▼口座開設数急上昇中!リップルの取引も出来る▼

仮想通貨のおすすめの保管方法とは?取引所ウォレットはコインチェックのようになるリスクがある

国内取引所で最も有名なコインチェック(Coincheck)がハッキングを受け、NEM(XEM)が約580億円分盗まれましたね。

この事件により仮想通貨に物凄く注目が集まっており、連日ニュースや新聞で取り上げられています。

コインチェックはこの事件により、仮想通貨の入出金及び取引を停止しました。

今回はこの事件を元に、私が普段から行っている仮想通貨の保管方法について紹介しますね。

コインチェック事件とは何か?

ハッキングによるNEM(ネム)の不正送金

2018年1月26日の深夜にコインチェックがハッキングを受け、保有しているNEM(ネム)が不正に外部へ送金された事件です。

この事件によって、全ての仮想通貨の取引や出金が停止し、コインチェックに資産を置いていた人達の資産が動かせなくなる事となりました。

事件の時系列はこちら

1月26日 00:02頃 :事象の発生 (※1/31 21:15頃追記)
1月26日 11:25頃 :当社にて異常を検知
1月26日 12:07頃 :NEMの入金一時停止について告知
1月26日 12:38頃 :NEMの売買一時停止について告知
1月26日 12:52頃 :NEMの出金一時停止について告知
1月26日 16:33頃 :JPYを含め、全ての取扱通貨の出金一時停止について告知
1月26日 17:23頃 :BTC以外(オルトコイン)の売買の一時停止について告知
1月26日 18:50頃 :クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金一時停止について告知

コインチェック(Coinchekck)公式サイトより引用

金融庁から業務改善命令

業務改善命令の内容

  1. 本事案の事実関係及び原因の究明
  2. 顧客への適切な対応
  3. システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化
  4. 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等
  5. 上記1から4までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。

NEM(ネム)保有者への補償方針の提示

約26万人の被害者に対し、88.549円×保有数を日本円で補償すると発表がありました。

返金先はコインチェックウォレットとの事ですから、出金が再開しない限りは何も出来ない状態ですね。

また、補償の日程もまだ明確ではないので、コインチェックに資産を置いていた方々は不安な日々だと思います。

取引所に資産を置くリスクを知っておこう

皆さんが普段から利用している国内取引所は、ほとんどこの6つだと思います。

私はビットバンクをメインに取引をし、Zaifで積立投資をしています。

コインチェックは海外取引所で増やしたビットコインを現金に換えて出金する際にのみ利用していました。

Twitterで行われていたアンケートを見ましたが、この取引所に資産を置いている方が50%ほどになっています。

これは本当に危険な状態で、資産を置きっぱなしという事は取引所が今回の様にハッキングを受ければ資産を失う事になるわけですね。

仮想通貨は自分のウォレットに送金して初めてブロックチェーン上に乗るわけですから、それまでは自分の資産で無いとすら言えるでしょう。

仮想通貨はまだ黎明期で、銀行のように安心して資産を預けられる環境が無く、取引所もまだまだ安全とは程遠いと私は考えています。

ビットバンクはホットウォレットには自己資産のみ保管

平素はビットバンクをご利用いただきありがとうございます。

現在、ホットウォレット内の資産比率について、顧客資産がどの程度含まれているのかというお問合わせを多く頂いております。

弊社のホットウォレットには顧客資産は含まれず、自己資産のみの運用となっております。本件に関しても、金融庁への報告を既に行っております。

当社は、お客様に安心してご利用いただくため、引き続き内部監視を含むセキュリティ強化に務めて参ります。

今後ともビットバンクをよろしくお願い致します。

ビットバンク公式サイトより引用

ビットバンクはセキュリティ対策にはかなり力を入れていますので、私は多少なりとも資産を置いた状態にしています。

以前からおすすめしている通り、リップルなども手数料がかからず取引出来ますから、一度見てみる事をおすすめしますよ。

おすすめはハードウェアウォレットに保管する事

ハードウェアウォレットの画像

安全に仮想通貨を保管するには、取引所から切り離した自分専用の財布(ハードウェアウォレット)がおすすめです。

私はポートフォリオの中でもリップル(XRP)とビットコイン(BTC)の保有量が非常に高い為、レジャーナノSというハードウェアウォレットを利用しています。

昨年の6月に購入してから使っていますが、当時初心者の私でも問題なく使えましたし、リップル(XRP)を保管出来るハードウェアウォレットはレジャーナノSのみです。

以前は1本1万円程度で買えましたが、今は15000円を超えてきており高価な物になってきました。

しかし、資産を安全に保管出来ることを考えれば必須なアイテムですから、買っておいて損はありませんよ。

また、私は紛失したり火事が起きて焼けてしまった場合まで考え、2つ購入して片方を別の場所で保管しています。

仮想通貨のおすすめの保管方法:まとめ

コインチェックの事件は私も大変ショックでした。

仮想通貨への注目度が上昇して、相場も良い状態になっていた時に起きてしまいましたからね。

しかし、市場全体で見るとそこまで大きな影響は出ていませんから、まだ今年の市場の成長の可能性はあります。

この事件で仮想通貨を知って今から始めるという方も多いと思いますので、これからますます楽しみです。

皆さんも今後の長く仮想通貨に携わるのであれば、しっかり自分で資産を守るようにしましょう。

おすすめの国内取引所はこちら

国内取引所の公式サイトはこちら