サイバーエージェント の仮想通貨取引所開設について

seiya

どうもこんにちは、seiyaです。

今回はサイバーエージェントの仮想通貨取引所開設について私的な考察をまとめてみました。

サイバーエージェントによる仮想通貨取引所開設発表

サイバーエージェントが仮想通貨取引所開設をすると発表しました。

まずはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨取引事業子会社 株式会社サイバーエージェントビットコインの設立について

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、仮想通貨取引事業を行う新子会社として、株式会社サイバーエージェントビットコインを2017年10月2日に設立したことをお知らせいたします。

サイバーエージェント本体が運営するのではなく、新子会社を立ち上げて取引事業を行うとの事ですね。

まだ取引事業登録は完了しておらず、仮想通貨取引所の新規運営を来春(予定)にしています。

順調に行けば半年後には運営開始でしょうか。個人的には楽しみが増えました。

そもそもサイバーエージェントとは?

サイバーエージェントって聞き慣れない方も多いかと思いますが、アメーバブログ(アメブロ)の運営会社です。

こう言われると一気に身近に感じますよね。

元々はインターネット関連の企画営業を主目的として設立され、ネット上の広告等が主な収入でした。

会社も設立から来年で20年・資本金も7億2000万超えの大企業になります。

ここが大元となって多くの子会社を生んでおり、今回も子会社での参戦となりました。

株式会社Cygames

主に有名な子会社と言えばCygames(サイゲームズ)です。

グランブルーファンタジーと言えばわかりやすいでしょう。CMもかなり放送されています。

このサイゲームズは子会社にも関わらず、多くのTV番組のスポンサーをしており、力のある会社です。

スマホアプリで遊んでいる方もかなり多いはずです。私もシャドウバースというアプリで遊んでいます。

子会社でも社会に与える影響を強く持っているという事がお分かり頂けましたでしょうか?

この規模の会社が仮想通貨取引所を開設となれば、界隈に新規参入者が増える事は間違いありません。

代表取締役社長 藤田 晋さんとは

先に申し上げますと、私は藤田社長の経営に関する本も読んでいますし、動画もよく閲覧しておりました。

その中でもこの言葉が今回の発表の根源になっていると考え引用します。

新規事業は、「とりあえずやってみよう」の精神で何よりもスピードを優先し、少ない予算と人でチームを組み、小規模でスタートした方が良い。

要は思い立ったらとりあえずやる。というスタンスでどんどん事業を拡大されてきています。

少ない予算と言えど、ベンチャー企業の非にならないレベルで投資をされていますから、いまのアメーバの規模で人員を配置し、予算も潤沢にある中で取引所を開設した場合、覇権を握る可能性が高いです。

この方の新規事業展開は最初は赤字のケースが多いのですが、二年足らずで黒字に転換するパターンが多いと以前語っていらっしゃりました。

持ち前の広告力でどこまで社会に影響を与えるのかが楽しみです。

子会社の代表取締役社長 卜部宏樹さんとは

この方は以前閲覧した動画に出演しており、私は存じ上げておりました。

京都大学出身で、若くしてサイバーエージェントの取締役になった方です。

こちらのページを見て頂ければわかりますが、サイバーエージェントにはCA8という8人の役員とCA18という18人の執行役員がいます。

取締役・監査役・執行役員について

面白いのが、8人の役員が二年ごとに二人入れ替わるという点。こんな会社中々ありません。

常に役員になれるチャンスがありますから、いい人材・上昇志向のある人材が育つとも考えられます。

また、有名な事業で言うとAbemaTVにも関わっていらっしゃいます。

過去にも子会社の代表取締役を務めているケースが多く、新規事業立ち上げの際にはこの方の名前はよく出てきます。

これもまたベンチャー企業の代表取締役とは違い、優れた人材を投入して新規事業を始められるスケールメリットかと感じます。

スポンサーリンク


広告市場シェア率一位の強み

2015年のデータで申し訳ないのですが、サイバーエージェントの広告シェア率は25%超えと業界一位。

現在開設されいる取引所のコインチェック・Zaif・ビットフライヤーなどは主に個人のブログからの参加者が多く、CM展開をしているのはビットフライヤーのみとなっています。

しかし、今はテレビCMよりもスマホ広告の方が力がありますし、個人のブログ媒体ではなく、アメーバブログには芸能人ブログも多いですから、

芸能人を広告塔にしてブログ読者の主婦層にも浸透させる事が出来れば、業界一位の取引所にもなり得ると考えています。

こんなツイートも目にしましたが、私も同意です。

まとめ

  • アメーバブログを使い取引所の広告を簡単にかつ大規模に行える
  • 人材び資産も潤沢にある状態からのスタートである
  • 子会社立ち上げは過去に何度もあり、子会社も力を持っている
  • 自社で広告を打つことが出来る為、社会に浸透させるスピードが速い

これらの観点から、私はサイバーエージェントの仮想通貨取引所が来年には覇権を握っていると考えます。

懸念材料があるとすれば、ユーザビリティとカスタマーサポートでしょう。

コインチェック以上に優れたスマホアプリを開発しないとならないという点がやはり重要なポイントかと。

 

余談ですが私は以前、ガールフレンド(仮)というアプリで遊んでいました。

三年前の正月に滅茶苦茶CMが入って有名になりましたが、このゲームに450万円くらい課金していたんです。

オタクじゃん・・・と引く人もいるかもしれませんが、普通の学生や社会人も案外やってましたね。

このゲームのカスタマーサポートははっきり言って最悪でした。

とにかく不具合が多い・運営からの返事も遅かったので、ゲームと取引所は違えどカスタマーサポートはかなりネックになる可能性が高いです。

仮想通貨に詳しい人材をどれだけ集められるかという点も重要なポイントになるはず。

ユーザビリティとカスタマーサポートの二点さえ解消すれば、恐らく国内で最大の取引所が出来上がります。

あとはSBIの取引所がどの規模で広告してくるかが大きな壁になりえるかと考えています。

 

いずれにせよ来年が楽しみな案件ですので、また進歩があれば記事にします。

お読みいただきありがとうございました。

 

取引所はこの3つを必ず登録しておこう

初心者の方にはコインチェックを1番お勧めします。
私もここから投資を始めました。
最大5000円のビットコインが貰えるキャンペーンを開催中です。
ビットコインを買うならビットフライヤーさんも登録が簡単で便利です。

ビットコインFXがレバレッジ最大15倍で効率よく稼げます。

日本人に人気のモナコインとXEMを買うならZaifが手数料激安でおススメです。
コインを積み立てる事も出来るので、手間いらずでコインが毎月買えますよ。

ビットコインの購入手数料がマイナスのZaifで始めよう



 仮想通貨の積立投資が出来るのはZaifだけ

アルトコインの取り扱いが豊富なbitflyerも初心者におすすめ



世界NO,1のビットコインFX取引量を誇る国内取引所ビットフライヤー