Ripple (XRP) の背後には金融エリートの存在を感じる説

仮想通貨リップル(XRP)が価格高騰し、日本でも非常に人気ですが、この通貨には陰謀論的な面もささやかれています。

今回はそんな陰謀論、リップルの背後には金融エリートが潜んでいるのでは・・・という説について書いていきますね。

この記事はRipple社の提供するサービスの解説ではありません。完全に私の妄想ですのでご注意下さい。

個人的にもリップルは大量に保有しており、将来性を感じて投資している上での陰謀論的解釈なので、パロディ的な感覚で読んでもらえれば嬉しいです。

金融エリートの存在を切り口に、XRPの背後について覗いていきます。

世界の銀行を支配する金融エリートの存在

ドルを発行する機関について、みなさんは知っていますか?

アメリカには連邦準備銀行という機関があり、ここが全ての実権を握っていますが、この連邦準備制度は実は政府の機関ではなく、民間の機関なのです。

つまり、この連邦準備制度を支配しているグループが存在しており、金融エリートと呼ばれる集団です。

いつでもドルを発行してインフレを起こしたり、金利を下げて市場を活発にさせたりと、彼らの思うがままにアメリカ経済は回っているのです・・・

このグループの中でも強大な存在が、ロスチャイルド家です。

陰謀論の中心のロスチャイルド家とは

ロスチャイルド家は数百年に及ぶ歴史ある名家ですが、マイアー・ロートシルト(1744-1812年)という人物が現在のロスチャイルド家の始祖になります。

連邦準備銀行の大株主であり、ヨーロッパの中央銀行もロスチャイルド系が創始者と言われています。

ヨーロッパとアメリカの中央銀行はロスチャイルドが支配しており、国々が借金すればするほどロスチャイルドが儲かるという仕組みを構築した事で、莫大な富を得る力を手にしました。

ロスチャイルド家は世界の金融を支配するだけではなく、人類そのものを支配しようと、こんな計画も秘密会議で立案しています。

ロスチャイルドの世界革命行動計画

完全に闇の帝王ですね・・・

某魔法使いの小説の「名前を言ってはいけないあの人」と大差ない状態です。

しかし、この世界の金融の支配者に天敵が登場しました。

それが仮想通貨であり、ビットコインが代表になります。

ビットコインは支配者にとって邪魔な存在

ビットコインは非中央集権を保っており、管理者もいませんし、マイニングでしか枚数を増やせないという特殊な存在です。

また、独立して価値を持っているので、ドルを無限に発行出来る彼らからすると邪魔者でしかありません。

ビットコインの価値が上昇するというのは、ドルの価値が下がっているのと同様です。仮想通貨内でビットコインが基軸通貨である事は金融エリートからすると邪魔と考えられます。

そこで目を付けたのがRippleのXRPです。

XRPを基軸通貨にする為の動き

Rippleは元々法人向けの国際金融取引のコスト削減や、送金速度の向上のために事業を起こしていますし、Ripple社のXRPは中央集権です。

発行元が明確に存在しており、通貨も大量に保有した状態です。管理自体は分散型台帳ですので非中央政権的と考えられますが、ビットコインと違い明確に管理者が存在します。

現在は銀行による採用実験も日本を含め60社ほどで行われており、実際に採用した銀行も出てきました。

2018年1月現在、リップル社は多くの銀行とも提携し、ビルゲイツ財団との提携及び大手企業にも取り入っております。

この勢いがあれば、2018年中にビットコインを抜き時価総額1位となってもおかしくありませんね。

XRPを購入するにはビットバンクという取引所がおすすめですから、合わせて読んで見て下さい。

銀行に向けた 事業・中央集権制・管理者が存在

金融エリートにとって支配するには格好の的に感じますね・・・

ビットコインは送金が遅く手数料も高いのでインフラに採用されることは無いと思いますが、XRPは送金も早く手数料も安いです。

このまま銀行にXRPが溶け込んでいくと、基軸通貨のポジションをXRPが確保することも想像に難くありません。

マウントゴックス設立者はRipple社の元会長

衝撃的な事実です。Ripple社の元会長のジェドマッカレブ氏が取引所を設立し、それを買収させていたのです。

元々はトレーディングカードを売買するオンライン交換所として開設されたのですが、2010年にビットコイン取引所に転換し、2011年に売却しています・・・

もはやこんなアカウントまで存在しています。

感じている人は感じるRipple社の背後の存在・・・妄想ではすまないかもしれません。

リップルにまつわる陰謀論:まとめ

いかがでしたでしょうか?

世界の金融を支配する存在はいると感じられませんか・・・?私がこの見解に至った動画が有ります。

陰謀論だけではなく、通貨の成り立ちや歴史も学べるので暇があれば是非見てみてください。

Ripple社はインターネットのように世界を変革する可能性があり、いわば第二のインターネットになりえると感じています。

今後の世界の金融事情を根底から覆すパワーを感じられる通貨です。

興味が少しでもわいたら、陰謀論ではなくRippleとXRPについても勉強してみて下さいね!

取引所を開設して仮想通貨投資を始めよう

慣れて来たら海外取引所を使う事もオススメ

私も普段から使っているバイナンスは手数料も安く済みますし、取り扱いしている通貨も豊富ですよ。

XRPも勿論取り扱いしていますから、これを機にアカウントを作成してみて下さいね。

仮想通貨初心者の方はこの記事を読もう

私が経験してきた事を全てまとめた記事が完成しました。

これを全部読めばすぐに中級者の仲間入りですよ。記事数が多いですが、しっかり読んで頂ければ幸いです。

ビットコインを買うならCMで有名なコインチェック



 初心者向けNo.1の取引所コインチェック

ビットコインFX世界NO.1の取引量bitflyer



世界NO,1のビットコインFX取引量を誇る国内取引所ビットフライヤー

sponsored link


1 個のコメント

  • リップルは新世界秩序を宣言してるので間違いなく奴らの通貨ですよ。

    個人的にはリップルに通貨の覇権を取らせるのは反対ですが

    結局そうなっちゃうんでしょうね。