仮想通貨の投資をする際の心構え。必ず自分で考えて行動を決めよう。

ビットコインの高騰により、11~12月から仮想通貨投資を始めた方が非常に多くなってきています。

私のTwitterアカウントにも多数の質問が寄せられますが、ほとんどはブログに書いてあることか検索すれば出るような事ばかりなのが現実です。

こういった質問をする方が多いという事は、仮想通貨が初めての投資という方が増えてきた証拠だと感じています。

ですので、今回はそんな仮想通貨投資の初心者の方に向けて、私が半年間で培った心構えをお伝えしますね。

仮想通貨の投資をする際の心構え

全て自己責任の世界であるということを認識しよう

仮想通貨投資に限らず、投資はすべてにおいて自己責任の世界です。

誰かが『この通貨は絶対に上がる!』と言ってるのを見て購入し、その通貨が大暴落しても責任は買ったあなたにあります。

なけなしの10万円が無くなっても誰も慰めてもくれませんし、誰もそのお金は保証してくれません。

投資はお金を使った戦争の様なもので、自分の命(お金)は自分で守るしかありません。

この事は絶対に肝に銘じておく事をおすすめします。お金を全て失っても誰も守ってくれませんよ。

将来の値段なんて誰にも分からない

フォロワーさん
seiyaさんに質問です。これから何が値上りすると考えていますか?

私のところによく寄せられる質問です。

はっきり申し上げますが、将来の値段なんて誰にも分かりません。

『ビットコインが年内に200万円になる』と1月の1BTC=10万円だった時期に言っていた人など、一人もいなかったでしょう。

以前に海外の投資プロの方達が行った分析がこちらにあります。

米株式情報サービス大手ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズの共同創業者で米大手証券JPモルガンの元ストラテジストのトーマス・リー氏も、ビットコインは18年半ばまでに6000ドルを付けると予想。また、米金融調査会社スタンドポイント・リサーチの共同創業者であるロニー・モアスCEO(最高経営責任者)も18年の目標価格を7500ドルに設定しており、両氏とも数兆ドルもの金などの伝統的な投資対象からビットコインに資金が流れればビットコインが一段高となる可能性はありうる、と見ている。

MORNINGSTARより引用

2018年度末に7,500ドルの予想が、2017年度末の現在で16,000ドルです。プロの予想ですら全く当たっていません。

確かにチャート分析から未来の価格を推測する事は可能です。しかし、仮想通貨に関しては想定通りに動くものではありません。

だからこそ初心者でも勝てるチャンスがあるとも言えます。誰かの予想を頼りにするのでは無く、自分で予想するクセをつけましょう。

信じられるのは自分のみ。全て自己責任です。

他人の発信する将来の価格情報は全部ポジトーク

Twitterなどで良く見るのが、『〇〇は来年◆◆円になる!買っておこう!』という発言です。

これはポジトークと言われており、ポジショントークの略称です。

要するに自分の保有するポジション(建玉)や通貨に対して有利な発言を行うことを指します。

こういった発言はすでに対象の通貨を保有しており、価格を吊り上げたいが為にする事ですから、発言者は値上りしたら即売り抜けます。

前述したように、長年金融界に居るプロですら価格予想を外しているのにTwitterに居るような個人投資家が予想を的中出来ると思いますか?

確かに的中率が高い人も中にはいますが、それに乗っかて負けてもその人からすれば所詮あなたは他人でしかありませんし、あなたの損失なんて関係ないのです。

こういった発言は、あくまで情報の一つとして受け入れて、購入するにしても自分で考えて購入を決めましょう。

他人の情報で稼げても結局は損をして終わる

前述したポジトークを見て通貨を買う人は、実は結構多いのです。

特に初心者や自分で調べない方はこれに乗っかりがちで、一回稼げてしまうともう病みつきになり、ポジトークをしてくれる人の信者になります。

しかし、こんな予想を鵜呑みにしていてはそのうち大損してリタイアするだけです。

なぜなら、自分で考えて利益を確保する幅すら決めていないのですから、いつ売れば良いか分からず結果的に売り時を逃して損をする事が増えるからです。

購入者が増える事で一番得をするのはポジトークをしている人です。自分で買う通貨を決め、買う価格も売る価格も当然決めていますからね。

こういったケースで売り逃して大損している人は良く見ます。皆さんも信者になる前に気づく事が大切です。

ちょっと知り合い程度の人から『これ儲かると思うから10万円分買わない?』と言われて買いますか?普通買いませんよね。

他人の情報でお金を投資するという事は、本質はこれと変わらない事をやっているわけです。

投資というだけで難しく捉えがちの方が多いのですが、自分のしている事を何か別の事に置き換えると気づく事も多いはずですよ。

自分で情報を探すクセをつけよう

仮想通貨は正直難しい単語が飛び交い、聞いた事もない通貨が山ほど出てきます。

国内取引所だけでトレードしているならあまり影響は無いかもしれませんが、それでも30種類近くの通貨に触れる事が出来ます。

これだけでも膨大な情報が飛び交いますから、『自分で調べるのは大変』と思う方もいるかもしれません。

しかし、投資で今後長く儲けたいのなら絶対に自分で調べ、確信を持ったモノ以外に投資するべきではありません。

少しでも他人の情報を信じて購入して、その後に損をしてしまうと『自分は悪くない、自分の責任じゃない』と責任転嫁してしまいます。

こうなっては長く投資の世界で生き残るのは不可能でしょう。

全てを自分の責任にする為にも、自分で情報を掴む努力をするべきです。

確証バイアスがかかってないか常に考える

情報を自分で集める大切さは分かった。という方に最後に伝えておきたい事が、確証バイアスについてです。

『自分が好きなもの・信じていること・慣れ親しんでいる価値観(世界観)』などが固定観念としての確証バイアスを生み出し、その結果、見たいものだけを見て聞きたいものだけを聞くという状況を作り出してしまう。

人は自分が本当だと思っていることを確かめるための情報は探しますが、反証となるような証拠を無視したり、探す努力を怠ったりします。

何か気になった通貨や好きになった通貨が出来た時に、自分に対して気持ちいい情報だけを調べてしまう事を『確証バイアス』といいます。

これが投資でも大きな落とし穴になりかねません。勝手な思い込みが形成されてしまい、本来売るべきところで売る事が出来なくなってしまう事も多々あります。

この事も理解し、情報収集の際には反対意見などもしっかり目を通しておく事をおすすめします。

まとめ:ここは勝負の世界なのを忘れずに

今回は少しキツイ事を沢山書いていますが、これらの事は本当に重要です。

投資と聞くと、何か高尚な事をしている気になりがちですが、どこまでいってもマネーゲームなのは変わりません。

自分が儲かれば誰かが損している世界なのを忘れないで下さい。

そして自分が損をする側に簡単に転落する可能性だってあります。常に初心を忘れず、生き残る事から考えましょう。

私の実践的投資スキルを要約せよ、と求められたなら、ただひとこと「サバイバル」と答えるだろう。まず生き残れ。儲けるのはそれからだ。

ジョージ・ソロス

世界三大投資家と言われているジョージ・ソロスもこのような言葉を残しています。

自分がいま何をしているのか。しっかりを見定めて仮想通貨投資に向き合いましょう。

トレードで悩んでる方・これから挑戦する方に読んで欲しい記事

ビットコインを買うならCMで有名なコインチェック



 初心者向けNo.1の取引所コインチェック

ビットコインFX世界NO.1の取引量bitflyer



世界NO,1のビットコインFX取引量を誇る国内取引所ビットフライヤー

sponsored link