面から買いたい通貨をタップして、右下の『購入』をタップで購入画面に移動します。

  • 欲しい通貨を選ぶ
  • 買いたい枚数を入力
  • 購入するをクリック

これで購入までの手順が出来るようになりましたね。

複雑な作業が必要なく仮想通貨が購入出来るので、初心者の方が最初に使うには本当に便利だと思います。

また、1~3年くらいの長期期間で保有するつもりであれば、余計な手間をかけるくらいなら手数料を多く支払ってでも買って良いかもしれませんね。

将来的な価格によりますが、誤差レベルになるケースもありますよ。

仮想通貨投資初心者の方へ

私が普段から使用している3つの仮想通貨取引所をご紹介します。

取引所は可能な限り多く開設しておく事がおすすめです。その理由はこちらの記事をお読み下さいね。

仮想通貨初心者の方がこれだけ読めば中級者になれる。という記事をまとめました。

順番通りに読んでいけば、あっという間に仮想通貨初心者を脱却出来ますよ。

今回紹介した国内取引所